スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ながら育児はいけないけど・・

先日、ちょっと目を離した隙に、子供をソファーから転落させてしまう事件がありました。まだ寝返りもうてないし、どうして落ちたのか分からないのですが、あわやの事態に血の気が引きました。

一人だったし夜だったので、とりあえず病院に電話してみて、『青ざめたり、痙攣や吐いたり』という症状が出たら来院した方がいい』との事で様子をみていたのですが、本人はどこ吹く風、といった感じで何事もなかったかのようにご機嫌でした。(いつもよりご機嫌だった位)一方私は泣きながら、ゴメンネゴメンネ、と謝り続けて、夜も心配でしょっちゅう起きては様子を見ていたのですが、とりあえず変化はなく、一安心でした。その後も何もないのですが、これが後々影響して頭が悪くなっちゃったりしたら、私のせいだなぁ。。。

きっとこれは、ながら育児への警告だと思いました。
スリングに入れながら、家事とか色んなことをやってるので(しかもその方がよく寝たりする)、‘油断していると危険だよ!!’と先祖の霊が私を戒めているに違いない、と踏んでます。なので、それからは気を引き締めて、非効率的でも我慢して過ごす様にしました。何か起きた時に、自分を責めたり後悔する要素を少しでも減らしたくて。

あぁ、でも。今日どうしてもアイロンをかけなければいけない服があって、寝た隙にかけ始めたのですが、5,6分で目覚めて泣き出してしまいました。でもこのタイミングを逃すと、この先もう無理かもしれないと思ったので、再度スリングに入れてあやしながら、アイロンを掛け続けました。でも泣き止まない。時間的にもお腹が空いている可能性があったので、そのまま授乳しちゃいました。

アイロン掛けながら、スリングにいれて、おっぱいを飲ませる。ああ~究極のながら育児だー。反省。
(でも又もや15分くらいで爆睡してくれた・・そしてその後寝続ける。いつもはすぐ起きちゃうのに。後からゆっくりアイロン掛けられたじゃない!)

スポンサーサイト
by tania  at 16:21 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

スリング様々

相変わらず抱っこで寝かしつけることができない私にとって、なくてならないのがスリング。プロフィールの写真でうちの子が覆われている黄緑色のがそれです。

ぐずって泣いていても、スリングに入れて外に出て歩いていると、暫くすると大体はグッスリ寝てくれます。第二の子宮と呼ばれる理由がわかりますね~。きっと、ギュっと丸まって揺られているのが、胎内に居た時の環境と似てるんでしょうね。

と言う事で、外出のみならず、家の中でも相当の頻度で使っています。時々ひどい体勢になってて、「大丈夫か!?」と心配になったりもするけど、本人は全然平気みたい。

寝かしつけで一番難しいのは、降ろすタイミング。ぐっすり寝ているから大丈夫だろうと思って、そ~とベッドに降ろしてすぐに目覚められてしまった時のショックは大きいです。そんな事なら意地でも入れたままにしていたのに、、と自分を責めることもしょっちゅう。これが唯一の悩みの種でしょうか。

スリングにも色々な種類があって、ワンサイズの一枚物や、パパでも使えるように調整できるもの、ドレープ付きやらお洒落な柄ものやら。
私が使っているのは、オーストラリアのババスリングという物で、余りメジャーではないけど、端に綿が入ってて子供の頭に優しいし、バックルがしっかりしててパパでも使えるので助かります。

売り切れが多いけど、こちらのサイトで買えます。
cappy
シックな色を選びがちだけど、意外とここにあるような目立つ柄も良いかも知れませんね。

誰か開発してください!

一発で髪を乾かせる機械

by tania  at 20:14 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

出産にかかわるお金と裏事情

妊娠してからの病院の領収書を整理していて、一体いくら掛ったのかと思い、計算をしてみました。(授乳中に座って出来る事は色々とやってる私)多分他にもどっかにまぎれている領収書があると思うので、あくまでもざっくりとですが、

妊婦検診&診療 ¥101,430
出産入院費   ¥580,000
交通費とか、諸々入れて70万位かな?

