スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

初めての終日託児

この春から時々ですが、朝から晩までかかる仕事を再開する予定。その為に必要な講習会を昨日受けてきました。10時から18時までの講習会ですが、移動も含めると息子とは9時-19時までお別れです。よく慣れた義母に預けるとはいえ、こんなに長い間離れていたことがなかったので、数日前からドキドキでした。

とにかくネックは食事。ミルクNG、離乳食もあまり食べないKなので、果たして10時間も持たせる事ができるのかどうか、、、 とりあえず必ず食べるお煎餅とお麩、後はチーズ、バナナ、お芋、ベビーフード等を用意して臨みました。大丈夫かなぁ。泣くのかなー?寝てくれるかなー?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結果的には、、、問題なし。泣きもしなかったそうです。




やはりお腹が空いたのか、いつもよりも離乳食をよく食べてくれたようです。特にベビーフードのお粥は、普段なら半分がいい所なのに、何と完食したらしい・・・・ やっぱり、必要なら食べるって事ですよね~。ママがいない方が、成長してくれるみたいで、嬉しいような寂しいような。

という事で、終日の外出も大丈夫だと分り、一安心ではありました。いつの間にか大きくなったんだなぁ、としみじみ思ってしまいます。これから益々成長していくのねー。

実際は、息子より私自身の方が問題だらけでした。
妊娠中も含めて1年強、集中して仕事することがなかったので、後半は頭が働かなくって大変。周りの人に比べて、自分は何て頭が悪くてダメなんだろう、、と悲しくなってしまいました。

なにより一番の問題は、どんどん張ってくる胸。帰る頃には岩のようになってしまい、痛いし不快だし。春までには量を減らすようにしないと、とんでもない事になっちゃうなぁ。


スポンサーサイト
by tania  at 14:08 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

育て方を間違ったのか・・・

今年に入ってからずっと、Kの寝つきに悩まされています。ハイハイやつかまり立ちが始まって運動量が増えてきたので、そろそろ長く寝てくれるかと期待していたですが、悪化の一途をたどってます。

すごく眠たそうで、目を何度もこすっているのに、寝かしつけても中々眠れないし、やっと寝たと思っても、30分位ですぐに目覚めて、その後も1時間毎に起きてしまいます。もういい加減にして欲しい・・・

いろいろ調べてみると、どうも添え乳で寝かせるのがいけなかったらしいのです。ミルクの子に比べて、おっぱいの子は夜中によく起きる、とは聞いていたのですが、添え乳が問題だったなんて、知らなかった。。 

自慢じゃないけど、産んだその日から添え乳で寝かしつけてきた私。今さらそんな事言われても、って感じです。そもそも病院の助産師さんにも「添え乳で寝られるならそれが一番いい」と言われたし、この寒い季節に起き上がって授乳や抱っこなんて、寒くて眠くてやってられないし。

しかし最近は、添え乳を何十分続けても寝てくれない時が出てきたり、夜通し飲みすぎて気持ち悪い様子で起きちゃったり、オムツがぐっしょりになってしまったり、と問題が多々生じてきました。何とか解決策を探したい一心で、ネントレの本(泣かさないバージョン)を読んで‘添え乳悪者論’を知ったのです。

理論としては、浅い眠りを繰り返している乳児が目覚めたときに、眠りにおちた時とは状況が一変してしまっているので、びっくりして泣き出すという物でした。要するに、抱っこやらおっぱいやらで寝付いたはずなのに、目覚めたらママはいないしオッパイもとりあげられている、という訳。大人でも、ベッドで布団をかけて寝たはずなのに、目覚めたら台所の床に裸で寝ころんでたら、びっくりして起きちゃうでしょ?という事らしい。なるほどねー。

何とかうまく寝てくれるように、本を参考に少しづつ色々試しているのですが、どれも上手くいきません。結局なんだかんだで添え乳を繰り返す毎日。。(だって夜中の2時3時なんて、寒くて眠くて、耐えられない) 結果的にはKも私も寝不足で、昼間の行動にも影響が出てしまい、益々悪循環に陥ってしまってます。ああー、もういやー。

思えば、生後2,3か月の頃に、気づいたらKが一人で寝てしまった時が何度かあったんですよね。あの頃に、安易に添え乳に頼らずに、ひとりで寝られるように仕向けていれば、今頃こんな苦労をしなかったのかも知れない。。過保護すぎたのかなぁー?

