スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

至福のケーキ

知り合いの恵比寿のオフィスをたずねたので、近くにあるずっと行きたかったケーキ屋 トシ ヨロイヅカに寄ってきました。

小さなショップですがカフェも併設されていて、目の前でパティシェがケーキを完成させていく様を見ることができます。色とりどりのケーキ達に目移りしちゃいますが、何とか1人1個選びました。

あ~。やっぱりケーキって、人を幸せな気分にさせてくれますね!
06-05-22_14-42.jpg

スポンサーサイト
by tania  at 22:16 |  おいしいもの |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

かわいい動物達に癒されます☆

さてさて、オーストラリアといえば、コアラでしょう。
前回来たときは残念ながら遠目にしか見る事ができなかったのですが、今回は触る事ができました!う~ん。やっぱり可愛い!!

州によってコアラを抱っこできたりできなかったりがあるそうです。ここでは抱っこはできませんでした。
IMGP0762.jpg

IMGP0764.jpg

因みにコアラは1日の内19時間寝ているそうです。こんなに可愛くて大切にされて、寝放題の生活、生まれ変わるならコアラがいいかも・・

そして、カンガルーの餌付けもできました。
IMGP0800.jpg

丁度、赤ちゃんがお腹から顔を出してくれました!
IMGP0809.jpg

あぁ~。こんなに可愛いカンガルーを、食べちゃったのね。私って。

こっちも食べちゃったかー。エミュー。
IMGP0815.jpg

by tania  at 00:59 |  訪れた町 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ポートダグラスの美味しい物

ポートダグラスは小さなリゾート地ですが、割と素敵なレストランがありました。西側の海を臨むガーデンレストラン。夕焼けを見ながら、キャンドルライトでの食事はとても素敵でした。BUT!確かに混んでたのはあるにしても、かなーり混乱してて、料理が出てくるのに1時間掛かってるテーブルもありました。味は結構おいしかったけど。
IMGP0742.jpg

Fish & Chips、リゾットのザリガニ添え、エビとアボカドのサラダ
IMGP0751.jpg


そして、一番感動したのがここ、『Nautilus』何でもクリントン元大統領も来たらしい有名店だそうです。メインストリートから山の方に、ずーーと小道を上がって行くと、段々周りは熱帯雨林のジャングルになっていきます。そこに急に店が現れるんだけど、頭上は一面のヤシの木!!
IMGP0859.jpg

IMGP0854.jpg

料理はモダン・オーストラリアン キュイジーヌで、前菜にはホワイトアスパラのイクラ添えと鴨のカルパッチョ
IMGP0857.jpg

メインはやっぱりここでもEye Filletと、
IMGP0860.jpg

Ocean Troutの味噌(!)風味
IMGP0862.jpg

メニューの詳細はハッキリ覚えてないんだけど、あちこちにアジアンテイストが入ってて、美味しかったです。この雰囲気は中々味わえないので、是非この辺に行かれたら寄ってみて下さいね!!
by tania  at 23:12 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

更に北上 -ケアンズ・ポートダグラス-

亜熱帯のブリスベンから一路、熱帯のケアンズに入りました。
特有のムッとした湿気のある暖かさ、雑然としたナイトマーケット、洗練されているとは言いがたい町の雰囲気が、何となくアジアの街を彷彿させました。まあ、インドネシアも近いし、リゾート地だし、これまでの都市とは少々違うエリアなんですね、きっと。

ケアンズでは、ナイトマーケットで山ほど売られている、ハニカム(蜂の巣)入り蜂蜜や、スクワラン(鮫肝油)やらプラセンタやらラノリンやらが入った美容クリームやらを買っただけで、一泊で通過し、車で約1時間の高級リゾート‘ポートダグラス’に行きました。

最後はのんびりリゾート気分を満喫しようと、熱帯雨林の中にホテルがあるような、ラディソンツリートップに泊まり、グレートバリアリーフへのクルージングをするつもりだったのに・・ 
IMGP0729.jpg

なぜだか嵐のような天気になってしまい、美しい珊瑚礁は次回へ持ち越すことに・・

でも、リゾート地でのお約束、スパだけは欠かしませんでした。なぜか知りませんが、ケアンズから30分程度のPalm Coveは小さいながらも雰囲気のあるリゾート地で、スパ天国と化しています。Sea Templeなどの高級ホテル&スパリゾートがあちこちにあって、どこにするか迷いまくってしまいました。

