スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

アイアンガーヨガ(Iyengar yoga)体験

トルコから来たAysuがIyengar yogaを体験しに行くというので、前から興味があったので一緒に行ってきました。
ダウンタウンからMuniという電車とバスを乗り継いで約40分。閑静な住宅街にあるスタジオでしたが、ちょっと寂しい雰囲気。先生は50歳位の坊主頭の女性。どうも仏教の尼僧らしく、日本のお寺にも縁が深いとか・・ しかしその出で立ちは正に体操服。白いシャツにブルマって所でした。しかもちゃんと裾はブルマに入れてます。正統派!

アイアンガーヨガは他のヨガをいくら経験していても、アイアンガーヨガを行った経験がないと完全に初心者として扱われるとの事でした。参加者は私達のほかは主にご近所の年配マダムがメインと言った所でしょうか。スタジオ内にはアイアンガー独特の数々の器具が置いてあります。ブロック(何故か木で出来てて重い)、壁にはロープ。何に使うか私にはまだ良くわからないその他の器具達(ホント、拷問かSMの道具かと思っちゃいます)。

アシュタンガとは微妙にポーズも違ったり、何よりウォームアップなども行わなかったので体が温まってなくて、部屋が寒い事もあり途中で上着を着ちゃった位です。ヨガをしていて寒くなったのは初めて。
アイアンガーはポーズの調整を最重要視しているので、一つ一つのポーズにじっくり時間をかけます。普段の早めのペースと違いじっくりじんわりポーズを取っていたので結構キツイ部分もありましたが、これはこれで良いと思いました。呼吸についても余り強く言われなかったし、これはアイアンガーだからなのか、この先生のやり方なのかが今ひとつ判らなかったけど、やっぱり違うものなんだなーと実感しました。又違うところでも体験してみたいな。

因みにYoga Sutraを書いたPatanjaliKrishnamacharyaに師事していたIyengar とPataji Joisがそれぞれアイアンガーヨガとアシュタンガヨガを確立してきたので、何となくAshtangaを行ってる私達は後ろめたい気もして、アイアンガーに行ってくるとは言えずに出てきました。
Aysuが写真を撮ってくれたので、彼女からもらえたらアップしますね。

アイアンガー

ブルマ-

スポンサーサイト
by tania  at 16:17 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC The last week!

いよいよ大詰めなので、実際に教える場合の注意点やエチケットなどのレクチャーも受けます。

1. レッスン開始前に言うべき事、確認する事
2. 日頃から自分自身の為に心がける事
3. 仕事として確立する為に心がける事
4. いいクラスを作り上げる為のアイデア   etc..

又今日は、妊婦に対しての対応を最近出産したばかりのKatieから教わりました。
最近は日本でもマタニティヨガが流行ったりしていますが、やはりアシュタンガは割と動きが激しいので、それまで全くヨガをしていなかった人には薦めないそうです。妊娠前までヨガを行っていた場合は、ポーズを変えて行います。実際レッスンに来る人の中で妊婦さんを数回見ました。8ヶ月位かな?かなり大きなお腹でした。

明日は最終テスト(と言っても質問の書かれたテストをもらい、自分で調べて記入して提出する形式です)とMy Teaching Philosophy の提出があります。その上、Mantraを一つ暗記して歌って見せなきゃいけないし、Teachingのテストも木/金に控えてるので、サンフランシスコの日々も残りわずかだというのに、スタジオから昨日と今日は一歩も出てません。スタジオに住むのはとっても楽チンだけど、やはり下界から隔絶されてて少々寂しい。。

今居るロフトはこんな感じです。ここに20才位のAJと一緒に住んでます。
CIMG0343.jpg

CIMG0342.jpg

CIMG0341.jpg

by tania  at 16:15 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC

最終週が始まりました。今後は基本的にずっと「教える練習」を行います。二人組みになって、お互いに1.ポーズをとりながら 2.口頭のみ 3.アジャストしながらの順で行いました。細かく丁寧に説明すれば良いのかというとそうでもなく、一定のテンポ(8-8tempo, 6-6tempo..)の中で言葉を選んで進めて行く必要があります。だけど、途中で単語を忘れちゃったり、変なことを言っちゃったりで、全然テンポ良くなんて進められない~!!

