スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

お魚を食べられなくなる日  -環境を考える③-

原子力は危ない!と聞いてはいたものの、どの程度のレベルの話なのか、どこまで被害が及ぶのか、余り深いことを知らなかったのですが、今回色々とお話を伺って行くと、‘背筋がぞぉ~’とする事が進行しているんですね。

現在通っている環境セミナーの講座で、 未来バンク代表の田中優さんがエネルギー関連の面白く且つ恐ろしいお話を色々として下さいました。

その中でも今回は、原子力のお話。

原子力発電所は国内に幾つかありますが、青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設は、他の発電所とは別格らしく、田中氏曰く

「これまでの日本のなかで最悪の時代」

が来ているらしいです。

六ヶ所村から排出される放射能は、津軽海流やヤマセという北風に乗って、岩手県以南までやってきて、東北地方の豊かな魚介類、農産物が放射能に汚染されてしまうとの事。また、人間が放射能の被害に遭うとき、汚染された食物を食べる場合と体外から汚染される場合とでは、食物を食べることのほうが、生物濃縮が関係する為に、約1億倍も被害を受けるとの事。

なのに、「放射能に汚染された魚を食べても味は変わらない。三陸海岸の美味しい魚のままだ」と言うから恐ろしいですよね。

因みに、六ヶ所村の再処理工場は、原発が1年間に排出する放射能を1日で放出するため、 六ヶ所村には365基の原発があるのと同じだとも言われています。 それにもかかわらず、 稼動して3ヶ月も経たない内に2回も被曝事故を起こしています。

私は来月に三陸に出張で、お魚を楽しみにしているのですが、決してお魚だけの話じゃないですよね!事故が起きていると言うことは、どこにプルトニウムが飛散しているかは分からないわけだから、野菜もお肉も安全じゃないって事ですよね。怖い怖い。。

怖いと言ってるだけでは仕方がないので、周知してみました。
知らせなければならないこと
スポンサーサイト

新潟のおいしいスイーツ オンパレード

そして、最近新潟のお菓子にもハマってます。
有名なお米を使ったお菓子は、やっぱりレベルが違うって感じですねー。
でも意外にも、洋菓子も相当のものです。

新潟駅万代口の改札左手にある『サチの幸せ』のお菓子はどれも美味しいのですが、その中でもいつも昼過ぎには売り切れてしまってて、今回やっとゲットできたのは炊き餅(かしきもち)。
柔らかく伸ばされたお餅に、ほんわかした甘さの餡が包まれてます。
IMGP0962.jpg
IMGP0963.jpg

同じ会社の米サブレも美味しいですよ~。

そして、私の一押し!マスカルポーネチーズどら焼き。上品なチーズクリームはもちろんの事、どら焼きの生地もいいんですよね。あー、また食べたい!!
CIMG2201.jpgCIMG2202.jpg

写真写りはイマイチですが、米粉ロールケーキもお勧めです。口に入れた瞬間はもさっとした感じがしますが、その後から来る米粉特有のしっとり感が堪りません。
IMGP0975.jpg


瑞花のお煎餅はどれも美味しいけど、最近発売されたぬれせんべい・ぬれおかきも絶品です!
IMGP0961.jpg

安田の生シュークリーム。半冷凍状態で頂きます。
CIMG2187.jpg

by tania  at 01:01 |  おいしいもの |  comment (6)  |  trackback (4)  |  page top ↑

謎のB級グルメ -新潟の美味しい物2-

皆さんは、新潟が誇るB級グルメ『イタリアン』をご存知でしょうか?
私は前回の滞在時に知ってすごーく興味があったのに、残念ながら食べることができなかったので、今回は新幹線の時間をその為に早めてまでも食べてきました~。

え??だってイタリア料理の事でしょ?なぜ新潟で?
と思われる方、違うんですよー。
新潟には、それとは別の『イタリアン』が存在するんです。
それは何かと言うと・・・・・

焼きそばのトマトソースがけ!(およびその派生商品)なんです。

へぇっ~。何それ~!?
と私も最初ビックリしたのですが、新潟の方にはかなりメジャーなファーストフードだそうです。基本的には、ソース焼きそばの上に、パスタの様にトマトやらミートソース、更にホワイトソースや果てはカレーにマーボー豆腐ソースまでかかってます。
ここまで来ると、イタリアの要素は皆無なのに、名前はカレーイタリアンetc. それって、単に焼きそばのソースがけでしょっ!!と突っ込みたくなりますが、結構ハマる美味しさではありました。

