スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

自分以外の子供にも

日曜だというのに夫が出かけてしまったので、昼前から児童館へ。
夏休みに入り、朝から元気な子供たちでいっぱいのここも、さすがに日曜のせいか、7歳の女の子が一人いただけでした。

この女の子は、お母さんはお仕事で、お兄さん二人はサッカークラブと林間学校に行ってしまい、残っているはずのお父さんは何だかワケあり?なのか、たった一人で来ていたのですが、誰もいなかったのでとても寂しそうにしていました。お昼も持参しているし、午後までずっといる、と言っていたので、誰か年の近い子たちが来てくれるのを待っていたみたいです。

うちの子はまだ一緒に遊べる年齢ではありませんが、相手をして欲しそうだったので一緒に塗り絵をしたり、会話をしたりして過ごしていました。

その後、私たちがもう少しで帰らなければならない頃、一組の親子連れが来ました。
40半ば位のお父さんと、小学生の女の子と男の子、幼稚園位の女の子の3人兄弟です。

その家族は、私たちのすぐ脇で、楽しそうにゲームを始めました。子供たちと年齢も近いその女の子は、彼らに近づいて行って、すぐ横に座ってじっとゲームをする姿を見ていました。

私たちも帰る所だし、「その家族と一緒に遊んでもらえたらいいな」と思っていたのですが、ほとんど一緒に輪を作っている位の距離にいるその女の子に、子供達もお父さんも誰も声をかけません。

「きっと、私の子供だと思われているんだ」と思ったので、帰り際にさりげなく『じゃあ、私たち帰るから、一緒にやらせてもらえば?』と声を掛けてみました。

女の子は恥ずかしいのか、『いいのー』と言うように首を振り、そのお父さんは『ハハッ』と一笑いしただけで、また家族だけで遊び始めました。

何だか、すごく悲しい光景でした。

どうして、孤独そうにしている7歳の女の子を気にかけてあげる事が出来ないんでしょう?
子どもたちはともかくとして、お父さんは大人なんだし、親なんだから、児童館ではそれ位の気配りはして欲しいものです。ハッキリ口に出して言ってしまおうかと思った位、苛立ちましたが、子供達もいるし、そうもいきません。

『またお昼食べてから午後に来たら?』という彼女の言葉に、切ないものを感じつつも、息子はお昼ごはんの後に長めのお昼寝をするのでそうもいかない事を話し、後ろ髪をひかれつつ、そしてそのお父さんに憤りを感じつつ、児童館を後にしました。

きっと、日曜に子供の相手をしているだけでもいいお父さんなんでしょうけど。そういう他者をおもいやれない親の元で育つのは、子供にもよくないんじゃないかなぁ。自分の子供たちだけが笑っていればいいなんて。寂しい限りです。

実は一昨日も児童館に来ていて、お母さんが急な用事で、同じく7歳位の女の子を独りで置いていくのを目撃しました。その日は学童保育の子たちで賑やかで、初めてこの児童館に来たという女の子は、最初寂しそうに所在無げにしていたのですが、学童の同じ年位の女の子たちが、自然に話しかけて一緒に遊び始めました。

以前から、両親が働いている学童保育の子たちをよく見ているのですが、彼らは凄くコミュニケーション力が高い事に驚かされています。保育園時代から、大勢の中で揉まれて育ってきているせいなのでしょうか、人間関係を築くのがすごくうまいんです。小学校2年生くらいで、喧嘩の仲裁を上手にして、両者をうまくなだめていた姿も見かけて、感心したものです。

私たちの世代は、兄弟喧嘩や近所の子たちの関係から、人間関係を学んできたものですが、最近はひとりっ子や塾通いも増えて、あまりそういう場がない中で、学童保育の子たちは、逃れようのない濃密な時間を過ごしてきてるんですものね。

共働きの子は、さみしい思いもしているでしょうし、良い面も悪い面もあるとは思いますが、子供達には結構良い鍛錬の場所になっているよな~、と思う今日この頃です。うちの子も、通わすかな?


