スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

両親学級

立会い出産をする為には、両親学級に出席しないといけないので、週末に初めて二人で参加してきました。約15組のカップルが参加していましたが、だんな様方を見ていると、一番若くても28才位で最高齢は50才近いかな?とおぼしきダンディな人物。晩婚・晩産を実感させられました。

自己紹介の後、数人だけですが10kgのおもりの付いた妊婦ベストを体験できるというので、日ごろの私の苦労を知ってもらうべく、立候補してもらいました。お腹と胸におもりを付けた状態で、妊婦が普段苦労している寝返り・落ちた物を拾う、などの行為を試してもらったのですが・・・ 体格が良い夫には、対した負荷にならなかったみたいで『いい筋トレだ』位の感覚だった様子。全くも~。まあ、『体力のない女性だったら大変だね』とは言っていたけど。

その後は赤ちゃん人形を使って、どのように出てくるかの説明があったり、数人でグループになって‘陣痛の時に適した食べ物は?リラックスできる方法は?’などのテーマを話し合ったりしました。お産のビデオとかを観るのかと思っていたけど、それはなく、男性は血に弱いらしいし、本番で心の準備なしに血とか見ても大丈夫だろうかと少々心配。

最後には、陣痛時に効果的なマッサージをペアになって実施し、分娩室などを見学して終了。やっぱり母親が数ヶ月かけてママになる準備をするのと比べて、父親はどうしても実感や知識が少ないから、こういう経験をきっかけに、もっともっと実感を深めてもらえたらいいなと思いました。
スポンサーサイト
by tania  at 17:30 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ちょっとだけ入院生活 2

入院と即断され、診察室からは車椅子で運ばれ、病室へ。お腹の張りを止める為に、すぐに点滴をさせられました。これは24h付けっぱなしという事で、トイレに行くときもガラガラと一緒に行きます。初体験。

基本的にはほとんど動いてはいけないとの指示。点滴の副作用で動悸やほてりもあるので、何となくダルさを感じながらひたすら寝てるだけでした。一応テレビもあったけど、見る気にもなれず。持ってきた本は凄くつまらなくて読み進められないし、最初のうちは退屈だわ狭いベッドで居心地の良い体勢を探すのも大変だわで、一苦労でした。

唯一の楽しみはお食事。病気じゃないから通常食だし、前日にメニューを選択できる等、最近の病院は進んでいるのねぇ、と感心。私自身は子供の頃以来入院した事ないし、母親が入院したのも既に10数年前の事だから、だいぶ進歩してるんでしょうね。まあ、病院にも寄るんでしょうが。

それにしても、入院してみないと分からない事が結構あったので、本番の入院に向けて色々と参考になりました。今回は個室と大部屋と両方を体験できたのですが、この病院の大部屋は比較的ゆったりとスペースが取られていて、プライバシーも保てるし、食事のときはみんなで話をしながら食べられるので、一人で黙々と食べてる時より良かったかも。個室の方がいいかと思っていたけど、情報交換や気分転換できるという意味では、同じ境遇の人たちと同室なのは、ある意味心強いかもなぁ、と思いました。

結局私は、その他の血液検査の結果等もすべて問題なしで、週数的にも余り薬を投与しすぎると逆に陣痛が来なくなる、との事で何と2日目にして退院出来ることになりました。他の人たちは既に10日近く入院していて、かなり辛そうだったので私は本当にラッキーでした。でも、『じゃあ、そもそも入院する必要があったのか??』という疑問も沸いてきましたが、お医者さんの口ぶりでは急に出産者や入院者が増えて、ベッドが足りなくなってきたので、症状の軽い人には出て行ってもらいたいという事情があったようです。ま、いっか。

それにしても、助産師さん看護師さん共に、本当に皆さん感じが良くて、めちゃくちゃ忙しいだろうに笑みを絶やさずに対応してくれて、とても安心できました。これなら大丈夫、と思えたことが今回の超短い入院体験の一番のメリットだったかも知れません。

さて、次の入院はいつになるのでしょうか?
by tania  at 11:49 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ちょっとだけ入院生活

先日、軽い出血のような兆候が見られたのに、近所とはいえ出かけてしまったせいか、いつになくお腹が張ってきてしまいました。病院に念の為電話した所、「更に出血があった場合、もしくはお腹の張りが周期的になった場合は来て下さい」との事。安静にしながら、出産の兆候について本を読んだりして、状況を分析していたのですが、初めての人間にはどれが何に当たるのか、さっぱり分かりませんでした。

それでもずっと横になってからは落ち着いてはいたのですが、タイミングの悪い事にその日から夫が2泊の出張で、「深夜に何か起きたらどうしよう」と、一人きりの夜を心配しながら迎える事に。トイレ以外は極力ベッドから出ず、夕食もパンをかじるのみで過ごしていたら、特に問題なさそうな感じになってきたので、その夜はもう寝てしまう事にしました。