その後は、レッスン中に適した音楽について。スタジオにあるヨガミュージックは全部好きにコピーして良いとの事で、みんなでPCにダウンロードしまくってます。スローなのからアップテンポの物までかなり良いのが入ってるので楽しみです。

そういえば、日々精進のゲッコーさんからミュージックバトンとやらが回ってきました。私もつい先日他の人のブログでその存在を知ったばかりで、その翌日にまさか私の所に来るとはびっくりです。きっとすごい勢いで回ってるんだろうなぁ。これって、音楽会社とかの新手のマーケティング何でしょうか?しかし、ちょっと今は手一杯で答えができないかも・・落ち着いたら頑張りますが、私もブログ友達少ないので・・・

さて、テスト対策も含めてDrishtiの9つの視点をまとめてみます。

1. Nasagrai 鼻の先端のすぐ先。これは頻繁に使われ、
シッティング ポーズの初歩的な視点です。
2. Ajana Chakra 眉毛の間 
3. Nabi Chakra おへその真中
4. Hastagrai   手 
5. Padhayoragrai つま先 
6. Parsva Drishti 右方向の先 
7. Parsva Drishti 左方向の先
8. Angusta Ma Dyai 親指
9. Urdhva Drishti or Antara Drishiti 頭上(空)

by tania  at 14:51 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

年に一度のゲイの祭典! Gay Parade!


前にも少し書きましたが、この週末にゲイパレードがありました。昨日もCastroではレズビアンのパレードがあったらしく、知らなくて悔しい思いをしました。パレ-ドはかなりダイナミックで、延々と続きます。Civic centerでは、屋台がでたり色々な物をタダで配ってたり、すごい女装をした人たちがあちこちにいたりで、すっごい熱気でした。面白かったー。
写真をとりまくったので、その中でも特に面白いものをアップします。

警察やシェリフなんかの人たちも堂々とパレードに参加してます。
日本じゃありえないよね!?

* お詫び 現在ブログをアップしているPCは日本語が書けないので、別のPCでWordに文章を書いてから、それを貼り付けてます。その為コメントにはタイムリーにお返事できません。ごめんなさい。
CIMG0384.jpg

CIMG0372.jpg

CIMG0392.jpg

CIMG0409.jpg

CIMG0407.jpg

CIMG0405.jpg

by tania  at 14:47 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ネット販売

日本でヨガウェアを買うと「高いなぁー」と思いません?まあ、ユニクロとかその辺で安く売ってるのでも全然問題ないんですけど、段々枚数も増やしたいしfitする物が欲しくなるのも事実。
日本って、その中間にあたる物が少ないと思いませんか?
その点、やっぱりアメリカはスポーツ大国?だけあって、スポーツ用品は安いですよねー。特に最近何枚か買ったOLD NAVYのヨガパンツは安くて丈夫でとても重宝してます。

昨夜Subletの持ち主のHさんが帰ってきたので、ネット販売でもしてみようか、とちょっと真剣に話し合ってみました。
ただ問題は価格設定。送料やら為替やら色々考えると一体いくらで売ればいいのか。
↓ 例えばOLD NAVYのパンツ、幾らなら欲しい?まあ、写真じゃ分かりにくいけどね。
CIMG0263.jpg

ナイキのTankは?
CIMG0054.jpg

アバクロのパンツは?
CIMG0169.jpg


まあ、それは置いといて、家主様が帰っていらしたので、私は今日からスタジオ上のロフトに引越しです。
PC環境が変わるので、アップできない場合は後日まとめていたします。
by tania  at 04:12 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 17.18日目

この2日間は、残りのシッティングポーズの詳細についてのレクチャーと、円になって一人が口頭でインストラクションをし、次の人がポーズを取っていくという事を行ないました。お互いに「こういう風に言ったらもっといいよ」とかを言い合うんだけど、本当にこっちの人はほめ上手だよねー。しかし、私は、Supta PadangushtasanaABC(仰向きに寝て、片足をあげる→横に倒す→戻す)に急遽当たってしまい、なんだか知らないけどボロボロでした。かなり自己嫌悪・・・
もう3週目も終わるというのに、これじゃあねぇ。。

その後は自分の夢を達成する為の5stepの考え方の話。
以下を考えて、みんなで発表します。

1.自分の夢のマニフェスト
2.その夢に対するコミットメント
3.その為に、何をどうするか(具体的に)
4.最終的なゴールは何か
5.その過程でどんな事が起こりえるか

この辺は自己啓発のセミナーみたいだよね。夢や目標を紙に書いて枕の下に入れておく、みたいな。
でも夢や希望や目標を具体的にビジュアル化することの効果はかなり実証されてる所だから、間違いないよね。
そういえば昔、理想のパートナーの条件を箇条書きにして財布に入れて持ち歩くと、ぴったりの人が現れるって話があってみんなで必死に書いたなあ。。

更に、実際にヨガを仕事にする為のアイデアをもらいました。
・どんな形で始めるか
・どんな資料を使えばいいか
・価格設定はどうするか 等々
実際に仕事にしようとしている人々には結構参考になるんじゃないかな。まあ、アメリカの話だから外国人には必ずしもマッチしない所もあったけど。
でも、結構いいと思ったのは、今回もらった冊子や配布物などを全てコピーしたり翻訳してどんどん使っていいって事。著作権の事とか言われるのかと思ったんだけど。
もっとビジネスライクなのかと思ったけど、そうでもなかった。えらいぞ!