スポンサーサイト
by tania  at 16:12 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

このクソ暑いのに、なぜ?

連日の真夏日。

もう暑くて暑くて、何かをやる気も、思考能力もなくなるし、(とはいえ、食欲はなくならない私)、毎日ヨレヨレになってます。みんな着替えが増えて、洗濯物も倍増だしー。

それにしても、このクソ暑いのに時々、街でタイツの人とか見かけるのはどういうこと???昨日も80デニール位ある超厚手の黒タイツを履いてる女性に遭遇・・・・ 大人の女性のハイソックスも見るし。

オフィスが寒くて足元を温めてるにしても、通勤やらお昼休みは地獄じゃない?
ファッションって言うほど、気合い入れた服装でもなかったし・・・

意味が分かりません。
見てるだけで暑い。
by tania  at 15:29 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

フェードアウト型断乳に挑戦 2

さて、断乳の変遷です。

初日:  おんぶ1,5時間で寝る。夜中3回起き、授乳。
2日目:  おんぶ1時間で寝る。降ろす時に目覚め、泣きわめく。散々あやすが泣き止まない為、パパにお願いしてドライブ1時間。それでも寝ず、帰宅後またおんぶ。15分ほどでようやく寝る。夜中3回起き、授乳。
3日目: おんぶ45分で寝る。夜中、結局4回授乳してしまう。。
4日目: 抱っこでもオッパイに手を伸ばさない。が、2時間でようやく寝る。1時間で大泣き。抱っこで外に出たりして何とか寝かすが、ベッドに降ろしたら5分で又号泣。仕方なく添え乳で寝かす。。。
5日目: 抱っこで45分で寝る。夜中の授乳は何とか2回に済ませる。
6日目: パパの抱っこで寝る。夜中の授乳2回。
7日目: 夜中の授乳2回。泣いた時にとことん付き合えるなら、多分一気に断乳できそうな雰囲気。でも体が辛くて、あげてしまう。
8日目: 夜中2回。
9日目: パパ抱っこで寝る。夜中一度しか起きず、授乳1回のみ!
10日目: 夜中3回起きるが、授乳は1回。少しずつ眠りが深くなってきている様子。夜中起きても、抱っこしていると比較的スムーズに寝るようになってきた。 (結果的にこの日が最後の授乳)
11日目: 夜中3回起きるが、結局授乳なしで済む。あれれ?予定より早くなってるぞ?
12日目: 夜中起きまくり、暴れまくり、抱っこですぐに眠ってくれるのに、寝苦しいのか腕から逃げ出そうとして目覚める。ベッドに降ろしても目覚める。ママは全然眠れずキツイが、授乳はなし。
13日目: 夜中2回起きるが、断乳は継続中。
14日目: 夜中2回目覚めるが、泣かなかったので、トントンで寝た!
15日目: 夜中愚図るが、既に断乳して5日目。とりあえず、祝杯をあげる。
16日目: 愚図るが、断乳継続。
17日目: 産まれて初めて、朝まで起きずに寝ていた!!!!!快挙!!!

この後は、すっかり眠りが深くなり、多少目覚めても又すぐに寝てしまうようになりました。やっぱりオッパイを止めると起きなくなるというのは本当なのねー。随分、楽になりました。

でも、予定より早く進んだ為に、『あの日が最後のオッパイになっちゃったんだ・・もうKがママのオッパイを吸うのは一生ないんだ・・』という、嬉しいのに少し寂しい気持さえ生じてしまいました。。
でも、牛乳も沢山飲むようになったし、Kもちょっと成長したみたいです。