12時位に寝たのですが、いつもなら朝まで熟睡するのに1時半頃目が覚めてしまいました。「何か張ってる様な、軽く痛みがあるような、そうでも無い様な・・」と、元々お腹の張りが良く分からない私は半信半疑のまま、暫くしてまた眠りに落ちました。

次に目を覚ましたのは3時半。今までに余り無かった下腹部痛もうっすらあり、「これって陣痛の始まりじゃないよねぇ・・?」と自問自答。丁度その日の昼に、久々に辛いエスニックを食べに行っていたので、それが原因なのか何なのか分からないまま、「早く朝になれ~」と念じながらまんじりともせず過ごしていました。何でこんな時期に厄介なものを食べちゃったんだろうと激しく後悔。

小一時間で又もや眠りに落ちたらしく、次に目覚めたのは5時半。ちょっとお腹が張っている気がしたけど、朝になった安堵感からか又寝てしまい、1時間後の6時半に又目覚める。「何とか朝まで持ち堪えたから、もう焦る事ないよね」と勝手に思ったのか又もやストンと眠りに落ち、次に目覚めたのは7時半。やっぱり少々お腹が張ってる?

「あれ?これってまさか、周期的なお腹の張り?前駆陣痛??」といきなり我に返ってしまいました。そこからは超ダッシュで服を着替え、タクシーを呼び、万一の為に入院グッズを玄関に出しておき(重すぎて持って行かれないけど、後から人に取りにきてもらう時の為)、とりあえず口に食べ物を押し込んで、タクシーが来ると共に急ぎ病院へ。

丁度8時から受付開始の病院には、既に待っている人が大勢いました。事情を説明して暫く待ち、まずは子宮の収縮をしらべるモニターをつけられる事に。シスター姿の助産師(看護師?)さんには、「こういう時は夜中でも何でも来なきゃ駄目よ!!!」と言われ反省しながら計測を受けていました。でもまあ、34週に入ってるし2200g位までは成長していたから、早産でも何とかなるよね~、と甘く考えていたのも事実。

その後は医師の診察。
内診をした所、子宮口は閉じてるらしいけど、感染症等も調べなきゃならないので「はい、入院ね!」との事。
あらー。やっぱりかー。

by tania  at 15:31 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

神楽坂のおいしいもの 13 -Kagura Naito(さ和鳥)-

昨年後半に、それまで麻布にあった水炊きの‘さ和長’が神楽坂に移転したというので、久しぶりに夜の外食に行ってきました。場所は新潮社のある通りの、ブラッセリーグーの横です。 縦長のビルは狭く、3Fまで階段で上がるのは身重の体にはきつかったけど、パティションで仕切られて明かりも控えめでムードのある感じだったのが、久々で嬉しかったです。(すっかりお洒落な和食やさんでのお食事から遠ざかっている昨今) まずはお通しから。鶏刺し・カニと菜の花のおひたし・しめ鯖と大根
CIMG2648.jpg

この店は、元々海老料理の専門店だったようで、海老メニューも充実していました。ウニトースト・海老のフリッター胡麻ソース、茹で甘エビ CIMG2652.jpg
CIMG2651.jpg
CIMG2653.jpg

そしてメインイベントの水炊き。博多の地鶏をとことん煮込んだ白濁スープはすごい濃厚です。中身に入れるのは地鶏、つくね、キャベツ、豆腐、芽ネギとあっさり目。 CIMG2649.jpg
あ~。でもやっぱり和食はヘルシーで栄養があって良いですね。コラーゲン効果で、お肌がプルプルになる事を期待!
by tania  at 18:39 |  おいしいもの |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

神楽坂のおいしいもの12 -ル・ロワジール-

ここは先日行ったラビチュードの姉妹店(こちらの店がお姉さん)で、坂を昇っていき右手にある上島珈琲店の近くです。ここもかなりこじんまりとしていますが、かなりの人気ビストロです。先日、平日の13時過ぎに通りかかったので寄ってみましたが、やはり満席でした。ドラマの影響もあってでしょう、この所神楽坂に訪れる人が増えているのが目に見えて判ります。

こちらも平日ランチは1050円でプリフィクス。デザートとコーヒーは別。今回は土曜だったので、デザート・コーヒーまでセットで1600円でした。一部メインは追加料金の必要なものがあります。

前菜。北海道産ホタテのキッシュ、ズワイガニとアボカドのマヨネーズ風味。 ちょっと野菜の塩気が強かったかなぁ。妊婦は塩分控えめにしないといけないので。
CIMG2635.jpg CIMG2637.jpg