夜にはCynthia宅でpartyがあったんだけど、行く途中の車の中でず~とマントラをリピートしてみんなで歌ってました。来週のテストで歌わなきゃならないので。しかし覚えにくいんだよねー。
これ、他の人が聞いてたら相当怪しい集団だろうな。。

CIMG0306.jpg

by tania  at 17:06 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Tattoo!!!

初めて夜遊びしてきました!
ダウンタウンにあるBlue cubeというクラブ(というかイベントスペースみたいな所)でインド音楽とDJ,ダンサーが入ってのインド系クラブナイト?です。
暗い中、インド音楽の生演奏が幻想的に響き、みんな踊り狂ってました。こういうノリの所は初めてだったのですが、すごく楽しかった!日本でもあるんだろうなー。きっと。どなたかご存知ですか?

今回は、ズバリTattoo特集。
仲間達のを一つ残らず取ってきました。
結構笑えるのもあるよー。

1.まだまだ可愛い。
CIMG0285.jpg

CIMG0283.jpg

CIMG0284.jpg

CIMG0282.jpg


2.それって、どうなの!?
CIMG0280.jpg

Dianeの肩です。拡大してみると。
CIMG0281.jpg

「意味知ってる?」って聞いたら「Healthでしょ!?」って言われちゃった。。まあ間違っちゃいないが、どうなの?

3.結構イイかも。
CIMG0291.jpg

CIMG0290.jpg


4.ご立派!!
以下は全てイギリスから来たSharonの物です。
さすがヨーロピアン、いつも可愛い格好してます。
CIMG0278.jpg

CIMG0279.jpg

CIMG0286.jpg

CIMG0287.jpg

そして、いつもパンツで見えてなかったけど、ずり下げて腿を見せてくれました。
CIMG0288.jpg


5.謎・・
それ、消してる所?って聞いたら「これがTattooなんだ!」って怒られた。白っぽく何本も線が入ってて、一体どういうTattooだ??
CIMG0289.jpg

by tania  at 02:41 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 16日目&Rocket!

今日は初めてアシスタントをする日でした。19時半からのクラスにアサインしたので、朝8時から21時まで約13時間スタジオに居たことになります。長い・・

19時半のクラスは参加者が7人で、これまで見た中で一番少人数。日本なら仕事帰りの人々でかなり混む時間だよね。多分彼らには遅すぎるんだと思うんだけど、一体職場から何時に帰宅してるんだろう?
もう一人、毒舌(&卑猥話がお得意の)Sofiaと一緒にアジャストしたのですが、やっぱり練習のようには行きませんでした。まず根本的な問題として、私たちが習ってきた内容外が含まれるクラスだったので、初めてのポーズとかもあって、どうしていいんだかって感じでした。しかも7人対こちらは3人で、下手すると四六時中アジャストされる事になっちゃうから、やり過ぎにならないように、途中からはほとんどデモンストレーションのみをやってました。でも、ウォーミングアップもしてないし(しとけって?)直前にみんなで中華を食べに行っちゃってたしで(行くなって?)全然デモンストレートをする用意ができてなかったので、かなり不出来でした。。しかも、まだ出来てないポーズ見せられても参考にならないしねぇ・・ やっぱり本番は中々厳しいだろうなと思いました。

更に、一人の女性にDownward dogの時に、「もっと指を広げて」と言って指を手で広げようとしたのに、抵抗?なのか全然やってくれなかったから、干渉されたくないのかと思ってその後の対応に困っちゃいました。そこの所を見極めるのは難しいよね~。

 今日の講義では、TTC終了後にどういうサイクルで練習をしたらいいか等の話がありました。週に2回はRocketを行なう事で、柔軟性だけでなく筋力がつくとの事なんだけど、帰ってから一人で地道に練習できるだろうか・・?結局は環境なんだよねぇ・・

因みにRocketは75分に65-70位のポーズを次から次へと進めていくプログラムで、逆立ち肘立ち等のアームバランスが沢山入っているので、柔軟性に乏しい男性でも十分充実感が味わえるはず。でも私はまだ出来ないポーズが結構あるので、すごく悔しいです。帰ってからの課題だなー。

Rocketの目玉はこんな感じ。
CIMG0119.jpg

CIMG0122.jpg

CIMG0111.jpg

CIMG0100.jpg

来年にでもLarryが日本でRocketのWorkshopをやりたいらしいから、興味のある方は是非!
by tania  at 15:19 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 15日目

今日は8時のクラスの後に何人かで、一連の流れを順に口に出していいながらポーズを取る練習をしました。
CIMG0273.jpg

本当、みんな練習熱心だし親切な人達です。
大人になってから仕事以外で、毎日長時間一緒になって何かをする事ってなかったから、すごく新鮮だし楽しい!

