スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

2006年を終えて

ブログ上には書けなかった事も多かったけど、本当に今年は、色々な変化のあった一年でした。去年の今頃には、とても想像出来なかった位の目まぐるしさで過ぎていきましたが、総じて精神的にはとても穏やかに過ごせた事を感謝する事しきりです。

ヨガは、体の変化もあり、以前の様には出来なくなりましたが、『体の声を聞く』という事については、妊娠してから今まで以上に強く実感をする機会が増えました。毎日、毎週、毎月で体調が全く違い、自分の体に聞かないと簡単なストレッチ一つ出来ない状態だったからです。

でも、大事をとって暫く体を動かさないでいると、夜に足がつったりして、妊娠による体調変化があるとはいえ、適度な運動の大切さを痛感しました。ここ数年の体調の良さは定期的にヨガを続けていたお陰だったのだな、と改めて思ったりして。

プライベートでは、特に家族のつながりを強く感じた年でしたが、それ以外にも友人たちの温かさを再認識することができました。
古くからの友人、最近知り合った人たち、みんなのお陰で良い一年にする事が出来たことを心から感謝します。

2006年大晦日

スポンサーサイト
by tania  at 23:41 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

日本の年末

体調も落ち着いてきたので、近所の商店街等に出かけるようになったのですが、もうすっかり年末の雰囲気ですね。あちこちでしめ縄や門松の用意がされていて、『日本のお正月』を感じさせます。

しかし毎年思う事ですが、日本の年末は大変ですよね。25日まではクリスマスムード満載の飾りつけだったのを、一気にお正月仕様に変えないといけないわけですから。勿体ないし、お店の人たちは大変な手間だろうし。。欧米では年明けまでそのままクリスマスの物を残していたりしますよね?アジアのほかの国はどうなんでしょう?香港とかでは旧正月を祝う為に時期が違うから、特に一気に飾り付けを変えてなかった気もしたけど。。

まあ何はともあれ、一年の締めくくりにはその年の色々な出来事が思い出されてきます。来年早々には引越し予定なので、大掃除にも余り力が入らず、ぐうたらモードでこの一年を振り返る年末の日々でした。
by tania  at 19:41 |  気づき・つぶやき |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

年末の築地市場

自宅安静になる前に、築地に年末の買出しに行きました。
築地に行くのはいつもこの時期しかないので、常に物凄く混んでいる印象しかありません。今回はお腹を圧迫されないように、気をつけながら場外での買い物からスタート。

お正月用とは言っても、おせち料理の類は実家に行って食べさせてもらえば十分なので、そんなに買うものはないのですが、カニやエビなどの新鮮な魚介類、解体しながら売ってるマグロ、焼きたての卵焼き、などなど見てると欲しくなってしまう物ばかりです。

一通り買い物を終えた後は、場内に行ってランチ。
昼前とはいえ、ガイドブック常連の人気店にはすでに行列ができてます。CIMG2598.jpg

やっぱり大和寿司は不動の人気No.1 なのかしら?2年ほど前に外国から来た友人を連れて1.5時間近く並んで食べたけど、正直そこまで他の店との違いって感じなかったけどなぁ。。まあ、市場で働くおじさん達以外は観光客ばかりなので、とりあえずガイドブックにある人気店に客足が集中しちゃうのも納得ですけどね。

私たちは並びたくなかったので、並びの手近なすし屋へ。
CIMG2602.jpg

おいしいけど、決して安いわけではないのよね。値段だけでいえば、市場から離れたすし好とかの方が全然いいかも。

毎回寿司を選んでしまうので、中々食べることが出来ないんだけど、一度は八千代とかの巨大なエビフライとかチャーシューエッグとかも試してみたいなぁ。2週間くらい築地近辺に勤めて、ランチタイムに色んな店を制覇するのが前からの私の夢です。
CIMG2597.jpg

でもやっぱり場内は、男の戦場という感じで活気があっていいですね。因みに、築地で本気で買い物をしたいなら、荷物が重くて持ちきれなくなっちゃうから、カートで来る事をお勧めします!
by tania  at 12:57 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

クリスマスだというのに・・

土曜の夜に、ホントに少量なのですが出血が見られたので、念の為病院へ。この時期に出血する事は基本的にないらしく、『場合によってはそのまま入院になるかも知れません』と少々脅かされていたのでビクビクものでした。

出血をする原因は子宮か胎盤のどちらかだとの話で、内診・超音波・お腹の張りを調べたのですが、胎盤は異常なし。子宮からの出血が認められたものの、子宮口は閉じていて赤ちゃんは元気という事で、とりあえず一安心。でも、出血した時点で「切迫早産」扱いになってしまうみたい。それだけ聞くと凄い重症みたいだけど、特に痛みもなし。

お腹の張りを調べるのに、計測する機械をつけて40分程度横になっていました。赤ちゃんの心拍数が刻々と機械に表れているのですが、これが余り安定していなくって。する事もないのでずっと見ていたのですが、どんどん上がって160近くなったり、一転どんどん下がって行くと「止まっちゃったらどうしよう?」と心配になったりで、結構心臓に悪い感じでした。しかも、突然数値が0になる事が数回あったので、その度にドキっ!!こっちの心拍数が急上昇です。後で看護師さんに聞くと、赤ちゃんの体が小さいので、機械に反映されない瞬間があるのだという事で、ホッと一安心。