メインには子羊のロースト、本日の鮮魚のポワレ、牛脂身のバベットステーキを。私はステーキ(+315円)を選んだんですが、結構肉厚で脂ものってて柔らかでした。でも、何かしっくり来なかったのは何故だろう。多少筋があったか・・まあでもこのお値段ですからねぇ。
CIMG2638.jpg CIMG2640.jpg CIMG2641.jpg

あっという間に平らげて、デザートには焼きプリンとルバーブのタルト、生チョコケーキ。このチョコはめちゃめちゃ濃厚で美味でした。
CIMG2644.jpg CIMG2645.jpg CIMG2646.jpg

何となく私としては、妹分のラビチュードの方が美味しかった気がしたんですが、メニューのチョイスの問題かな?多分、最近この辺のビストロ巡りをしているせいで、徐々に感動が減って、要求が高くなっているのかも知れない。何でも「おいしーい。感動~!」と思える位でいる方が幸せかもしれませんね。
by tania  at 14:28 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

そろそろ出産に向けて

いよいよ9ヶ月目の後半に入るため、今回からは出産予定の病院での検診に切り替わりました。

週数:33.6w
体重:+8.4kg(やや減 理由不明)
腹囲:87cm
血圧:113/75
べべ体重:1958g

急激におなかも迫り出してきて、いよいよ出産に向けて期待と不安が高まってきました。入院グッズやベビーグッズもやっと一通り揃えたし、これでいつ何があっても大丈夫!?助産師さんの話では34週以降になれば早産とはいえ、だいぶ適応力が付いてきているから安心度は高いみたい。でも、どこよりも体内が一番安全だから、正期産までの後3週間、何とか頑張って踏みとどまらせておかないと。

それにしても、柳沢大臣の「産む機械」発言がず~と尾を引いていますが、まさに私って今‘保育器 or 孵化機’と化しているよな~、と自虐的に思ったりもして。幸せだけど、一言では表せないほど色々な事があるこの10ヵ月、一部でもいいから男性にも経験させたいものです。


by tania  at 18:56 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

マタニティヨガ 4回目

かなり久しぶりにマタニティヨガに行ってきました。9ヶ月に入り、重たいお腹を抱えながら20分歩くのに躊躇したりしていた為、かなり久しぶりでした。

自宅でも、ずっとストレッチさえしない日々が続いていて、先日来やっと少しはお風呂の後に、たまにベッドの上で15分位のヨガ?をする位でした。でもやっぱり、体ってすぐ硬くなるしなまっちゃう物ですね。
今日のヨガでは、合掌した手を上に持っていく程度の動きでも、何だか腕が疲れているのを感じました。どうやら急激に私の筋力は失われているみたいです。これまでコツコツ貯めてきた筈なのに、もったいない。

それでも腕の筋肉はこの先、子供を抱き続ける事で復活すると思われますが、問題は腹筋とか足とかお尻だなぁ・・ 特にお尻はハッキリとセルライトが増殖しているのが分かるし。。産後元に戻すのに、どれ位掛かる事やら。。

でも久々のヨガは気持ちよかったです。やっぱり広い会場でみんなでやるのが一番続けられる方法だし、妊娠中はリラクシン?とかいうのが出てて体が柔らかくなるので(出産に備えるため)、お腹は邪魔だけど柔軟性という意味ではやりやすくなるそうです。これまでヨガをした事ない方も、妊娠をきっかけに是非体験してみてくださいね~。

そして、助産師さんに再度見てもらったら、べべ蔵は骨盤に頭を下にして、しっかり納まっているそうです。多分もう抜けないでしょうとの事。良かった良かった。
by tania  at 19:54 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

神楽坂のおいしいもの 11 -サンマルタン-

サンマルタン(Saint Martin)が神楽坂ではメジャーなフレンチ サンファソンの姉妹店だと知ったのは最近です。こじんまりとしていて、軽くワインを飲みながら食事を楽しんだり、カフェを楽しむ気軽なお店みたいですね。

ランチメニューは1050円でコーヒー・デザートは別料金。サラダが付いて、メインは3.4種類の中から選びます。本当は定番の若鶏のロティ フレンチフライ添えを食べようと行ったのですが、気分が変わって目鯛のポワレにしてしまいました。
20070205223617.jpg

20070205223631.jpg

まあ、味付けはしっかりしていて普通においしいですけど、オーバカナルとかと同じように、カフェのランチという感じかな。それ以上でも以下でもないと思いました。お店に入ったのが13時過ぎ位だったからか、途中でマダムがガチャガチャ食器を洗い始めました。結構すごい音を立てながら。あれじゃあ、食器が欠けても仕方ない。私のも、隣の席の人のも、ちゃんと欠けてました。
by tania  at 22:48 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