結局パームコーブのアンサラスパへ。
IMGP0835.jpg

IMGP0840.jpg

by tania  at 22:39 |  訪れた町 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

オーストラリアでの食事の謎

最大の謎だったのが、このハンバーガーチェーン『Hungry Jack's』
CIMG2171.jpg

何が謎かというと、このマークはどう見ても、バーガーキング。日本では撤退してしまったけど、ハンバーガーチェーンの中ではかなり好きな店だったので、「あれれ??」という感じでした。
試しに入ってみると、WHOPPERもあるし、私の好きだったオニオンリングスもある。益々「あれれれ~??」と思っていたら!
やっぱりこれはバーガーキングなんですって。オーストラリア進出の時点で同様の名称が登録されていたか何かで、名前の変更を余儀なくされたらしい。。でも、何でハングリージャックなのかな?イギリス領土だったんだし、バーガークイーンとかじゃダメだったのかしら?

そして、スシブームはこちらでも例外ではありませんでした。特に、テイクアウトの巻き寿司があちこちで売られていました。日本で言うところの、コンビニの巻き寿司サイズで、かなりバラエティに富んだ具で取り揃えられていました。
IMGP0653.jpg

これは、海老マヨ。200円位だったけど、海老がたっぷりで美味しい。
CIMG2172.jpg

あちこちにあった謎の『SUMO SALAD』何がどう相撲なのかは謎のまま。サイズが大きいのかな?ご存知の方は、教えてください。
IMGP0627.jpg

by tania  at 22:13 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ちょっとだけ、ボートピープル

ゴールドコーストで優雅な数日を過ごした後は、450kmのロングドライブを経て、海沿いの小さな町Bundabergに行きました。

この辺りは一面のサトウキビ畑が広がっていて、「ざわわ~ざわわ~」という感じです。
IMGP0671.jpg

という事で、名産品はもちろん砂糖、そしてバンダバーグ ジンジャービア(これは結構あちこちのレストランでも置いてあったりします。写真はカンタス航空の機内搭載の缶)後はいちばん有名なラム酒でしょうか。
IMGP0717.jpg

CIMG2185.jpg

しかし、それ以外は特筆すべきものは何もない小さな街です。たまたま父のヨットが寄港していたので、行く事になりました。
IMGP0679.jpg

一般的に言えば少々変わり者の部類に入るのかも知れませんが、私の父は早めにリタイアをしてヨットで世界中を周っています。これを聞いた人からは「カッコいい~。加山雄三みたい~(古いけどね)」と良く言われます。でも、実際は全然違ってて、生活感溢れるヨットの内部を見ていると、ある意味ボートピープルのような感さえあります。何しろヨットで生活しながらアジアをスタートに、スエズ運河を越え、地中海、フランスの運河、カリブ海、タヒチやらニューカレドニアやらを越えて現在オーストラリアという、ある意味優雅、しかし実態は結構過酷なことを10年近くやっているんですよ。ほんとに、よくやります。

という事で、束の間のヨット生活をしてきました。朝日と共に起き、暗くなったら就寝です。周りには星しかありません。うーんロハスな生活??
by tania  at 23:58 |  訪れた町 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

そして、青い海 -ゴールドコースト-

雄大な岩と、赤土と、大量のハエの後は美しいゴールドコーストへ
IMGP0639.jpg

IMGP0642.jpg

IMGP0646.jpg

おじとおばのコンドミニアムに泊めてもらっていたのですが、高層階からの眺望は絶景でした。朝日を浴びながらテラスで朝食を頂き、夕暮れ時には美しい茜色の空を楽しむ。なんて素敵な生活を送っているんだ・・
IMGP0654.jpg

そして、夜は豪勢なBBQでもてなしてもらっちゃいました。
食べきれないほどのカキ、エビ、ホタテ、野菜、そしてオージービーフ!
サーロインはまるで霜降り和牛みたいだし、Eye Filletというヒレ肉は、極上の柔らかさとサッパリ感が抜群においしくて、夢中になって食べちゃいました。どちらも相当良いお肉だったらしい。おじ様おば様ありがとう!
IMGP0657.jpg