こういう事って、後にならないと分らない事ばかりですよね。ほかの人の話を聞いたり、実際に経験してみてわかったのですが、本当に病院によってかかる費用は違うようです。私は当初は無痛分娩のできる病院を探したのですが、うまく見つけられなかったし、何より‘家から近いこと’を重視していたので、余り選択肢がありませんでした。近場でもどう選んでいいのかもよく分からなかったので、妊娠の確認~9か月までは歩いて5分の総合病院(夫が産まれた所なので、ここでもいいかと思ってた)、臨月~出産は車で15分の産科の評判がとても良い病院にしました。義姉の出産がそこで、とても良かったとのことで義母に勧められての選択でしたが、本当にすごく良い病院でした。

病院を決めてから費用の話を聞きましたが、中には100万近い病院もあるみたいなので、居心地の良さとケアの割にはリーズナブルで良かったです。というか、出産入院時のケアの手厚さを考えると、安すぎるかも知れない位。(これは私が異常なほどお世話になったからかも知れないけど)

しかしそれにしたって、出産一時金で賄える35万程度の病院もある事を考えれば、決して安くはない金額。私のいた病院は相部屋でもプライバシーは守られたし綺麗で快適だったから十分だったけど、神経質な人やル-ルによっては2人目以降なら個室を選ばざるを得ないわけだから、+7万~15万程度掛かるし。各病院では分娩費用の概略は伝えていると思うけど、それはあくまで基本で、色々とプラスされたりするし、そもそも毎回の検診費については確認しない人が多いのではないでしょうか?

検診費は大体一回につき3000円~10000円と、やはり病院によって幅が有るようで、3D超音波を行っていたりするとやはり高いのかなぁ。検診は最初は月一、最終的には週一になりますし、毎回1万だとかなりの金額になりますよね。更に37週で生まれるか42週になるかでも大違い。早産にならない程度に早く生まれてくれる方が断然経済的ですね。

退院前のお祝い膳を、ママ仲間で頂いていた時に話題が出て、たまたま会計係りの人がいたので疑問をきいてみました。
○入院の日数はどう課金されるのか?
 ⇒ 23:50に入院手続きが完了しても、1日分適応される
○22時~6時の出産にかかる深夜割増料金は、どう適応されるのか?
 ⇒ この間に産まれたら、この病院では+3万になる

うちの子の誕生は朝の6時10分 セーーーーーーーフ!! いい子だ。
でも、6:10に産まれるまでに散々深夜に働いて頂いていたのを考えると、申し訳ない。。その代り、22:10に産まれても追加料金です。あしからず。

出産に限らず、切羽詰ってる時に発生する入院費とかは、深く突き詰めないことが多いけど、色々探るとあるんだろうな。
産まれる時間はどうしようもないけど、入院の時間は何とかできるかも知れません。頭が出かかってる!!! というのでもない限り、日付が変わってから入院した方がお得でしょうね。まあ、初産で何が何だか分からない時は、そんな余裕さえありませんけど。
by tania  at 14:00 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

我が子は

なんでこんなに愛おしいのでしょう?
「更にどんどん可愛くなるよ~」と言われるけど
これ以上、なんて有り得るのかと思っちゃいます。
泣きわめいている時は、ほとほと困り果てるけど、
ご機嫌よく笑っていると、そばを離れられなくなってしまい
生活に支障をきたしちゃいます。

胸が痛むのは、
こんなに可愛い子供に、どうして危害を加える人が減らないのかということ。それも実の子に対してなんて。

妊娠中だって相当大変だったし、
出産は死にそうだったし、
その後の子育ては半端じゃないのに、
どうして1歳や2歳まで育てた我が子を今更傷つけられるのでしょう?

今日も切ないニュースが耳に入ってきました。
地球上の全ての天使たちが、愛情に包まれて幸せに生きられますように・・・
by tania  at 23:59 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

・・・

起きないで!
ママのパスタは
アルデンテ

(折角いい感じに茹で上がった頃に、起きる声が・・ お願い。おいしく食べさせて~)

おっぱいの
張りで計れる
3時間

(結構正確に張ってくるものなのね~)
by tania  at 13:19 |  子育て |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

万能兵器の故障

自宅に戻って最初の一週間は、地獄のようでした。テクニック不足で、抱っこで寝かすことができないし、狂ったように泣いていても、うまくあやすことができなくて・・ それら全ての事は、最終的にはおっぱいで解決させてきました。寝かしつけは添い寝しながら授乳して。泣きやまない時も、口に蓋をしてしまえばOK。絶対どんな時も拒否されることはない最終兵器。何て素晴らしいんでしょう!!

