スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

香川のおいしいもの -うどん以外編-

さて、これで四国ネタは最後です。

大穴子のベエスケ。以前キリン一番絞りのCMで佐藤浩一が食べてましたね。丼と鍋で頂きました。 「チョースケ、ロクスケ、ベエスケ・・」
CIMG1560.jpg

CIMG1554.jpg

瀬戸内ではカキの養殖が盛んですね。広島、岡山の日生etc.
CIMG1558.jpg

お刺身テンコ盛り。5人でこの大きさですよ。
CIMG1731.jpg

そして、鯛! 40cm位はあったかな~?レモンの櫛切りは普通の大きさですから、想像してみてください。でもこれ、どう計算しても5000円位しか取られてないんだよな~。
CIMG1732.jpg

タコ飯。本当に何度も繰り返しますが、瀬戸内海は豊かな海です。
CIMG1734.jpg

スポンサーサイト
by tania  at 21:55 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ミラクル讃岐ワールド

瀬戸大橋は力強く美しい。因みに車での往復は8000円近くするらしいですよ。
CIMG1708.jpg

香川から見る岡山はとても美しいんですって。逆だと逆光になるらしい。
CIMG1718.jpg

昔この辺りには、塩田があったそうです。宇多津の塩田跡地です。昔懐かしい感じですね。
CIMG1702.jpg

一方、なぜか突然高層のゴールドタワー。展望台らしいけど、ちょっと突飛すぎやしませんか?
CIMG1697.jpg

桃太郎アトラクションの遊園地かとおもいきや、何とお酒やさん。何か感覚が面白いんだよねー。香川はミラクルワールドだわ。
CIMG1722.jpg

CIMG1721.jpg

讃岐富士
CIMG1580.jpg

これも不思議だったのが、この辺には傾斜の険しい山がボコっとあちこちに点在しているところ。何でも山頂が石灰岩なので、月日が経つにつれ周りは削れて行くのに上の部分は残るかららしいんだけど・・まるで日本昔話のおじいさんが側面を登ってる山みたいのが幾つもありました。
by tania  at 23:41 |  訪れた町 |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

そこまでうどんが好きなの?

香川から愛媛に向けてドライブしていると、何度かうどんスタンド付きローソンを見かけました。何故そこまでして、うどん?
CIMG1612.jpg

CIMG1611.jpg

ローソンさえも閉まったら、こちらをどうぞ。
CIMG1665.jpg


前述の村上春樹の本によると、香川には日清製粉が特別の小麦粉を卸しているそうです。普通の小麦粉ではクレームがくるんですって。恐るべし香川県民!

ああ、それにしても炭水化物を取りすぎた。。
by tania  at 19:51 |  訪れた町 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

『恐るべき讃岐うどん』実践ツアー 2

次は座って普通に食べる一般店です。香川にはセルフ店、一般店、製麺所店と3タイプあります。

宇多津駅前にある、塩がま屋。ここでも釜玉をオーダー。ちゃんとした店舗で座って食べても300円ちょっと、ってすごいよね。何だか申し訳なくなってしまいます・・
CIMG1727.jpg

ここも宇多津の名店。おか泉。冷天うどんは海老が2匹どどーんと乗ってます。これが又甘くて大きくて新鮮。うどんはかなりしっかり腰がありました。砥部焼きの器もよいですね。これで891円は破格だと思うんだけど、地元人にとっては高いので、余り食べないとの話も聞きました。
CIMG1729.jpg

ビブレ(があるんです)の中のお店。ぶっかけ。左後ろにあるのはゆず酢。初めてだったけど、サッパリしておいしい。
CIMG1693.jpg

さすが!ホテルの朝食ビュッフェにもうどんあり。自分で湯がいて食べます。
CIMG1696.jpg

by tania  at 17:53 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「恐るべき讃岐うどん』実践ツアー 

数年前からの念願だった「讃岐うどん食べ歩きツアー」を今回実現してきました!特に、村上春樹の「辺境・近境」に載っていたお店に行ってみたかったので、レンタカーでいざ出発!!