因みに私が認識している範囲では、新潟市がメインのみかづきと長岡市がメインのフレンドの2チェーンがあり、それぞれで多少内容が違うとか。

正直、家で焼きそば作ってソースを掛ければ同じなのですが、これは是非一度、新潟で食べてみて頂きたいものです。

IMGP0960.jpg

by tania  at 22:33 |  おいしいもの |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

新潟のおいしい物

4ヶ月ぶりに地方の学校に行ってきました。今回は新潟!
4月に佐渡に行った時に、「もう新潟に来ることはないかな~」と思っていたのに、今月は2回も行くことになっちゃいました。しかし、新潟って意外と観光する所がないんですよね。事前情報を得ようと、ガイドブックを探しに本屋に行ったら、全然なくてビックリしましたー。

まずは当然。お魚さんたち。おいしーい。そしてやっぱり安ーい!
CIMG2190.jpg

CIMG2196.jpg

厚揚げみたいな栃尾の油揚げ。納豆入りやねぎ味噌入りがおいしい。
CIMG2189.jpg

しまった。名前を忘れてしまった・・ 九州の‘おきゅうと’みたいな、海草のこんにゃく的な物です。
CIMG2191.jpg

鮭の上にイクラとマヨネーズを乗せて焼いたもの。
CIMG2198.jpg

のっぺい汁。最後にご飯物と汁物で締めて、と思って頼んだら、「のっぺい汁はお味噌汁じゃありませんよ」と言われてしまった。煮物だったのね。
CIMG2199.jpg

魚もお米もおいしいし、堪りませんね。お酒を飲めたらもっと楽しいだろうなぁ。
by tania  at 15:51 |  おいしいもの |  comment (2)  |  trackback (1)  |  page top ↑

ポチコ、デビュー!

友人がワンちゃんを飼ったというので、みんなで会いに行ってきました。本当は駒沢のドッグランに行こうと言っていたのですが、生憎の雨だったので、目黒川沿いの犬OKのカフェに行きました。
MNTMNIDVC00048_I.jpg

まだ6ヶ月のポチコ♀は、全然吠えない良い子でとっても人懐っこい。柔かな毛並みが美しく、しなやかな体で駆け回り、ベロベロみんなの顔を舐めまくってました。
MNMMNGDVC00031_I.jpg

私は余り行かないけれど、駒沢に住んでいる友人曰く「週末は犬を連れていないと歩いちゃいけない位、犬を連れた人が多い」とか。ドッグカフェも続々とオープンしているみたいだし。すごいですねぇ。。下手したら赤ちゃんよりお金かかってるよね。

私は当分犬を飼うことは出来ないと思うので、友人の犬とか周りの犬で暫しの癒しを得たいと思います。
by tania  at 13:31 |  日常生活 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

身近な環境を知る 2

今回は『ゴミとリサイクル』をテーマに、お台場の先にある‘東京都中央防波堤外側埋立処分場’を見学してきました。ここは23区のごみが最終処分される場所です。

可燃ごみの灰と不燃ごみ等の破砕・減容処理をして、間に土を挟みながらサンドイッチ式に埋め立てていますが、それでもこの処分場も後30年で満杯になるそうです。そして、ここが満杯になったら、もう都内には土地はありません。隣県に土地を買って、埋立ててもらうしかないというのが現実なんです。

という訳で、とにかくゴミを減らす・再利用する、といったアクションが求められますが、最近では可燃ごみの焼却灰を1200℃以上の高温に加熱し、溶解・固化して「スラグ」という人工砂を作ることも出来るそうです。スラグは建設資材としてアスファルトやブロックにできるので、ゴミ量も減るし天然砂の採取も減るし!といい事づくめの様です。

・・・が、そうでもないらしい。その辺の砂を使うほうが絶対的に安いので、コスト意識の高い民間企業ではまず使ってもらえないみたい。
CIMG2215.jpg

CIMG2219.jpg

最後の処分場。意外にも埋立て場は余りにおいもなく、花が植えられていたりして、清潔な印象でした。進化しているんですね。
CIMG2221.jpg

但し、数十年前に埋立てられた廃棄物の有害物質が、海に滲み出てこないとも言い切れませんよね。怖いなぁ。。
by tania  at 00:15 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

身近な環境を知る 1 

先月から、環境リーダー養成講座に通っています。と言うと、オカタイ講義が続くんだろうな~との印象を持たれるかもしれませんが、これが結構面白い内容だったりします。これまでの講義を復習がてら、ちょっとまとめてみようかと思います。

『自然を知る -鳥と木々-』

初めに簡単なレクチャーを受けました。むかーし学校でお勉強した覚えがある内容だったんですけど、どうして大人になってから聞くほうが何でも楽しいんでしょうね?でも何より楽しかったのが、真面目な話の合間に入る、ちょっとした小ネタでした。

例えば、
■「子供のスズメを見ることはない」
え~?よく小さいスズメを見かけるけど、あれって子供じゃないの??