午後はSitting Posesの詳細について。特に各ポーズが取れない初心者にはどのようにポーズを変化させるかを掘り下げます。
それにしても、本当に人の体は様々ですよね。何でそれが出来て、これが出来ないの?って事ばかりです。私は以前できていた足を開いての前屈系が以前は前についたのに、全然できなくなってしまいました。多分、足(特に太もも)の筋肉を急激に使って張っているせいだと思うんだけど。。
その状況がすごくストレスフルだったんだけど、テキストにこんな一説が。
"If your body is changing, accept it and change your practice"
確かにね。そうします。

その後、今日は念願の?Neti(塩水を鼻から入れる奴)をやるらしかったんだけど、馬鹿な私は今朝鍵を部屋に入れたまま外に出ちゃって入れなくなっちゃって、空けてもらう為に帰らなきゃいけなかったので、断念。(家主様ごめんなさい。やっぱりやっちゃいました・・お詫びは後日改めて・・)
Netiは明朝やってくれるって言ってたから、結果報告しますね。

今回は可愛い2人のご紹介
スタジオマネージャー?件先生のMarieと生徒のMaria
Mariaの両親はバタフライハウスを経営していて、彼女もそこで蝶々の世話とか、見学者のガイドとかをしているそうです。アメリカ人らしからぬ(失礼!)物静かで優しい子です。しかし両親も急に思い立って世界中の蝶を集めて開業したって言うんだからスゴイよね。
手に持ってるのは、子供用Tシャツです。可愛いでしょ?
CIMG0267.jpg

CIMG0268.jpg

さすが自由な西海岸。朝スタジオに行ったらいきなり犬がロビー内にいてびっくり!
CIMG0155.jpg

子供もいたり。。
CIMG0269.jpg

by tania  at 16:59 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 12-14日目

2週目も終わり、そろそろ実践的な内容になってきてます。
後半の2週間では、ビギナー向けのクラスにアシスタントとして入り、アーサナのアジャストをする事になっています。
これが結構タイミングが難しいし、きちんとツボを抑えていないと「何余計な事してるの!?」と思われかねませんから、気を使います。中には触られたくない人もいるので、相手の反応をうかがう必要もあります。

実際私がアジャストを受けて、ちょっと困った事。
1.手が冷たい
たまにいますよね。末端冷え性?氷の様な手で肩を押されてゾクっとしちゃいました。
2.毛がモジャモジャ
男性で短パンをはいてて、毛深い足が肌にあたって超不快でした。長ズボンをはいてよ~!
3.手が汗でべっとり
手のひらに汗をかく人。余りにベタベタだと困り物ですよね。
4.何かずれてる人
慣れてないんでしょうね。でも私も成りかねない。

基本的な注意点としては、手の力で押さずに体重をかけて、その重みを利用すること、無理をさせない事です。
特に最後のシャバアーサナ(死体のポーズ)で見当違いな事をしてしまうと、全てが台無しになってしまうので要注意ですね。首を持ち上げる時は特に気をつけるように、との事でした。

今日は哲学の講義がありました。
ヨガを追求していくと、やはり宗教的な事が関わってくるので、ここを掘り下げ始めると際限がなくなりますよね。中にはすっごく勉強している人達がいて、関心させられました。でもキリスト教の国で、東洋思想に傾倒している彼らはやはりちょっと変わり者なのかしら??

先生が一つの例を見せてくれました。
水の入った透明な器に白いハート型のクリスタルを入れます。クリスタルは私たちのスピリットを表し、水はそれを取り囲む自分自身の感情や環境を表しています。

透明な水の中にあるクリスタルハートは、はっきり見る事ができます。そこに薄いオレンジ(喜びの気持ち)の液体を入れます。まだ見えます。更に緑(嫉妬)青(悲しみ)赤(怒り)等の色を足していくと、水は真っ黒になります。
これが、ほとんどの人の心の中。真っ黒で、中にあるスピリットを見ることはできません。逆に言うと、私たちの奥深くにあるスピリットは、この暗い世界を通して外部を見ていると言う事ですね。濁った水をキレイにしないと!