9ヶ月目に入りました

今週からいよいよ9ヶ月目に突入。あと2ヶ月弱でべべ蔵に対面できるはず。でもこの動くのさえ辛い2ヶ月が長そうだ・・・

今日は近所の病院での最後の検診。
週数:32.2w
体重:+8.7kg!!
腹囲:87cm
血圧:115/67
尿蛋白:-+

2週間前の体重から1.3kg増加です。ありえない~。
その前は3回連続で全く体重が変わってなかったし、何かが間違っているとしか思えません。まあ、体重が増えなかったから、いい気になってデザートとか食べてたってのもあるけど、トータルではそんなに食べてなかったはず!もう面倒だから何でもいいや。気にしないことにしよう。

しかし、今回もこちらの病院では超音波を取らずにおしまい。尿検査やら血圧だけ計る事に意味があるのでしょうか??べべ蔵の体重や逆子になってないかさえ判らないし、やっぱりこの病院はよろしくないかも。。待たないのは便利だけど、やはり不安。

それにしても、3月末というのは微妙な出産時期です。学校の年度が変わるかどうかギリギリのタイミング。「男の子は成長が遅いから、踏ん張って4月まで持ち越したほうがいいよ」という人がいる一方で、「早く幼稚園や学校に出せるから、3月中の方がいいよ!」という人も多い。確かにどちらも納得。特に夫は物凄く成長の遅い赤ちゃんだったらしいから(大器晩成型?)、早生まれだと苦労するかもなぁ。。ただでさえ、早生まれのハンデについて色々と議論されてるし。

とはいえ、私が選べるものでもないので、本人の自主性に任せるしかないですね。特にお受験をさせる気もないし、どっちでもいいか。
by tania  at 21:15 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

神楽坂のおいしいもの 10 -ラ・ビチュード-

おいしい物に詳しい友人に連れられて行ったお店です。神楽坂/牛込神楽坂/牛込柳町と、どこからも微妙に遠いのですが、その為かコストパフォーマンスは最高のお店でした。

大久保通り沿いのマンションの1Fにある小奇麗なお店です。安くて美味しい気軽なフレンチという点ではブラッセリーグーと似ていますが、内装や雰囲気はこちらの方がやや上でしょう。ランチは1050円、ディナーは2650円からプリフィクスで選べ、その内容もボリュームも申し分ない上に、もちろん美味しい!
CIMG2625.jpg

今回は元同僚と3人で行ったのですが、メニュー選びに15分近く掛かってしまいました。久々の会合だったので、積もる話を交えながらというのもあったのですが、どれも魅力的で選ぶのに一苦労。まだ早い時間で私たちしかいなかったから良かったものの、サービスの人にとっては迷惑ですよね~。

前菜は迷いに迷って、(左から)フォアグラのテリーヌ ポルト酒風味、大山鶏のレバームース、真鱈の白子のタルトをチョイス。
ビーツのピンクも眩しいフォアグラは濃厚でボリュームたっぷり。レバームースは臭みも少なく滑らかな食感で、ワイン好きには堪らない事でしょう。私も凄く選びたい品だったのですが、珍しい白子のタルトに挑戦。要はキッシュでしたけど、熱々ふわふわの白子がサクサク生地に合ってて、美味しかったです。付け合せのサラダもきっちり塩気が効いて、しっかりした味でした。
CIMG2628.jpgCIMG2627.jpgCIMG2626.jpg

メインは、牛すね肉の黒ビール煮込み、仔牛のクリーム煮、仔羊のロティ バルサミコソース
CIMG2630.jpgCIMG2631.jpgCIMG2632.jpg

すね肉は、ナイフを入れるとホロホロと崩れる程柔らかく煮込まれており、友人は食べ切れなかったほどボリュームも凄くありました。私は多少なりともヘルシーな物を?と子羊を選びましたが、骨にしっかりと脂身が付いていたので、余りヘルシーとは言えませんでしたね。でも酸味も程よく利いていて、良い選択でした。

デザートも種類が多くて悩み抜いたのですが、イチゴのタルト・コーヒ風味のクレームカタラン、ガトーショコラ(なぜか自分の分は写真撮り忘れた・・)はどれも甘すぎず美味しかったです。
CIMG2633.jpg

CIMG2634.jpg

しかしこの辺には本当にこういう安くて良いお店が多いことを改めて実感。これまで良く行っていた青山・麻布・銀座エリアだと価格設定がもっと高くて気軽さがなかった上に、そんなにフレンチ好きでもなかったので、余りあちこち行く気になりませんでしたが、こういう店なら通い詰めたくなりますね。べべ蔵が体内にいる内に行っておかないとなぁ。
by tania  at 14:47 |  おいしいもの |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。