まずは‘がもううどん’畑の中の掘っ立て小屋の前で早朝から何人もがうどんを啜ってます。駐車場の車は地元ナンバーが多かったから、うどんを食べて出勤、という人が多いんでしょうか?
CIMG1564.jpg

だし汁もセルフで注ぎます。私は‘冷’用の濃いだし汁を、麦茶と間違えてコップに注いじゃいました。すみません。。
CIMG1567.jpg

うどんは小100円。おあげや天ぷらは70円と安い!朝から何も食べてない体に染み渡るだしの効いたおつゆ。腰のあるうどん。やっぱりこうでなきゃー。
CIMG1569.jpg

2軒目は‘なかむら’。ここも大概分かりにくい。どうしてみんな看板とか出さないの?わざとそうしてるんだよねぇ。やっぱり。
ここは店内でうどんを打ってました。大根も生姜も、なくなったらネギさえも自分で刻むという噂の究極のセルフ店。
CIMG1576.jpg

CIMG1574.jpg

CIMG1579.jpg

やや細めで柔らかい麺。固い方が好きな私には・・
CIMG1577.jpg

そして次は‘山越’どでかい専用駐車場は満杯。店には長蛇の列。広い庭園付き。相当儲かってるなー。一体どうなんだろう??と思っていたのですが、これがオイシイ!!発祥店といわれる釜玉は最高でした。
CIMG1582.jpg

CIMG1585.jpg

半熟たまごの天ぷらも絶品!
CIMG1588.jpg


まだまだうどん巡礼は続きますよ。。
by tania  at 17:08 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ありえない所にある温泉

世の中には本当にすごい温泉があるものですねぇ。
徳島県の祖谷(いや)という所には、絶景の渓谷があります。特に有名なのは、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ 大股で歩いても小股で歩いても危険だからなんですって)という、『このオオボケー!!』と2人に1人が必ず突っ込むであろうネーミングの渓谷です。
CIMG1640.jpg


今回行ったのが、その渓谷をケーブルカーで下って行く、川沿いにある祖谷温泉ホテルの露天風呂です。まず乗り込んでびっくりするのがその角度!ジェットコースター並み。これだけでも1500円のお風呂代を払う価値は十分あります。
CIMG1624.jpg

男女別の露天風呂からの眺めは野趣溢れるもので、お湯は軽い硫黄臭がするトロリ系。39.3度とぬるめなのでじっくり入るのがお勧め。
CIMG1628.jpg

CIMG1632.jpg

CIMG1637.jpg

下から見上げて、再度ため息。。
CIMG1639.jpg

ここも‘日本秘湯を守る会’のメンバーでした。日本はホントに深い!

そしてこれも有名なかずら橋。自生してるカズラのつるを編んで作ってます。重要文化財で日本三大奇矯(そんなのあったの?)の一つですって。
CIMG1619.jpg

なんと、3年に一度の修復工事中・・・・
CIMG1614.jpg

by tania  at 18:16 |  訪れた町 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

785段/1368段

この数字が何か分かった方、ご立派です。
これは香川県のこんぴらさん、金刀比羅宮にある石段の数です。本宮までで785段、さらに1368段を登るとやっと奥社に到着できます。
時間の都合で本宮までしか行かれませんでしたが、結構キツかった!
本宮では黄金色に輝くお守りが売っています。ご利益ありそう~。
CIMG1606.jpg

CIMG1601.jpg

CIMG1602.jpg

CIMG1604.jpg

CIMG1600.jpg

CIMG1609.jpg


一角に、何だかよく分からない物が色々祭られてる場所があるんですが、こんな物を発見!