その後、全員で円になり瞑想をしました。私は本当に邪念が多いので、常に頭で色んなことを考えてしまってます。ヨガの最中にもそうだったりするので、正直向いてないんじゃないか、とも思ってます。でも、今日の瞑想中にそれらの考えを取り除く事に成功しました。色んな気がかりな事、頭から離れないことが毛糸の玉のようになってて(黒やグレーや少し青が入った毛糸玉)それを頭から思いっきり押し出すイメージ。例えると、ニキビを指で押し出した感じのグレードアップバージョン?(例えが汚いって。)本当に、ロケットを打ち上げた様に頭の中からドビューンとそれが飛び出して行って、その後は物凄く爽快な気分になりました。澄み切ってる感じ。

そして、、キラキラ光る骨組みで出来たチューブの様な空洞をすごい勢いでジェットコースターの様に走り抜ける感覚。これは私の脊柱の内部?
こんなのは初めての体験です。

これ書くと、「ヤバイ、本当にそろそろイッちゃってるよ」という声が聞こえそうなので書くのを躊躇したんだけど、我ながら感動したので、書いちゃいました。もしそういう経験のある人がいたら、是非共有させてください。
しかし確かにこの辺がヨガの真髄であり、ちょっとスレスレの所なんだよね~。

by tania  at 15:52 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑

初のお休み!

この土曜は初めて、丸一日お休みでした。
ほんと、お休みっていいよねー。

2週目も終わり、最初の頃は自分のことで精一杯だったみんなが、段々仲良くなってきて、とても雰囲気が良くなってきました。
外国人ばかり7人でご飯を食べたんだけど、前に書いたメキシコ人のSofiaが最高に面白いの!超毒舌でゴシップ好きで。
「あの2人は出来てるんだよ!」「○○はゲイに違いない!」とか下世話な話ばかりで盛り上がりました。
彼女に掛かったらラリーもバッサリ斬られてて、曰く
「彼は私達をBrain Washしている!」(各国に支店を作りたいらしくて、その話をよくしてるから)
うーん。確かにちょっとそうかも、と思わないでもない。
あくまで趣味の延長で来た私でも、何となくそんな気にさせられてるし。。
もし私が変な方向に暴走し始めてる気がしたら、良識ある皆さんが止めてくださいね。
「ちょっと変な方向に入り込んでるよ!」と。

まあでも、ポジティブシンキングとかも一種の洗脳だし、何事にも集中せず・傾倒せず・常に客観的な私なので、あーだこーだ考えずに多少は何かに入り込むのはいいのかも。

さて、話は変わって念願の観光をしてきました。
Nobhillという高級住宅街をひたすら歩いていたら、素敵なお店がいっぱいありました。
CIMG0232.jpg

CIMG0233.jpg

ディスプレーも可愛くて。
CIMG0235.jpg

ちょっとガラスが反射しちゃってるけど、これ何で出来た花か分かる?ビーサンなの。素敵じゃない?
CIMG0243.jpg

なぜか、クラシックな消防車に遭遇。カッコイー。
CIMG0240.jpg

念願のロンバードストリート。
蛇の様にくねくねした坂道にアジサイが沢山咲いてます。
CIMG0249.jpg

そして、やっと来れた。ゴールデンゲートブリッジ!!
CIMG0252.jpg

一応ポーズを取ってみる。
因みにここは風が強く、かなり寒い。
人目を気にしてポーズ取るのもかなり寒い。。
あまり美しくないのはその為とご理解下さい。。
CIMG0260.jpg

by tania  at 17:20 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

多様な人々

サンフランシスコには本当に色々な人々がいます。人種的にも白人、黒人、アジア系、様々ですがそれ以外では

1.おしゃれな人々 
やっぱり都会なので、格好いい人、可愛い人も多いです。ヨガ仲間にも可愛い子が結構いて、ついついじぃ~と見ちゃった事も何度もあります。(しかもスタイルが又いいんだよね)

2.ゲイな人々
SFはゲイの人が多くて有名です。Castroというエリアがあって、そこには基本的にゲイの人達が住むそうです。
(下手をしたらCastroにSubletを借りる所だった。危ない危ない)
因みに来週末にはゲイパレードがあるらしいので、すっごく楽しみです。裸でパレードしたりするらしいから、写真取ろうっと!
アップできるのかな?やはりまずいのかな??

3.レゲエな人々
ホームレスの人、ギリギリの人、中心部にはそこら中にいます。映画で見た美しい街を期待していたので、その数の多さには最初は結構びっくりしました。ダウンタウンには1ブロックに2-3人はホームレスがいますし、密度が濃い所だと10人位いたりします。彼らは時折「お金頂戴」とか「何か買って」とか言う位で基本的には無害なんだけど、たまに攻撃的な人達もいるらしいので、要注意。特にアメリカでは1本通りを入るだけでガラっと雰囲気が変わるので、知らずに変なエリアに入り込まないように注意しないといけません。
でも何でこんなに多いんでしょうね?寒いといってもそこまでじゃないし、ダウンタウンのごみ箱には食べ物が溢れてるから?

しかし、車椅子のホームレスとかも結構見るけど、彼らはどうやって生活してるんだ??