IMGP0663.jpg

by tania  at 00:46 |  訪れた町 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

カンガルーとワニの夕食

エアーズロックエリアでのレストランはそこまでバリエーションはないし、外食にも飽きてきたので、BBQで肉三昧の日々を過ごしてみました。

OUTBACK PIONEER HOTEL&RESORTでは、自分で焼く事のできるBBQがあります。串刺しの赤い肉がカンガルー、白がワニ、ソーセージはビーフと赤黒いのがエミューです。
CIMG2158.jpg

IMGP0536.jpg

翌日はキッチンで、ラムとオージービーフを焼いてみました。ラムは、500gで500円位と格安なのに、ものすごくジューシーで味がある。絶品でした。ビーフは、、まあまあかな。ちょっと焼き過ぎた。。
IMGP0578.jpg


ちなみに、ウルルを目の前に、外で星をみながら素敵なディナーができるオプショナルツアーもあるので、ハネムーンの方は是非どーぞ。
by tania  at 13:03 |  おいしいもの |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

エアーズロックへ

IMGP0510.jpg

憧れのエアーズロック(こちらではウルルと呼ばれるそうです)に行ってきました。丁度大陸の真ん中辺にあるここは、シドニーから飛行機でも3時間。本当に大きな国なんだなぁと実感させられます。
飛行機が近づくと、一面赤土、点在する茂みのような木々がどこまでも続く景色だけになっていきました。日中は気温が高いものの、朝夕はぐっと下がるという、砂漠に似た気候なんでしょうか?

何もない中に、幾つかのホテルが集中している街が出現するのですが、とても小さなエリアです。各ホテル間は循環シャトルが回っていて弁理ですが、これは1つのリゾート会社の物なのか、どこのホテルもとても高いです。中にはバックパッカー用のドミトリーや、テント用のキャンプ地もあるので、この際そういうのも楽しいかも知れませんね。

ナウシカのインスピレーションの元になったという風の谷。
IMGP0568.jpg

夕暮れと日の出は特に幻想的。
IMGP0586.jpg

日の出後から、早速登りました。
ちなみに、アボリジニにとってはここウルルは聖地であり、本当は登って欲しくないそうです。ウルル前の看板にも各言語で「登らないで下さい」と書いてあります。でも登山用のルートはそこにあります。
IMGP0539.jpg

最初のうちは、傾斜46度の崖!の様な所を、鎖を頼りに登ります。これは結構キツイ&怖かった。帽子などが飛んだのを追ってしまい、年間40人位が転落死するそうです・・・

最初の急勾配が終わると、だいぶ楽になりますが、頂上までは結構大変でした。でも達成感を味わえるので、行ったら登ったほうがいいでしょうね。一説には、数年後には登頂禁止になるとの話も聞いたし。

しかし、この辺はハエだらけなので、ハエよけの帽子やカバーをしていないと、大変なことになります。これは行くまで知らなかった。
by tania  at 13:00 |  訪れた町 |  comment (3)  |  trackback (1)  |  page top ↑

Fish Market で朝食を!

シドニーには、アジアで築地の次に大きいといわれる魚市場があります。朝食を食べに行ってみました。
IMGP0449.jpg

IMGP0453.jpg

オーストラリアの牡蠣剥きおじさん。
CIMG2147.jpg

今朝の朝食。オイスター&プラウン(海老)プラッター、サーモンロール、そしてウニ!!
CIMG2144.jpg

どうやらオーストラリア人は余りウニを食べないそうで、おかげでかなり上質のうにが1ケース1000円程度で食べられました。あー満足。
このウニを山程食べるためだけにでも、もう一回行きたいな。
CIMG2145.jpg

by tania  at 12:25 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

シドニーからの日帰りドライブ

シドニーから1時間強で行かれる世界遺産『Blue Mountains National Park』 ユーカリが発散する油分が太陽光に反射して青く霞んで見えるから、こんな名前になったそうです。

奇岩 Three sisters
CIMG2133.jpg

Leura Cascadeで、お約束のポーズ。いつもこのポーズしかしてないよね。。
IMGP0427.jpg

丁度冬が始まる時期なので木々は紅葉しており、ここが南半球なんだと実感させられます。日中は暖かいけど、朝夕はかなり寒かったです。

素敵なオープンカフェで軽いランチ
CIMG2140.jpg


こちらは別の日、『Hunter Valley』 ワイナリーが沢山あります。打って変わっての田園風景に、この国の広さを感じました。

とはいえ大してワインも飲めないので、ワイン作り工程の見学などもしたけど、メインはやはりこちら。Cafe Enzoにてボリューム満点のガーデンサラダに白ワイン。
CIMG2150.jpg