とりあえず、数日の自宅安静で様子を見て、その間再度出血したら又来て下さい、との診断で帰宅できました。昨日今日と特に出血も見られないから大丈夫そうです。折角のクリスマスだと言うのに、外食もイルミネーションも見られずに残念でしたが、ベベ蔵(ベベちゃんと呼んでいたけど、男の子と発覚以降はこの呼び名が定着)の為だから仕方ないですね。

しかし、体重管理の為に一杯歩き過ぎたのかなぁ?お陰で余計太りそうだ。ヨガはいつからやっていいんだろう??
by tania  at 17:46 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

体重激増!!

まずい。。
一ヶ月前の検診から、体重が2.7kgも増えてしまった。。

一昔前は『二人分食べなきゃね!』とたくさん食べることを奨励されていたのだと思いますが、最近は体重をかなり厳密にチェックする病院も多いようです。前々回の検診時にも一気に体重が増えてしまったので、間食を控えて、必死に食事をコントロールした結果、前回の検診では看護師さんに褒められる位まで挽回したのに・・・ どうやらそこから『もう大丈夫!』といい気になってしまったみたい・・

しかし、時は師走。
忘年会やらクリスマスパーティやら、その先にはお正月という大関門が待ち構えているこの時期に、ご馳走や甘いものを食べないで我慢するなんていう事が私にできるでしょうか?いや、無理。まじで無理。

何度か夕飯の時間を早めて、量も少し減らしてみたりもしたけど、23時頃に耐えられない位お腹が空いちゃって、結局軽く口にしちゃったし。
せめてもの妥協策として、人に会わない日の間食はフルーツと(これすら本当は1日みかん1個とかしか許容範囲じゃないらしいけど)おしゃぶり昆布とか、小魚とか、ナッツ少々とかで我慢するというルールを課してみたけど、どうしても我慢できなくてお菓子を食べちゃった事も1回や2回じゃないし。。駄目な人間。。

食生活を変えられないなら、運動量を増やさないとなぁ。。
1日の歩く量を増やしてみたけど、こんなんで間に合うかなぁ・・?
と思いつつ、一句詠んでみました。


自らの
意志の弱さを
嘆きつつ

嫌悪しながら
つまむクッキー



・・・お粗末

by tania  at 22:02 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

下ネタ

妊娠中になりやすい症状は数々ありますが、現在悩まされているのは

・頻尿&膀胱炎
・便秘

の下系の症状です。

【頻尿の理由】
妊娠すると体液が増加し腎臓機能が高まる。
腎臓の働きが活発になると尿管を通って尿が排出されやすくなる。

一回り大きくなった子宮が膀胱を圧迫し、尿がたまらないうちに尿意を感じる。更に子宮は膀胱の裏側にある為、妊娠初期に子宮が大きくなり始めるとまず膀胱が圧迫される。

⇒ トイレが近くなる

そして、頻尿を避けるために水分摂取量を減らしたり、面倒でトイレに行く回数を減らしたりすると

⇒ 膀胱炎になる

という訳かどうかは知りませんが、まんまとハマッてしまいました。ひどい時には15分おきにトイレに行く始末。元々超頻尿で困っていた上に、追い討ちをかけられてる感じです。トイレに行くために生活している訳じゃないのに!!面倒だよ~。

【便秘の理由】
妊娠中~後期になると、子宮がだんだん大きくなって骨盤の中に入りこみ、腸を圧迫し始める。また、妊娠したことによって黄体ホルモンの分泌がさかんになり、腸の動きが鈍る場合があり、これらの原因によって、妊婦はふだんより便秘しやすい状態になりがち。

⇒ トイレが辛い

 ⇒ 痔になる人が多い

妊娠前まではほとんど便秘になった事がなかったので、その辛さを今更ながら知りました。余りひどい時にはお医者さんに薬をもらうようですが、今の所みかんをいっぱい食べたりして乗り切り中。

臨月頃になると、尿漏れとかの更なる障壁が待ち構えているとか。ちょっと走るだけでも尿漏れしちゃうなんて・・・・・
妊娠中って、まさに下ネタオンパレードの毎日なんですね。
子供を産むと恐れも恥も忘れるというのも、こういう様々な事を乗り越えていくからなのね。納得。
by tania  at 13:10 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

名前について考える

年賀状を書く時期になってきましたね。
名刺整理をしながら、宛名リストを作っているのですが、世の中いろんな名前がありますよね。困るのは、読み方が分らなかったり、変換に時間のかかる名前です。

一見単純な『祐希江(ゆきえ)』とかでも、‘祐’を出して、‘希望’と打って一字消して、‘江戸’と打って一字消して・・・というペースですから、すごく時間がかかります。もちらん人様の大事な名前ですし、親御さんは苦労して考えて名付けたのでしょうから、他人がどーこー言うことじゃないんですけど、入力の仕事をする時なんか、全然進まなくて疲れ果ててしまいます。