徐々に減らしていったお陰か、オッパイも張りすぎずに、そのまま萎んでいきました。断乳後は元々よりも小さくなるって聞いてたけど、『こんなに!?』って言う位、ちっちゃくなってしまいました。ちょっと残念。出来れば、断乳するのは暑過ぎず寒すぎない季節が良さそうです。

by tania  at 22:50 |  子育て |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

フェードアウト型断乳に挑戦 1

1歳を過ぎてから、断乳の事が気になりだしました。とはいえ、最近は2歳でも3歳でも子供自身がオッパイを必要としなくなった時期に卒乳すればいい、という考え方も広まってきているので、『まだいいかなぁ。。』とも思ったりして、気持が揺らいでいました。

断乳したい理由としては、
①断乳すると、夜通し寝てくれるようになるらしいから
②ボチボチ第二子も考えたい

の2点なのですが、

なかなか踏み切れなかった理由として、
①断乳後も夜起きまくられたら、おっぱいなしで対応できる自信がない(っていうか面倒)
②母として、もうオッパイを飲んでもらえないのは、ちと寂しい、、、

というのがあります。

特に、①の理由は切実ではあるのですが、気持的には②の方が大きかったかも。。子供は割とすぐに忘れるっていうし、みんなやってるんだから出来ない訳はないと思っていたのですが、何だかKが離れて行っちゃうようで・・・(なんて、今から子離れできない親の典型だわ)

そんなこんなで、『一体いつになったら断乳なんてできる事やら・・』と思っていたのですが、急に周りで断乳をした、という人が増えてきたので、その勢いを借りて私もいよいよ実行することに決めました。

色々なやり方があるみたいですが、私はもう昼間はあげなくなっていたし、旅行後のオッパイ狂いが嘘のように、執着が減っていた時期だったと事もあり、少しずつ自然消滅的に行うフェードアウト型断乳をすることにしました。これは友人がやったという方法で、昼の授乳を止める→夜の授乳を段階的に減らす、というものです。

私が計画したのは、7月の3連休に完全断乳の日を持っていける様に(パパがお風呂とか夜泣き対応とかしてもらえそうだから)、3週間掛けて、夜間授乳を3回→2回→1回と毎週減らしていくプランです。
by tania  at 23:06 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

1歳3か月の近況。

すっかり歩くのも安定してきて、かなり長い距離を歩けるようになりました。先日、夕方の散歩をしている時に、『ほっといたら、一体Kはどこにいくのだろう?』と思い、後をついて行ってみました。そしたらびっくりした事に、家から大人の足で5,6分の所にある実家に到着したのです!!

実は前から、『どうもそっちの方向に行きたがるなー。まさかねー?』と思っていたのですが、案の定でした。Kの足では30分近くかかるし(寄り道するし)、曲がり角は4つ、信号も渡るのですが、しょっちゅうベビーカーで通っている内に、覚えてしまったんですねぇ。。凄いな~。こうなると、1歳少々といっても、侮れませんね。かなりの事が分かっていると見た。

☆新しい言葉

『にゃーにゃ、わんわ。チョウチョ。』ポスターの犬の顔を見て「わんわ」というのにはビックリ。犬って、猫より色々な種類がいるけど、どうして犬だってわかるんだろう??(その後、猫以外はすべてワンワ、という事が発覚・・・)
『アンパンマン!』 アンパンマンの車で遊んでいる内に、大好きに。長い割に言いやすいのかしら?
『くっく』 靴を履いてお出かけが大好き!なだけでなく、靴自体が好きで、持って遊ぶ。汚い。
『ね!』私たちが「K、今日は楽しかったね!」とか言うと『ね!』と真似します。夫の場合は『な!』

☆好きな遊び

○車のおもちゃ 急激にミニカーなど、車関係のオモチャが大好きに。特に黄色のミニカーは寝る時も手放さない入れ込みよう。散歩中も、お風呂時でさえ!常に手に持ってます。
○物の出し入れ。引出しに入ってる服や靴下、を際限なく出して渡してくれます。あと、子供用のクレヨン‘ベビーコロール’を、オーボールに入れるのがブーム。
○階段登り
○鼻の穴に指を突っ込む 私が「ダメダメダメ!」「みっともない、みっともない!」というと、大笑いして何度でもやります。私の反応が面白いらしく、ちょっと鼻の穴からずらした所に指を置いては、反応を見たりもしてます。果ては両方の鼻の穴に突っ込んだりして。。外でやられたら恥ずかしいなー。