親が楽をしようとして、添え乳とかおしゃぶりとか使うと、最初のうちはいいけど、後々別の苦労が出てきちゃうんですね、きっと。子育てって、そういう物なのかな?であれば逆に、赤ん坊のうちにこれだけ苦労していれば、大きくなってからは面倒をかけない子になるのかな?なーんていうのは、甘いんでしょうねー。





by tania  at 23:07 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

未来が不安

実は悲観主義者で、心配症な私。
この世界の未来がとっても不安です。

数日前の新聞に、『シベリアの永久凍土が急速に融解している』との記事が載っていました。今日のテレビ朝日の夕方のニュースでも、永久凍土が融けて姿を現した1万年前のマンモスについて放送されていました。(どうでもいいけど、どうして夕方のニュースの中盤って、毎日毎日‘激安ランチ’とかばっかりなの??やっぱりそれが視聴率取れるんだろうけど、もういい加減にして欲しい!)

他にも南極の棚氷の崩壊やら、各地の危機的な干ばつ、砂漠化、一方で集中豪雨や洪水、熱波、等々、地球温暖化の影響と見られる現象があちこちで起こっています。にも関わらず、温暖化に関して未だに疑問を呈する人もいるし、経済成長を重視する国や産業界は、二酸化炭素削減の数値目標設定に及び腰です。京都議定書の目標だって、全然達成できる見通しはないようですし。

でも本当に、そんな事言ってられる段階なんでしょうか?

私は何となく、既に‘Point of no return’は過ぎてしまったんではないかと思ってます。
もう遅すぎるんじゃないかと。

難しいことはよく分りませんが、コップに入った氷がとけるのを止めるのって大変ですよね?再度冷凍庫に入れて暫くしてやって固まるのかな?でも永久凍土やら棚氷を冷凍庫に入れる事はできません。地球自体が冷凍庫並の低温にならない限りは。

それって、ほとんどの人間活動を止めない限り、できる訳ないでしょ?
そうなると、どういう事が起こるんだろう??

このままドンドン氷が溶けて、海面水位が上がり、水没する地域が増える。住む所を失う人が続出し、都市が麻痺し、農業用地が減る。更に異常気象が増えるから、災害以外にも、作物の収穫量が減る。そもそも水が足りなくなる。日本は食料のほとんどを輸入しているから、大変そうだー。

そして気温があがると、これまでなかった伝染病やら呼吸器系の病気が増える。熱中症も頻発。。。 高齢者や乳幼児を抱える身には、深刻な問題ですね。


大体が、今こうしている間にも二酸化炭素の排出量は増え続けているんですよね。しかも、インドでは28万の自動車が売り出されるって言うし。恐ろしい人口数の中国やインドの人々が、先進国並みの生活を始めたら、とんでもない事になってしまいます。

もちろん、今まで苦労してきた途上国の人々の生活向上は止められないし、本当ならこれまで散々好き勝手やってきた先進国の人々が、その代わりに便利で快適な生活を放棄すべきなんでしょうけど(それでも人口数が全然足りないだろうけど)、それも無理ってものですよね。一度手に入れた文明生活を捨てられる訳ないんです。となると、無害でクリーンな代替エネルギーが導入されるか、超画期的な解決策を見つけないと。それは不可能ではないのかも知れないけど、政府も本当にギリギリにならないと行動に起こさないだろうから、間に合うのかなぁ。。どうしようもない気がする。。。

とはいえ、どうしようもないから何もしなくていい、とは思いません。もちろん。
こまめに節電する事も、自動車の使用を減らす事も、レジ袋を断る事も、クールビズもウォームビズも大切だと思います。個々人の意識が重要ですしね。

そうはいうものの、私も子供ができてから、今まで以上に電気製品に頼ったり(電力消費量がすごい増えてる・・)、加工食品を多用したり(ゴミが増える~)、ネットで物を買ったり(過剰梱包と運搬)、と以前に比べて環境に宜しくない事ばかりしてしまってます。その内布おむつにしなきゃ・・と思いつつ、余裕がなくて出来ず仕舞いですし。。