CIMG2155.jpg

CIMG2151.jpg

この国は、ヨーロッパとアメリカがバランスよく混じったような印象を受けました。日本と同じ右ハンドル、左側通行、KmにKg表示なので便利だし。オージー訛はやや聞き取りにくいけど、どことなくブリティッシュな会話とアクセントが優雅な感じ。私もつられて「Lovely!」「Fabulous!」とかお店の人が連発するクイーンズイングリッシュ風を真似て遊んでました。
by tania  at 12:02 |  訪れた町 |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

美しい港の街 シドニー

旅のスタートはシドニーから。
数年前からここに住んでいる友人に、素敵な景色の場所を案内してもらいました。

まずはオペラ座とハーバーブリッジが見える絶景ポイントへ。
IMGP0369.jpg

海の横の素敵なレストランでランチを頂きました。確か、Pavillionという名前だったかな?
IMGP0378.jpg

友人の愛娘@マンリービーチ。ハーフの彼女は食べちゃいたい程可愛い☆
CIMG2127.jpg

帰りは、マンリービーチからフェリーで夜景を楽しみながら戻りました。
IMGP0444.jpg

IMGP0445.jpg

正直、余りシドニーには期待していなかったのですが、本当に美しい港のある街なんですねぇ。オペラハウスでは、オペラはやっていなかったので代わりにバレエ『ジゼル』を堪能してきました。さすがに内部はパリのオペラ座、とは行きませんが、その分海にせり出すように立てられていて、まるで浮いているようでした。

夜景の美しいエリアも沢山あって、全然時間が足りなくて困っちゃいますね。
Circular Quay, Rocks, Harbour Darling Harbourを駆け足で廻りましたが、どこもかしかもロマンティックなレストランだらけ。どうして東京のウォーターフロントはこうならないのかな~?

でもシドニーの物価の高さは、他の都市と比べるとかなり際立ってる気がしました。とても快適そうで楽しそうで、住んでみたい街だけど、実際に住むのにはどうかなのかしら?
by tania  at 19:48 |  訪れた町 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

戻ってまいりました

約2週間程のオーストラリア旅行から戻ってきました。
案の定、ブログの更新などはとてもとても・・という状況だったので、おいおいアップしていきたいと思います。

因みに今回は、

 Sydney

⇒Ayers Rock

⇒Gold Coast

⇒Bundaberg

⇒Cairns

⇒Port Douglas

というそこそこの強行軍でした。
でもまあ、時差がないから助かります。

あぁ楽しかった!
これから暫くはダイエット&ヨガで、カロリー消費に励まなきゃ!!

by tania  at 23:26 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ゴールデンウィーク!

連休が始まったというのに、突然お風呂が壊れました。
電話回線もブチブチ切れまくってます。
何が起きてるんだろう?
物凄く困ってます。

でも、そんな家を暫く離れられるので一安心。

なぜなら明日から、オーストラリアに遊びに行ってきます♪
今回は、シドニーで旧友に会ったり、エアーズロック、グレートバリアリーフ等、盛り沢山の旅なので、とても楽しみです。

オーガニック食材やコスメも豊富みたいなので、色々見て廻りたいのですが、実は余り下調べができていないので、どなたかお薦めのお店や観光スポットをご存知でしたら、教えてください!

多分、旅行中のブログのアップは難しいと思いますが、出来たら向こうでもヨガスタジオ見学などにトライしたいと思っていますので、後日ご報告いたしますね~。

では、みなさんも良い連休をお過ごし下さい!

by tania  at 23:09 |  気づき・つぶやき |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

暖かくなると

ヨガをするモチベーションがあがりませんか?
ここ最近、やけに熱心さが戻ったなぁ、、と思ったら、やっぱり気温と気候のせいなんだ!と思いました。

元々インドの物だし。暖かい中でやるべきものですもんね。
冬には腰が重くなっても仕方ない!?

そろそろ水着を着ることも意識しないといけない今日この頃。
日焼け止めのエビちゃんのCMでの水着姿に触発されながら(ありえないよね、あの体!)、脇腹の肉を削るべく頑張ります。


by tania  at 14:58 |  気づき・つぶやき |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。