なぜKABAちゃん???
CIMG1603.jpg

by tania  at 18:25 |  訪れた町 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

松山のおいしいもの 2

たまたま、最近のananの「女っぷりをあげる」特集を見ていたら『霧の森大福』というネット販売で大人気らしい大福が載っていました。なんと、タイムリーにも愛媛の物だったので、何とか探し出して食べてきました!
CIMG1680.jpg

CIMG1682.jpg

霧の森菓子工房
完全有機栽培の抹茶を使用した皮に、餡子とホイップクリームがマッチして絶妙のまろやかさ。かなりの人気で、ネット販売では購入できない事もあるらしいです。

こちらは定番、坊ちゃん団子。
CIMG1662.jpg

こちらも有名ですね。タルト。
一六タルトが有名ですけど、ロールケーキの中身がユズ風味のあんこになっていて、色々な会社から出されています。
CIMG1656.jpg

伊予の国の一番名物は、もちろんみかん!さすが太っ腹!
CIMG1663.jpg

by tania  at 21:27 |  おいしいもの |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

松山のおいしいもの

東京は雪が残ってて大変だったみたいですが、今日の松山はやや寒いものの、快晴でとても気持ちのいい一日でした。

瀬戸内の魚介類がおいしい松山では、こんな美味しい物に舌鼓!

大好物の焼きガキ!
CIMG1651.jpg

きびなご。九州・四国では良く食べられている小魚です。煮たのとお刺身。
CIMG1641.jpg

CIMG1645.jpg

めばるの煮たもの。淡白で上品な味わい。
CIMG1643.jpg

鯖寿司。Yummy!
CIMG1644.jpg

超具沢山の海鮮サラダ。ウニやらイクラまで入ってます。
CIMG1646.jpg

なぜか、ウニとほうれん草の炒め。この取り合わせは・・イマイチ。
CIMG1648.jpg

やっぱりウニは生が一番!ウニってこの辺で獲れるのかぁ。
CIMG1674.jpg

宇和島風の鯛飯。お醤油に卵の黄身を混ぜて鯛の上からかけて食べます。卵かけご飯、お刺身乗せって事ですけど、これがオイシイ!!
CIMG1673.jpg

by tania  at 20:28 |  おいしいもの |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

坊ちゃんとマドンナの街

岡山からそのまま四国に入りました。瀬戸大橋を車で渡りたかったけど、通行料が激高と聞いたし、諦めて予定通り電車にて。

愛媛は松山といえば、言わずと知れた日本最古の温泉である道後温泉。重要文化財に指定されてます。
CIMG1667.jpg

こちら一部写ってる緑色の屋根の建物は裏手にある又新殿。皇族専用ですが、1950年以来使用されていないとか。天皇陛下が入られる時って、独りっきりなのかしら?お付の人がお背中をお流し奉るのかしら??
CIMG1671.jpg

松山には市電が残っています。右が、夏目漱石が‘マッチ箱の様’と形容した今も週末には走っている「坊ちゃん電車」(相変わらず写真の並列技術を習得してなくて、見づらくてすみません・・)
CIMG1657.jpgCIMG1660.jpg

道後温泉近く、伊佐爾波神社への石段
CIMG1677.jpg

松山城。ロープウェイ(と言ってもスキー場の1人用リフト)か徒歩で15分。松山市内が一望できます。お城の前ではマドンナと年老いた坊ちゃんが出迎えてくれます。
CIMG1685.jpg

CIMG1688.jpg

by tania  at 20:03 |  訪れた町 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

倉敷のおいしいもの2

ただいま、美観地区のお店ではランチフェスタ?的なものをやってます。各店で土地の名産物を使ったランチを競い合っているのです。とても悩んだ末、亀遊亭というお店のフレンチを頂きました。

鰆(さわらを最近名物としてプロモーション中らしい)とカキのフリカッセ。魚介のカクテル、スープ、パン、デザートで1500円。
CIMG1552.jpg

やっぱり独歩の普通のも飲んどかないと。
CIMG1549.jpg

倉敷銘菓のむらすずめを備前焼の器に載せて。
まあ、どら焼きみたいな感じですが、やや玉子が多いらしい。
CIMG1512.jpg

岡山木村屋のバナナクリームロール。中にはバナナホイップクリームがたっぷり入ってます。素朴だけど、おいしい!これって他の地域にはないの?
CIMG1553.jpg

きび団子の老舗店。雰囲気あります。
CIMG1515.jpg

散策中に知り合った、吉備在住の元中学校の先生から面白い話を聞きました。岡山では桃太郎伝説が残っていますが、こういう話があるらしいのです。。

昔、吉備に渡来人が来て農業等の進んだ技術を教え、吉備が大変豊かになりました。それに従い豪商が力をつけて来た事に危機感を覚えた当時の奈良の政府が、豪商を征伐する為に送ったのが桃太郎。何でも天皇の家系の方らしいのです。