直接撮るのは怖いので、バスの中から撮ってみました。
ちょっと分かりづらいかも。
CIMG0197.jpg

CIMG0198.jpg

by tania  at 16:55 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

現実逃避

やる事がいっぱいあります。
宿題は終わったけど、テスト勉強はまだ完全じゃないし。
時間があるなら月曜提出の宿題にも取り掛かりたいし。
何より来週以降のクラスの為に、アーサナの流れを覚えて、全てのインストラクションを英語で言えるようにして、バンダと9つの視点(Drishiti)を覚えて、アジャストができるようにしないといけないんです!

でもさーテスト前って“今やらなくてもいいのに!”って事をやっちゃったりしません?部屋の掃除とか。昔の雑誌を読んじゃうとか。現実逃避。

今の私にはブログを書くのが現実逃避なの。
だって他にする事ないんだもん。ヨガの勉強以外。淋しい・・

あ、でも実はsubletの持ち主の漫画を読んだりもしてる。
「ゴルゴ13」
いやーすごいよねー。ゴルゴ。何がすごいって、内容がいつも時事ネタで、政治や経済に及んでる所。一体書く前にどれだけリサーチしてるんだろう?
しかも知ってた?ゴルゴ13は推定年齢25-32歳!
25歳であの渋さは出ないよね~?顔だけ見たって、個人的にはどう考えても32歳-42歳位だと思うんだけどなぁ。
皆さんどう思います?

ところで、ブログの口調が女の子っぽい(=あなたらしくない)と先日友人に言われました。それ以降、どういう口調で書いていいのかやや戸惑い気味です。
O崎勤務のMさん、最近のはどうですか?

by tania  at 15:53 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 11日目

月曜に宿題を出してから余裕をかましていたら、今日になって明日のテストの存在を知りました。(書いてあったのに見てなかった・・)残りのアーサナを全部覚えなきゃいけない。一晩で。
そうと分かってたら、少しずつ覚えたのに。。
おまけに、明日金曜の宿題は大体終わったので、土曜に遊びの予定を入れてたんだけど、月曜にまた山程の宿題提出があるらしい。ああ、また折角の週末が~!!
それもこれも、直前の事しか見えてないからよね。。反省。

今日もアジャストの仕方を勉強。
だけどこれは本当に難しい。正しいポーズを理解してなければいけないのはもちろんだけど、はっきり言って正解はないし。人によって骨格も経験も傾向も違うわけだから、それぞれの状況にあったアジャストをしないといけない訳です。
私も最初は「柔らかければいい。ここに手がつけばいい。」って感じで思ってたんだけど、違うんですよね。ぴったり前屈できても、それによって背中が丸まっているのであれば、背筋がまっすぐに伸びる位置まで手前に戻ってポーズを取らなければならないんですね。私はどうしても背中が丸くなりやすいので、しょっちゅう「肩甲骨(同士)を引き寄せなさい」と言われてます。
これ、初心者には特に多い傾向です。肩を落とし、胸を開き、背中がフラットになってるべきなんです。

今日もYarivが言うには、「Things change!」
今日はこれが良くても明日は違うかも知れないし、この人にはOKでも他の人にはNGかも知れないし。どんどん変わっていくものだから、状況に合わせなさいって事。
でもそれが難しいのよね。やはり経験を増やすしかないかー。

今日はTTCの卒業生で、ユタ州にヨガスタジオをオープンさせた女の子2人が来ていて、みんなで話を聞きました。その地域では初のヨガスタジオで、最初は家賃が月4000ドルだったのを(ユタでそんなにするの!?とちょっとびっくり。)2000ドルにしてもらって、それでも生徒が集まらなくて払えなかったので、大家さんにとことん「それでも私達はここでやりたいの!」と訴えたら、何と1年間タダで貸してくれる事になったとか。「ホントに~?」と疑いたくもなっちゃうけど、何かそういうことさえ起きそうな雰囲気を醸し出してるんですよね。彼女らも。ここにいる人々も。

TTCが始まったばかりの時は、たまに「ラリーってエセなんじゃないの?」とか疑ったりしちゃった事もあったんだけど(ごめんなさい。疑い深くて。)なんと言うか、ファシリテーターとしての能力がすごく高いんだな、って思いました。パーフェクトなポーズを取れるからって、上手に教えられるわけじゃないし。名選手が名監督とは限らないのと同じで。(別に彼が名選手じゃないって言ってる訳ぢゃあないですよ)