でも、この万能兵器も‘結構壊れやすい’という弱点が。産後1,2週間で乳腺炎になり38度の熱を出して病院に行って以来、それなりに慎重に対応してきたのだけれど、又もや故障が発生。自宅に戻ってからは「ばあばのマジックハンド(何故かすぐに寝かしつけちゃう)」を失った上に、泣き声が余り気にならなかった一軒家からマンションへ移った為、『とにかく泣きやませる!!』為に、兵器を乱用・多用しすぎたからかも知れないなぁ。

今回は、たぶん傷があるせいで、授乳の最初の1,2分が滅茶苦茶痛い。歯をくいしばってしまう位痛い。でも何せ、それ以外に寝かせる方法もないので、往々にして最近は2時間位吸わせっぱなしで添い寝していて、傷口を乾かす時間がないのがネック。羊の油の軟膏を塗ったものの、劇的に効くはずもなく、とにかく丸一日でも刺激を控えようと、搾乳に挑戦してみた。

慣れない手搾りのせいか、最初は全然出ない。50分近くかけてやっと50cc。器具も揃ってないので、無理な体勢も辛くて泣けてきた。しかも、必死に絞ったのに1,2分で飲まれてしまう。食欲旺盛で結構だけど、切ない。。苦労して作った料理を感慨なさげに5分で平らげられてしまう位切ない。。。

何より、授乳中はおとなしくさせていられたので、その間に事務処理やらネットのチェックやらも出来たけど、今回は搾乳する分時間は多く取られるし、そもそもギャーギャー泣かれる最中にそんなことしてる余裕もないしで、気が狂いそうになった。ので、夕方に急きょベビーザらすへ買い物に行き、シリコン製の乳頭保護器とピジョンの搾乳機をゲット。果たしてシリコン越しに飲んでくれるのかは疑問だったけど、繊細じゃないらしい息子は何とかセーフでした。痛みは多少緩和されたかな~?思ったよりは役に立ったかも。

妊娠中は、母乳のほうが楽そうだし栄養もあるから、完母にしようと安易に考えていたけど、こんなに難関が多々待ち受けているとは知らなかった。。しょっちゅう張って痛いし、外での授乳は場所がないし、、
とにかく3か月位までは頑張ってみようかとは思っているけど、先は長いなー。
by tania  at 16:23 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

親って凄い!

昨日は昼間ほとんど寝ず、こちらも精根尽き果てていたので、早めにお風呂に入れてとっとと寝かそうと思っていたのですが、、、 
こちらの思惑通りには全く行かず、いつまで経ってもギャーギャー泣き続ける彼。

近所迷惑なんじゃないかという恐怖感と気分転換の為、近くの公園に連れ出してあやす事に。夫婦で交互に抱いて公園をふらふらするも、いつまで経ってもお目々らんらん。いつもは可愛いパッチリお目々も、夜の公園で光っているとゲンナリ。。

結局2時間程度で何とか寝てくれて帰宅となりましたが、世の中の全てのお母さんとお父さんに尊敬の念を抱く日々です。みんな偉い!凄い!
今度の日曜は母の日。皆さん、感謝の言葉を送りましょうね!

by tania  at 00:03 |  子育て |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ああ・・

可愛い我が子

でも、

なぜそんなに泣く?

なぜ寝ない?

寝たと思っても、ゾンビのようによみがえる・・



by tania  at 15:15 |  子育て |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

数か月ぶりの太陽礼拝

今日、産後の一か月検診があり、普通の運動等が解禁になりました。幸い今日K蔵(頭文字Kの名前をつけました。もう、蔵は付かないけど)は良く眠っていてくれていたので、久々に太陽礼拝を3回ずつだけしてみました。何せ、体系戻しはここ数か月が決め手ですから。

妊娠中は腹筋を使ってはいけないのと、おなかを圧迫する前屈系の動きはご法度だったので、足を閉じての前屈やある種のポーズにすごく苦労するようになってしまいました。伸びに伸びてぶよぶよのお腹のプニュプニュさ加減には嫌気が差しているので、早く腹筋を付けないとなぁ。

それにしても、自由な時間が取れるかどうかはプリンスのお休み度合にかかってるので、中々厳しそうです。日中寝てくれない日は、トイレに行くのさえ難しいし。あと3日で自宅に戻ってからは、家事も加わるし、独りで育児できるのか超心配だし、ヨガどころじゃないかもなぁ。ああ、怖い怖い。でも、ベビー同伴の産後ヨガのクラスを見つけたから、これには何とか通いたいと思ってます。
by tania  at 19:43 |  ヨガ  |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。