だから地元の古い人は「あの時桃太郎が勝っていなかったら、都は岡山になったはずなのに・・」と言っているとかいないとか。吉備の子供たちは、鬼の絵を描くときに角を描かないとも言ってました。彼らにとっては土地を発展させてくれた恩人だから。
これって、本当なのかしら?でも学校の先生だった人が言う事だしね。。本当に地方は面白い話の宝庫です。
by tania  at 19:15 |  おいしいもの |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

白い壁の町

倉敷の美観地区は古くから残る白壁の家々などが連なる、とても風情のあるエリアです。

モネやミレーの絵画もある大原美術館の向かいには、大きな大原邸があります。左が今もお住まいの住居で、右側は天皇陛下もお泊りになった事があるという、奥様の為の住居だったとか。緑色の瓦が眩しいです。
CIMG1493.jpg

倉敷川沿いには、雅なお店が。
CIMG1496.jpg

CIMG1491.jpg

CIMG1511.jpg

草、生えちゃってますよ
CIMG1507.jpg

続きを読む »

by tania  at 18:59 |  訪れた町 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

倉敷のおいしいもの

今年最初に訪れているのは岡山県の倉敷です。

倉敷は江戸幕府の直轄地「天領」だったそうで、クラシカルな雰囲気で魅力満載の美観地区が有名です。まだ観光はできてないので、まずはこれまでに食した、倉敷のおいしい物です。

岡山といえば、ままかり。
何でも、余りのおいしさに隣に‘まま(ごはん)’を借りに行くほど!らしいです。そうだろうか。本当に?
CIMG1483.jpg

CIMG1478.jpg

ばら寿司(ちらし寿司)
江戸時代、池田のお殿様が「質素倹約」を奨励し「食事は一汁一菜とする」とお触れを出したので、みんな知恵を働かせて「御飯の上に魚や野菜を乗せても一菜だ」といって酢飯の上にたんまりと海の幸、山の幸を盛り込んだのが、ばら寿司の由来らしいです。
CIMG1482.jpg

フルーツ大国、岡山。
地ビールの独歩(どっぽ)のマスカットビールです。
私はお酒に弱くて、軽いビアカクテルが大好きなので、かなり気に入りました。桃バージョンもあったから、飲んでみなきゃ。
CIMG1487.jpg

たこ飯も食べたんだけど、写真を撮り忘れました。
タコも獲れるらしい。地産地消(地元のものを地元で消化する)の給食メニューにもイイダコの煮物が入ってました。この地域ではハスも生産されてます。LOTUS。
CIMG1479.jpg

by tania  at 22:40 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Yoga Night

以前から地下鉄構内のポスターが気になっていたので、会社の同僚と東急オアシスのYoga nightに行ってきました。といっても、単に火曜にはヨガレッスンが沢山あるというだけみたいですけど。フィットネスクラブのヨガは久々だったのですが、今回は『パワーヨガ50分』コースを受講。

むわ~と暖かいスタジオの扉が開くと、一斉に女性陣がなだれ込みます。あっというまにそう狭くもないスタジオが埋まってしまいました。

しかし、スポーツクラブではヨガマットではなく、ストレッチ用のマットを使うところが多いと思うんですけど、あれってやりにくいですよね?
ふわふわしてて安定感がないので、バランスポーズで大地にしっかり踏ん張る、というのがとても難しく感じます。

内容は、パワー系なのでアシュタンガ的な要素も入りつつ、結構オリジナルな感じ。無理のないポーズ中心で、太陽礼拝や後半にトライアングル等のポーズが入ってきますが、50分間と短かったし、シャバーサナを行わなかったのでちょっと物足りなかったかなぁ。。でも初ヨガ体験の同僚は、すごくキツかったらしいから、こんなもんなのでしょうね。

因みに会社で私が異常にアピールしているせいか、会社の女子社員の中でもヨガを始める人が増えていて、15時に社内で体操代わりにヨガをやろうとか、夜に会社の会議室でヨガクラスを開こうとか、一部で勝手な話をしています。社員の体力増強、健康管理の為に、色々な会社で取り入れたらいいのにね!