息子の暮らす未来が、困難にならない事を祈るばかりですが、恐竜が絶滅したように、人間という種の存亡自体が問われているのかも知れないなぁ、と思ったりする今日この頃です。




by tania  at 23:33 |  気づき・つぶやき |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ハ・ミ・ガ・キ 上手かな~

歯が生えてから随分経つけど、歯磨きさせなきゃいけないって話を最近聞きました。口の中に物を入れる事への抵抗をなくす為らしいので、濡れたガーゼで拭けばいいらしいそうなのですが・・・ たまたま頂いた2歳~の幼児用歯ブラシがあったので、気持ち程度に磨いてます。本人もシャカシャカ感が楽しいみたい。ただ、歯固めにされちゃって、口から離してくれなくなっちゃうのが玉に瑕。

CIMG3187 1
by tania  at 23:40 |  子育て |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ヨガで基礎代謝UP

約一か月ぶりに子連れヨガに行ってきました。お正月もあったし随分体がなまっていたので、久しぶりに体の節々まで伸ばし、軽い汗をかけたので、本当にスッキリしました~。ちょっとサボると、簡単な前屈だけでも「うっ、痛い・・」となってしまいますね。体は本当に正直です。

でも多少怠けていても、少しやれば柔軟性は大体戻ってきます。手足の筋力も、妊娠・出産・産後のバタバタでも案外衰えなかったし。やっぱりこれまで継続的にやってきた分の貯金はあるものなんですね~。ただ、元々得意じゃなく、1年以上も全くやってなかった、ブリッジとかヘッドスタンドとかは壊滅的にひどいことになってます。これから毎日10秒ずつ位から、練習しようかなぁ。。

ちなみに今は妊娠前より体重は-3.5kg程度。これは、息子への大量授乳の賜物だと思っているのですが、それでも体力も人並み以上にあるし(すんごい量を食べてるけど)、もしかすると以前からヨガで蓄えていた基礎代謝量のおかげなのかな、と思ったりもします。当然ながらバストが史上最大値を記録しているので、スタイルという観点では、ある意味人生で一番のメリハリボディとなっています。産後は忙しくって、中々十分な運動なんてしていられないので、妊娠前にたっぷり運動しておくのって、重要かもしれません。特にパワー系のヨガは柔軟性と筋力アップに両方に効果があるので、おススメです☆お子様を予定されている方は是非どうぞ!

さて、子連れヨガで楽しいのは、子供の成長ぶりが良く分かること。以前はずっと仰向けで寝てるだけで、後半はいっつも泣いてたなぁーとか、前回はまだ動き回れなくて、お座りの姿勢だったけど、1時間近くご機嫌でいられたなぁーとか。一か月ぶりの今回は、ちょこちょこ動き回って、隣の人の鞄を引っ張ったり、あちこち遠征しようとしてしまうので、それを制止するのが大変でした。数ヶ月前に、ハイハイしたり立って歩く他の赤ちゃんを見ては、「うちの子にもこんな時期が来るんだろうか~?」と疑問に思っていた位ですので、隔世の感さえあります。

という事で今後はちょっとヨガに集中しにくそうですが、Kも巻き込んで頑張りたいと思います。
by tania  at 10:25 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新年あけて、9か月!

年が明けて、Kも9か月になりました。今日の9,10か月検診では、体重10.1kg 身長72.5cmとなり、やや体重の増加は緩やかになってきました。おそらく、体をよく動かせるようになった分、消費されているのだと思います。

思えば、おんぶや抱っこ紐で家事をしていた日もいつの間にか終わり、ご機嫌でいられる時間が格段に増えました。眠くても泣かない時も多くなり、本当に成長したなぁと思います。フニャフニャした赤ちゃんの時期も終わりつつあるのが、嬉しいような寂しいような、複雑な気分です。


(出来るようになったこと)

☆ 『ママ、パパ』と言えるように。マンマ、パッパッパ、という感じですが、結構ちゃんと認識していそう。
☆ 高速でのハイハイ。パパの太ももや段差も乗り越えられるように。
☆ つかまり立ち。今日は初めて伝い歩き少々。
☆ バイバイ。寝る前にパパにバイバイしてからベッドに行きます。
☆ パチパチ。いつの間にか義母が教えていたようで、「パチパチしてごらん」と言ったらしたのでビックリ!