☆またまたママっ子時期

ここ1,2か月ほど、ママべったり時期となっています。トイレも独りで入れません・・・

☆お気に入りの食べ物
納豆。1パックぺろり。牛乳。

益々まねっこが上手になってきて、‘ごちそうさま’の時は、ちゃんと手を合わせるし、ピタゴラスイッチの『アルゴリズム体操』の‘頭を下げれば大丈夫~’では、頭を下げています。

現在、2-3週間掛けての緩やかな断乳を遂行中。やっと1週目が終わった所ですが、心なしか夜の眠りが深くなってきたような?昨夜は3回しか目覚めず、授乳も2回で済みました。オッパイの事を相当忘れているようでもあるし・・ (断乳の話はまた後日)

それにしても。子供がこんなにキャラクター好きだとは知らなかった。出産前は、『家にキャラクターグッズは絶対に置きたくない。ミッフィ-が限界。アンパンマンなんて、考えられない!』と強く思っていたのですが、、 Kが「アンパンマン!アンパンマン!!」と言い続けると、『そんなに好きなら買ってあげようかなぁ。。』とか思い始めてきちゃいました。段々感覚が麻痺してきてるし、そのうちアンパンマンの服とか着せ始めちゃったらどうしよう!? 友人の皆さん、絶対誰か止めてね!!
テーマ: ★★1歳児の日常★★ -  ジャンル: 育児
by tania  at 16:27 |  子育て |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

子連れ海外旅行 帰国後

恐れていた時差。

行きは、現地に到着したのが日本時間の23時頃。向こうはまだ午後3時頃でした。日差しの強い昼間でしたが、機内で寝なかったKはとても疲れていたので、夕方からちょうど朝まで寝ていました。(とはいえ、見慣れぬホテルの部屋をキョロキョロ見渡し、眠い割には中々寝てくれず、夜中も何度も起きて、ハラハラさせてくれました。)

深夜に完全に目を覚まされたらどうしようかと、戦々恐々だったので、結果的にはホッと胸をなでおろしました。(最悪は、朝4時以降なら散歩にでも行かなきゃいけないかと思っていたので)その後も、日中あちこち連れまわされて疲れ果てるので、特に時差に苦しめられることもなく過ごしていました。


問題は帰国後。

帰路は夜間便で、何度も起きる度にオッパイで凌ぎ、ほとんど寝ていてくれたので助かりました。しかし自宅に戻った時には又夕方。「このまま、朝まで寝て時差を解消してくれー」と願って、19時ころから寝かせたものの、やはりそうは上手くいかず、夜中0時ころから完全に起きてしまいました。その日は4時間ほど寝ず、4時から昼前まで又寝ました。。

そんな感じが4,5日続き、寝かしつけてから3,4時間で完全に起きてしまい、しばらく寝ない、という毎夜でした。しかも寝ている時も下手したら50分間隔で目覚める。旅行前は夜泣きは3回位にまで減っていたのに、また逆戻りです。これにはもう親がヘトヘト・・・ 独りで対応していたものの、途中であまりにも辛くて泣きながら夫を起して、一緒に散歩に行ってもらった夜もありました。

夫は夫で旅行のおかげで仕事が溜まってしまい、あまり寝てなかったので、なるべく起したくなかったけど、私ももう限界。真剣に、『旅行なんて行くんじゃなかった!!』と後悔。5日後位でさすがに夜中に長々と起きる事はなくなったものの、狂ったリズムはなかなか戻らず、10日程度でやっと元のリズムに、夜中に起きるのが3回位になるには2週間ほど掛かりました。はぁ・・・・

やっぱり、次はせいぜいグアムだな。
by tania  at 16:04 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。