ここから1050円の体験クーポンがゲットできますので、お近くの方は行ってみては?東急オアシス

熱帯雨林ヨガ?体験

年末に、渋谷のブルガに行ってきました。急に夜、3時間くらい時間を潰す必要ができてしまった時に、丁度キャンペーン中で体験レッスンが1000円というのと、ウェアレンタルがあるというので、急遽行ってみる事にしました。

渋谷の公園通り、デニーズの入っているビルにあるそこは、女性専用でとてもキレイなスタジオです。お金を払うと、タオルとオリジナルのミネラルウォーター(500m×2本)を渡してくれるので、お水を持ってく必要さえありません。便利。

スタジオが3つあり、初めてだったので場所が分からず他の部屋を開けてしまったりしましたが、さすがRain Forest Yoga、ドアを開けると温度38℃、湿度65%の熱帯雨林状態が広がっています。

今回のクラスは、これからパワー系のヨガを導入していくにあたってのトライアル要素があったらしく、普段よりもややレベルを上げた内容だったみたい。普段を知らない私には比較しようもありませんが、アシュタンガのスタンディングポーズに近い流れで行っていたので、前回LAVAで体験したのよりは、体を動かす量は数段多かったと思います。でも、やはりあのミストサウナ状態の中では、余り激しくはできませんね。きつかった。

ヨガ自体は悪くなかったのですが、何となく惜しいのがその他のファシリティです。更衣室はきれいなんだけど、ロッカー近辺には物を置くところが全然なくて、使い勝手が悪い。シャワーは個室ではなく、大浴場のようにズラ~とシャワーが並んでいるので、待ったりはしないのですが、ボディシャンプーすらないのです。これだけお洒落で高級感を醸し出しているのだから、どこかとタイアップして、最新のアメニティでも置いて欲しいものです。惜しい!

それにしても、何でBVLGAってネーミングにしようと思ったんだろう。微妙だと思いませんか・・?

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
新しい分野の仕事を始め、ヨガ留学もし、色々な意味で大きな転機になった2005年が過ぎ、あっという間に新しい年になってしまいました。

どうしてこんなに時が経つのが早いのでしょうか?世の中には諸説ありますが、年を取れば取るほど月日の経過が早くなるのなら、60代とかになったらどうなるのだろう?でもやる事がなくて、退屈な日々だったらきっと遅く感じるんだろうな。それはそれで切ないか・・

今年の後半がどういう生活になるのかよく判らないのだけど、実は先日、TTCを終えたスタジオから「ヨガ留学に来る日本人向けのイントラ兼通訳業務をしないか?」とのメールがあったんです。通訳と言っても、大したレベルは期待されていないと思うので、卒業生がいることで不安感を減らす、という感じの存在だと思うんですが、すごく楽しそうでしょ?タイミングが合うのであれば、是非やりたいと思ってます。

更にできたらインドにも行きたいし、マイレージでオーストラリア行きの航空券も取っちゃったし、今年も遊牧民生活を送るのかな~?
でもフリーで充実した仕事をしながら、時々アメリカで集中的にヨガ生活を送ったり、あちこち回れたら理想的!夢や希望は言葉に出したり、ビジュアライズしていれば叶うハズだから、そんな楽しい日々を思い描きながら充実した1年にしていきたいと思います。

今年も4月頃までは余裕のない生活が続くけど、環境が悪いとか疲れているとか言い訳せずに、短時間でも毎日ヨガを実行できる強い意志を持つぞ~。
段々何サイトなのか分からなくなりつつあるこのブログですが、昨年どおりマイペースで続けていきますので、お暇なときにでも覗いてくださいね。
今年も宜しくお願い致します。


by tania  at 00:26 |  日常生活 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「恐るべき讃岐うどん』実践ツアー

数年来の夢だった、香川県での‘讃岐うどん巡礼ツアー’がこんな形で実現するとは思ってもみませんでした。今回は、村上春樹の『辺境・近境』に載っていたうどん屋をメインにレンタカーでいざスタート!