→ 違うんですって。スズメは約2週間で巣立つんだけど、そのときには既に大人と同じ大きさになっているので、見分けることは出来ないそうです。何せその2週間の間、親鳥は1日300回前後も餌の虫を探しては、せっせと小鳥に運びます。約3分に一回です!それでも、生存率は10%!
親鳥はその間、自分はほとんど食事が出来ないそうです。都心の様に虫が少ない地区では、更に必死なんでしょうね。

■「植物の葉は奇数枚」

→ 楓のように先が分かれている葉っぱの場合、基本的にその数は奇数なんですって。だから、四葉のクローバーはとても珍しがられるんですね。

■「この日差しは4000歳」

→ 私たちは植物が光合成をしてくれるから生きていかれます。しかし、その光合成には太陽光が不可欠です。太陽はその中心部で爆発を続けており、そこで発生した光が地球に届くのですが、太陽の中心から表面に出るまでに、なーんと4千年も掛かるんだそうです!!
因みに表面から地球までは、約7秒で届くとのこと。ビックリ!

■「鳥はトリ目じゃない」

→ 基本的に渡り鳥たちが旅するのは夜。トリ目の訳がないそうです。因みにエサとなる木の実の熟れ具合を、色で判別しているため、鳥の目は相当いいんですって。人よりも。

■「まさに、食うか食われるか」

→ 小鳥たちを食べる鷹などの大きくて強い鳥は、自分たちは余り狙われないから安穏としているかと思われますが、大違いらしいです。実際に、雀などが獲れずに飢え死にする鷹も多いんですって。たま~に、ボケーとしている間抜けな雀が食べられてしまい、うまく回っているとの事。可愛そうだけど、間抜けな者が食べられる、これが生きるって事なのね。
・・・・・ん?人間は??

■そして最後に衝撃の事実!!!
人間の祖先をさかのぼって行くと、魚類→両生類→爬虫類→哺乳類、、という所までは分かっていましたが、最近の研究で魚類の前の私達が何だったか、調べが進んできたらしいんです。それが何と!




・・・・・・・・・・・・・・・・・ホヤ。



え~~~!!??
私の嫌いな、あのホヤ!?
いやだーーーーー。



by tania  at 22:01 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ビクラムヨガ体験

今年初めに日本上陸して以来、ずっと行こう行こうと思いつつ中々チャンスがなかったビクラムヨガにやっと行ってきました。

現在銀座、町田、下北沢、広尾にスタジオがあるようですが、町田と下北沢だけは500円で体験ができるのです。(6/20までらしいので、試したい方は急いで!)丁度、近くまで行ったので、下北沢店で体験する事にしました。

激安スーパーオオゼキの4Fにある、というのが結構意外でしたが、新しいこともありスタジオはとてもキレイでした。体験でも水1Lとタオルなどは貸してもらえて一安心。しかし平日の昼間だから空いてるかと思ったら、結構満員に近い人数が。25名位はいたでしょうか。さすがビクラム!
まあ、私と同様に最後の駆け込み体験者かも知れませんけどね。。

でも、どうして緑色のウェアはいけないの??ビクラムヨガでは‘緑は争いを表す色'、との事なのですが、「何故に緑が!?」とすごーく関心があります。ご存知の方、教えてくださーい。

さて、それはともかくとして、久々の暑さと湿気の中で90分のクラスが始まりました。太陽礼拝はないけれど、初めにきっちり呼吸を整えていきます。ビクラムでは呼吸は鼻から吸って口から出すんですね。(他のHOT YOGAはどうだったかな?)そして、きっちりと決まっており揺るぎない26ポーズを順番にとって行くのですが、慣れていないせいか途中でクラクラしてきちゃいました。。。

シッティングポーズの合間にはシャバーサナが入るのですが、ビクラムでは目を開けたままというのにもビックリ。やはり色々とオリジナルな要素があるようですが、途中でかなりフラフラしてきちゃった身には辛かった。目を閉じて、そのまま休みたかったよ・・・

結論としては、やっぱりホットヨガは私には余り合わないのかも。大体、サウナ苦手な人間だし。。でも、大量の汗をかけたので気持ち良かった。


・・・・・・・・・・・

下北も数年ぶりだったんですけど、面白い町ですよね。しかも、物価が安いのがいいですねぇ。ついついお買い物に走ってしまいました。


by tania  at 23:18 |  スタジオ体験記 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