なんと言うか、モチベーションを高めるのがうまくて、みんなを前向きにさせる。出来ないことも可能にさせるような感じ。ヨガを教るのと同時に人生のコーチングもしてるみたい。「ここでのTTCが終わってからこそが、本当のティーチャートレーニングだ。まだみんなは始めてもいないんだよ!ここを去ったあとのマニフェストを考えてごらん!」だって。うーん。本当に、帰ったらどうしよう??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この写真は脱北仲間のKさんに捧げてます
やっぱり背中が丸いかなぁ・・
CIMG0189.jpg

by tania  at 13:42 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 10日目

1つのポーズを仲間にあちこち押されたり引っ張ったり修正されながら5-10分位とってたんだけど、すっごいハードでした。
前に受けたプライベートレッスンもそうだったんだけど、やはりどれだけ集中するかで感じ方も体の負担も全然違いますね。
全員で流す60分のクラスと、さっきの10分間とは同じ位の疲労度だと思います。
やはり、アーサナは一つ一つがすごく深く果てしない物なのね。
もしこれを見てくれている人の中で、ヨガをDVDとかでしか行ったことのない人がもしいたら、絶対一度スタジオなりで直接指導を受けることをお奨めします。多分“普段やってるのとは全然別物。今までのはなんだったんだ!”と思う人もいると思う。

今日のレクチャーはDr.GormanによるAnatomy(解剖学)でした。
これ難しいので、帰ってから勉強してアップしますね。
今はムリ。

さて、愉快な仲間達もこれで4人目?
彼女はLondonでマッサージとヨガを行っているイギリス人。
すっごいスタイル良くて、マイケルジャクソンみたい。(ジャネットよりマイケルな気がする・・)高崎にいた事があって、ちょっと日本語がわかります。今日は日本のオヤジネタで盛り上がりました。「オッパイオッキイ」とか言ってたから(自分のこと)オヤジ達に言われてたんだろうな・・
CIMG0177.jpg

CIMG0176.jpg

by tania  at 13:54 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 9日目

この所だいぶ朝夕も暖かくなってきました。でも上着は必須ですけどね。
因みに、サンフランシスコでは夏でも海に入れないって知ってました?西海岸は寒流で、水温がすごく低いんですって!

9日目の昨日は、Yavisというスキンヘッドのゲイの先生(すっごく話し方が優しくてゆっくりで、教え方がうまいから私は大好き)から指導する立場の話を聞きました。彼が第一に考えているのは「安全」。ヨガは、ゆったりした動きで怪我なんてしないと思う人がいるかも知れませんが、誤ったやり方をしたりやり過ぎると体を痛めます。例えば、upward dogの時にきちんと肘を内側に入れていないと、肩を痛めるんだそうです。hyper extention(伸びすぎ・曲がりすぎ)の場合もそうです。因みに猿腕もその一つですが、元々すっごく体が柔らかい人・部分ってありますよね。その場合はhyper extentionかも知れません。

ここでSofiaのご紹介。彼女はメキシコから来ていて、“陽気なラテン系”にそぐわぬ短気でシリアスな女性です。
いや、いい人なんだけどさ。。
CIMG0181.jpg

彼女はすっごく体が柔らかくていいなー!と思ってたんだけど、やはりこのままだと腰を痛めるそうです。もっと手前で止めておくように!と言われていました。

他に彼の言葉ですごく参考になったのは、

「指導者の自己満足でパーフェクトなポーズを取らせようとしていないか?」「生徒の体をリスペクトすること!」と言うことです。

これって、ありがちじゃないですか?教えるほうもキレイなポーズを取らせてあげたいし、生徒にしても「このポーズをキレイに取りたい!」との一身で結構必死になっちゃうし。。。
今の私がまさにそうかも知れないなーと思いました。時間がないから今の自分のできる範囲以上のことをしようとして、体を酷使してるのかも。何せ先日からあちこち痛くって。。 多分、運動量が急激に増えたから、体がそれに付いて行ってないんだと思う。やはり自己管理をしないといけませんねー。そして指導側はそれを見極めないと。

後は、足を開く時の足の位置について。
Virabhadrasana(warrior pose)の様にお尻を前に向ける時は、マットの中心線(今ではみんなのマットには線が引かれてます)の左右に足を置く。Trikonasana(triangle pose)の様に体を開くときは両方の踵が一直線に来るようにする。しかしビギナーには後ろ足をもう少し内側に持ってきた方が楽、とか。これは時間ができたらイラストにでもしたいと思います。

次にDrishti(視点)
座って前屈する際に、視点を
手の親指→頭上→前→足の親指→第三の目→鼻→おへそ・・
というように変化させて行き、どこがストレッチされているかを感じます。これは結構盲点でした。
Drishti creates the stretch!  Keep your drishti alive!