丁度、子供の名前を考えているタイミングでもあるのですが、最近の子供たちの名前はどんどん進化していて、当て字も多く、一筋縄では読めない字が多いですよね。彼らが社会に出るころの名刺整理は大変そうだなぁ。。というか、今の学校の先生たちは大変ですね。

by tania  at 23:34 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

クリパルヨガ マタニティクラス体験

以前から行ってみたかったクリパルヨガに、マタニティクラスがあったので、大体同じ妊娠週数の友人と体験に行ってみました。

渋谷の裏手にあるスタジオは、静かで「ヨガスタジオに来たな~」という雰囲気の所でした。最近何度か行っていた所は、研修部屋をその時だけ机をどけて使っているので、全然雰囲気がなかったんですが、やっぱり環境って大事だなと思いました。そこにいるだけで、何となく心地よく自分の体に向き合えるようなスペースが、私には特に必要のようです。(だから今の家では余りヤル気が出ない事への言い訳かも・・)

クリパルヨガは、Webサイトによると
完成されたポーズをするだけで終わることなく、ポーズによって導き出されてくるあるがままの自分に対する意識を深める事を重視しています という事で、よく分かりませんが非常にニュートラルなイメージでした。普通のクラスだと又違うのかもしれませんが、マタニティではゆったりと猫のポーズや股関節を広げるポーズを取って行きました。

その中でも一番フォーカスされていたのが、骨盤運動です。
骨盤を反らしたり立てる(中に入れる)動作を、座ったり壁にもたれたりしながら何度も行いました。これは、出産の時に一番必要な動きだそうで、痛みで集中できないときにも、体が覚えていれば自然にこの動きが取れてスムーズな分娩につながるそうです。
必ず薦められる猫のポーズも、骨盤運動なんですよね。私は普通にできますが、やはり慣れていない方は、どこをどうすればいいのか判らなかった様でした。出産までに体得しなきゃですねぇ。

段々、足がむくんだり、こむら返りを起こしたり、動悸息切れが多くなったり、更に大変な時期に入っていくので、ヨガの呼吸でたっぷり酸素をお腹に送って、母子ともに健康体を維持しないと!
でも最近はすごーく動くようになってきて、「一体そこで何やってるの??」と聞きながらも目を細めてる毎日です。
by tania  at 18:13 |  スタジオ体験記 |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

勝手な思い込み

ホントに勝手に思い込んでいたのですが、お腹の子は女の子だと信じ切ってました。訳もなく。
・・・が、先日の検診で超音波を撮ったら、足と足の間にちょこんと丸い何かが!! 「えー!!嘘でしょ!?」と暫し絶句。先生には「うーん。これは見間違えようもありませんね」とまで言われてしまい・・・

もちろんその可能性も念頭には置いていたし、ショックを受けたら赤ちゃんが可哀想だとも重々承知していたのですが、実際になってみると、やはり結構な衝撃でした。

決して若くない私としては、授かっただけで本当にありがたいし、ここまで何の問題も無く育ってくれてるだけで恩の字なのですが、正直な感想を男の子を持つ何人かの友人に言った所、男の子の可愛い所を教えてくれた上で、「その気持ち分かる~」という意見を言う母親も結構多くいました。何でなんでしょうね?

男の子の良い所は
①一般的に母親似だと言われている様に、自分に似た子はやっぱり格別の可愛さである
②女の子は成長が早く、小学校に入る位から既に生意気になってきたりするのに対して、男の子は小学校高学年になってもまだ幼くて可愛い事が多い
③親に対して優しいのは断然男の子!

但し、中学生以降徐々に男らしくなってくると、それまでの可愛らしさから一転してしまい、母親との接点があまり無くなってしまうのが辛い所。かと言って、なよなよしたマザコン君には絶対!にさせる気はないので、ある程度は覚悟しないといけないんだけど。

その点女の子は可愛いお洋服を選ぶ楽しさやら、大きくなってからも一緒に買い物や旅行に行かれて、長い目で見ると共通の話題が多くて楽しいイメージ。みんなもそこが女の子を欲しいポイントなんだろうなぁ。特に私は大学時代に母を亡くしているので、母娘の関係がすごく恋しいというのもあるんだと思うけど。

経済的な事情等で子供は二人までが精々という親が多い中、希望通りの組合せの子供を授かるのって、奇跡に近いよね。どうしても息子(娘)が欲しくて3人目を産んだら又もや同性だった、という悩みについて「ふーん。でも3人も恵まれたんだからいいじゃないね」程度の感想しか持っていなかったけど、当事者にとっては相当切実な悩みなんですよね。私も次回があるとしても、楽しみだけどちょっと怖い・・

でも、これらの話をすると彼(夫)に怒られてしまうし、そもそも子供が欲しくて悩んでいる人には大顰蹙な悩みなんだって判ってます。
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。
本当に、授かっただけで感謝してます。どーか無事に生まれてきて下さい!!







by tania  at 17:54 |  妊娠中の徒然なる思い |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。