みんなの未来のために

先日女性の交流会に参加した時に BABY-in-ME という活動をしている方に会いました。これは妊娠初期で、周囲から妊娠を認知されない方向けの活動で、ステッカーやバッジを付ける事で、妊娠している事を分かってもらおうという趣旨だそうです。

実際、お腹が目立つまでは妊婦と見られない訳だから、混雑した電車とか色々な場面で苦労があるんだろうなぁ、、と想像できますよね。とっても意義のある活動だと思ったので、こちらでも告知させてもらいました。

しかもこの活動を始めた方は、たった一人で自分自身のお金を使って、ステッカーを作ったりしていたそうです。国の援助とか得られそうなものですが、同様の活動が他にもあったりで、なかなか認められるのは難しいそうです。自分の仕事も忙しく、どこまで続けられるかなー・・とも仰ってました。

こちらのサイトから、バッジ等の購入もできるみたいなので、是非皆さん見てみてください。無事にこの世に赤ちゃん達を迎えいれるために。。
BABY-in-Me

梅雨入りですね

やっぱり天気が人の気分を大きく左右させますよね。
天候の悪い地域で、欝や自殺率が高いのも納得できます。
暖かく、作物がたくさん取れる南の国では、人々が楽天的になってしまうのも。でも、そういう恵まれた国が、現在では途上国になってるんですけどね。。

それにしても、最近の天気は本当に変ですよね?
暑いんだか、寒いんだか、着るものに困る毎日です。。
by tania  at 09:23 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ロハス&ヨガ@丸の内に行ってきました

丸ビルでのヨガイベントで、Ken先生の「ロハス的ライフスタイル&アシュタンガヨガ」に参加してきました。

実は今まで一度もKen先生のレッスンを受ける機会がなかったので「これ幸い」という感じでしたが、予想通りの満員御礼で、160人位来ていたそうです。広い会場が完全に埋まっていましたね。さすがー。

セッションの前半は、ひたすら太陽礼拝でした。
普通のペース、できる限り長く呼吸をするゆっくりペース、先生曰く‘苦行’!?のクイックペース、でAとBをじっくり行ったのですが、このメリハリ感はかなり面白かった!でも結構キツくて、その後のシャバーサナが気持ちいい事気持ちいい事。やっぱり自分でやってると甘えが出ているなぁ・・と実感することしきりでしたね。やはり誰かにリードしてもらう必要がありますねー。

後半は、ロハス的ライフスタイルについてのお話でした。すごいですね、Kenさんは1日一食で、しかも超シンプルな食生活なんですね。知りませんでした~。しかし、トマト・バナナ・アボカドなどをそのまま食べるだけの食事を一食で、よくタフなヨガプラクティスやら仕事やらをこなせますよね。。もはや仙人の域なんでしょうか??

食べるのが大好きな私には、とてもそのスタイルは真似できませんが、とても納得がいったのが「近くでとれたものを頂く」という事。最近はオーガニックフードじゃないと・・・と言う人が多いですが、Kenさんに言わせると、沖縄などの遠方で収穫された野菜を、多くの人の手や梱包やガソリンやらを使って東京に運んで来る、という事事態がロハスじゃないそうです。まあ、それは確かにそうですよね。

ただ「農薬とか心配じゃない?」という声も挙がりそうですが、それも大丈夫なんですって。なぜなら太陽礼拝は体をクレンジングしてくれるから、しっかりやってる人達ならば、体に不要な物や毒素は輩出されるらしいのです。う~む。そうなのか~。もっといっぱいやらなきゃ。
何でも、Kenさんは以前一日に最高350回も太陽礼拝をした事があるそうです。。。

そして、一番良いのはその後は何もせずボーっとしてる事ですって。あくせくせず、複雑な事を考えたりもせず、服はずっと同じ物を着て、シンプルなものを食べてシンプルに生きる。仕事なんてもってのほか。

しかし、当然ながら究極のロハス的ライフスタイルって、原始的な生活スタイルに戻るって事ですよね。自給自足で裸で生活していた頃の。
そう考えると、進歩や成長ってしない方が良かったのか??という疑問が湧いてきますね。普段の研修の仕事では「より進歩しなさい!成長する気のない人はダメな奴だ!」位のスタンスに立っているのに、この矛盾はどうしましょう。。って言うか、ボーとしてたら現代ではごはん食べられないしね。

まあ、そういう難しいことは考えちゃいけないみたいなので、単純に楽しいイベントでした。久々にLOTUS8のみきさんや幸せオーラ出まくりの@yogaさんにも会えたし。@yogaさんは間もなくバリに旅立ってしまうんですもんね。いつかバリでヨガレッスンを受けたいものです。
by tania  at 20:02 |  ヨガイベント |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。