記念すべき1軒目は、がもううどん。
畑の中にある小さな掘建て小屋のようなうどん屋ですが、人気店の為早朝から駐車場はほぼ満杯。地元のナンバーが多いですね。
CIMG1564.jpg

店内はセルフ式で8席しかなく、外で食べる人が多いです。
自分でつゆを入れますが、私はポットに入った‘冷’用の濃いだしを、麦茶と間違えてコップに注いじゃいました。無駄にしてすみません。。
CIMG1567.jpg

うどん小100円。天ぷら・おあげ各70円。回った中ではここが一番安かったかな?朝食抜きの体にあったかく染み込むだし汁がおいしい。さすが腰がありますねー。
CIMG1569.jpg

そのまま2軒目。なかむらうどん。
しかし、どこも分かり難い所にあるなぁ。表示や看板を大きく出さないのは、わざとなんだよねぇ?ここは中でうどんを打ってます。
CIMG1576.jpg

全てセルフ。大根も生姜も自分でおろしますよ。ネギが足りないと自分で刻むという噂のお店です。小150円。天ぷら100円。
CIMG1579.jpg

CIMG1574.jpg

段々お腹がいっぱいになって来ましたが、、次は山越。だだっ広い専用駐車場は満車。店には長蛇の列。相当儲かってるのか庭園?にベンチとテーブルがあるという破格のお店だったので「どうなの??」と思ってたんですが、やっぱりおいしかった。。特に発祥地?といわれてる釜玉は最高でした。
CIMG1582.jpg

CIMG1585.jpg

半熟卵の天ぷら!
CIMG1588.jpg

by tania  at 16:53 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「恐るべき讃岐うどん』実践ツアー

数年来の夢だった、香川県での‘讃岐うどん巡礼ツアー’がこんな形で実現するとは思ってもみませんでした。今回は、村上春樹の『辺境・近境』に載っていたうどん屋をメインにレンタカーでいざスタート!

記念すべき1軒目は、がもううどん。
畑の中にある小さな掘建て小屋のようなうどん屋ですが、人気店の為早朝から駐車場はほぼ満杯。地元のナンバーが多いですね。
CIMG1564.jpg

店内はセルフ式で8席しかなく、外で食べる人が多いです。
自分でつゆを入れますが、私はポットに入った‘冷’用の濃いだしを、麦茶と間違えてコップに注いじゃいました。無駄にしてすみません。。
CIMG1567.jpg

うどん小100円。天ぷら・おあげ各70円。回った中ではここが一番安かったかな?朝食抜きの体にあったかく染み込むだし汁がおいしい。さすが腰がありますねー。
CIMG1569.jpg

そのまま2軒目。なかむらうどん。
しかし、どこも分かり難い所にあるなぁ。表示や看板を大きく出さないのは、わざとなんだよねぇ?ここは中でうどんを打ってます。
CIMG1576.jpg

全てセルフ。大根も生姜も自分でおろしますよ。ネギが足りないと自分で刻むという噂のお店です。小150円。天ぷら100円。
CIMG1579.jpg

CIMG1574.jpg

段々お腹がいっぱいになって来ましたが、、次は山越。だだっ広い専用駐車場は満車。店には長蛇の列。相当儲かってるのか庭園?にベンチとテーブルがあるという破格のお店だったので「どうなの??」と思ってたんですが、やっぱりおいしかった。。特に発祥地?といわれてる釜玉は最高でした。
CIMG1582.jpg

CIMG1585.jpg

半熟卵の天ぷら!
CIMG1588.jpg

by tania  at 16:53 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。