(未だに出来ないこと)

★ 寝返り・・・・

全く興味がないのか、出来ると思っていないのか、自力でやる素振りさえ未だなし。いろいろ話を聞くと、体の大きな子は寝返りなしで、いきなりハイハイや立っちに移行する子がいるみたいです。 「この子大丈夫か??」と心配したもんですが、意外に寝返りできないと便利だということが最近わかってきました。

この時期になると、おむつ替えの時にゴロンゴロンされてしまって、ウンチがあちこち付いたり、テープ式だと替えるのに凄く大変らしいのですが、何せ仰向けになったら手も足も出ないので(大泣きしますが)とても楽です。寝る時も、じっと同じ態勢で寝てるし。(赤ちゃんは床ずれしないのね。体が柔らかいから?)何より、ひっくり返ったカエルみたいに身動き取れない姿がとても可愛いし。

それにしても、相変わらずの寝つきの悪さと、夜中に何度も起きるのは変わりません。昨夜などは、いつもよりずっと遅い22時半に寝かしたので、当分起きないだろうと思っていたら、23時半、24時半、1時半、2時と起きられてしまい、その度に添え乳で寝かしていたのですが、段々いつまで吸っても寝なくなってしまいました。結局2時半~4時半まで最初は大泣き、その後は超ハイテンションで遊びまくられて、ホトホト疲れ果てました。。。

お医者さん曰く、「体力が有り余ってて熟睡できないんでしょう」との見解だったので、今夜は眠そうなのに、散々遊ばせて、やっと20:40に寝かせてみました。でも、50分後には泣いてしまい、20分かけて添え乳で寝かしたところです。ああ、今夜もどうなるか恐ろしい・・・・ ネンネトレーニングなるものがあるそうなので、試してみようか考えている所です。


・・・・まさかと思ったけど、
またもや20分で起きた。。。 空耳かと思ったよ。。何なのー。もう勘弁してー!!


 
by tania  at 22:02 |  子育て |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

初めての飛行機

CIMG3128.jpg
今年の新年は、夫の両親と共に沖縄で迎えました。Kにとっては初めての飛行機且つ長旅ということで、行く前からドキドキ!

本当は北部のリゾートホテルにでも泊まりたかったのですが、さすがに空港から余りに遠いのも赤ん坊には負担だろうということで、空港から1時間程度以内の宿を探しました。結構前もって予約をしたつもりなのですが、その時点でホテルはどこもいっぱい。唯一取れた所にするしかありませんでした。。今までは繁忙期に旅行しなかったので、「こんなに高いのに、皆すごいなぁー」と感心してしまいました。だって、お正月じゃなかったらヨーロッパに行けちゃう値段ですもんね。でも結果的には、アジアンリゾート風のこじんまりしていて居心地のいいホテルで、お食事もおいしかったので良かったです。

子連れ旅行のネックは荷物ですねー。大人だけの時は、ちょっと大きなバッグに下着と着替えを最小限入れて身軽に出かけられますが、赤ん坊がいて、しかも都市部じゃない所に年末年始に行くというという事で、『念の為!』という持ち物がいっぱい生じます。おむつ、お着替えいっぱい、ベビー用食糧、おもちゃ、寒かった用の服、万一熱を出した時の為に体温計や冷えピタなどなど。ベビーカーも入れると大変な量で、「国内でこれじゃぁ海外はどうなるの??」と少々及び腰になってしまいました。

続きを読む »

by tania  at 23:05 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

待機電力

年末年始の旅行の前に、家中のコンセントを抜いていて思った事。

日本中の、世界中の、オフィスの待機電力を可能な限り減らしたら、相当の電力とCo2削減になるんじゃないかなぁ?

会社って、誰もいない時間でも、大型複合機やらLAN関連機器やらのスイッチって入ったままなことが多いですよね?PCを落とさないで帰る人もいるはずだし。オフにしちゃまずいのかなぁ??

せめて週末くらいは全部切ってみるという訳にはいかないんでしょうかね?


by tania  at 00:17 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

あけましておめでとうございます

育児に追われ、あっという間に終わった2007年でした。

今年は社会復帰もしたいし、もっと外に出られるように頑張りたいと思います。

皆様にとっても素敵な一年になりますように!

今年もよろしくお願いいたします。

2008年 元旦 
by tania  at 00:00 |  日常生活 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。