CIMG0180.jpg

by tania  at 13:03 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (6)  |  trackback (1)  |  page top ↑

食生活

今朝は起きられなかった。。
ので、その時間を利用してブログを書く。夜はこっちに来てからやっと2度目の外食予定なので、時間がないかもしれないし。。
合理的。

ティーチャートレーニング中に困るのが、食事のタイミング。
何せ、ヨガの2時間前迄と1時間後は食事をしないのが基本。と言うことは今のように朝と昼のクラスに出るとなると、
 8:00amのレッスン→6:00~10:00 食事不可
 12:00のレッスン→10:00~14:00 食事不可
ね、食事できないでしょ?
大体13:00-16:00はレクチャーで休憩はせいぜい15分だし。
その上16:30のクラスの事まで考えたら!

もちろんヨガの後はお腹が空くし、持たないから合間を見てみんな色んなものを食べるわけです。果物・ナッツ・パン・サラダ・マフィンetc. スタジオの近くにはオーガニックフードの殿堂、WHOLE FOODSがあり、そこで買い物をする事が多いですね。

Whole Foodsはオーガニックの野菜や肉・Deliから自然素材の化粧品まで幅広く扱う高級スーパーです。日本で言うと紀ノ国屋?(ちょっと違うか?。。)ディスプレイも美しく、品揃えも良いけど、高い。もちろん安いものもあるし、お肉などは質をかんがえると安いと思うけど。
まあ、ここはヘルシー思考の人達が来る店なので、基本的には富裕層向けなので当然なんですけどね。アメリカ中にあるんだと思うけど、どの程度のレベル以上の都市にあるのかなぁ?
アメリカ在住の方、教えて下さい。(DC付近にお住まいのTさん、いかが?)
CIMG0160.jpg

一番下の段、サラダ用のレタスがドサーとケースに入ってて、上に引っかかってるトングで好きなだけ取る。衛生面は大丈夫か?
CIMG0162.jpg

CIMG0159.jpg

各種シリアル、米、パスタ、粉、ナッツ、ドライフルーツなどはこんなケースに入ってて、量り売りされてます。
CIMG0156.jpg

因みに、昨日買ったもの達。ね、全部オーガニックって書いてあるでしょ?
うぅっ微妙に読めないか・・
CIMG0167.jpg

by tania  at 02:37 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 8日目

段々日にちの感覚がなくなってきました。
明けても暮れてもヨガだからなぁ。。

既に2週目に入りましたが、進歩してるんだか良く判りません。
今日は特に体が硬く、以前はできてたポーズもできなかったりで納得行かない感じです。日によって体が異なるのは仕方ないんですけどね。。

今日の昼のビギナークラスは、受講生の一人が早速先生代行で行いました。彼女はロンドンで既にヨガを教えてる人なので、さすがに落ち着いてます。それでも焦って間違えたりしてるので、私なんかには到底できなそうでドキドキ
因みに終了までに、1度はレッスンをする事になっています。。

レクチャーでは、改めてバンダの練習。アップワードドッグに移る時にあごを下にした場合、上にした場合でUddiyana Bandhaの感じ方を確認したり、他のバンダも座って、寝て、その違いを体感します。その後は耳栓を渡されて、音を遮断した状態で歩き回り、スーリヤナマスカラをし、自分の呼吸や音を理解します。
私は特に、ジャンプした時に音を大きく立ててしまうので、これはとても勉強になりました。これからは普段も爪先立ちで歩きます(嘘)

さて、この辺で今回の受講仲間のご紹介です。
前に書いたように、あらゆる所から集まった20人ですが、その内の3人は既にヨガを教えている人達です。(かと言って、そのレベルもマチマチなんですね、これが)そしてそのほとんどが、マッサージセラピーも仕事にしています。他にもそっち方面を目指す人が多いみたいですね。私は「ヨガを行うことでマッサージが不要になる」と思ってたんですが。この辺はセットで仕事にしてる人が多いみたい。
ヨガのレベルも、バラバラです。
コンテンポラリーダンサーのTARAは脅威の柔軟性の持ち主です。
(まあ、こんな人達が結構ウジャウジャいるんですけど)
そして常に笑顔!
CIMG0089.jpg


以前も書いたもう一人日本から来ている彼女は、来月から早速ヨガを教える事が決定し、時間があると常に練習しています。
エアロビのインストラクターをしていた体育会系とはいえ、ヘッドスタンドを初めて見て、その場で出来ちゃうんだから立つ瀬がないですよね。。超文化系の私としては唖然とする一方です。
すごく熱心で、常に笑顔で、英語もそんなに得意じゃないのに屈託なくみんなに話しかける彼女は全員のマスコット的存在です。このヒマワリの様な笑顔は場を和ませるに十分!
でも中身は結構個性的で、「東京にいたら絶対友達になってないよねー」と2人で納得しあってます。
CIMG0144.jpg


by tania  at 16:05 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (7)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お出かけ日和

家とスタジオの往復にも飽きたし、勉強がてら息抜きをしようと思い、朝のレッスンの後に公園に向かいました。
途中、バスを間違えてHeightという元々はヒッピー達が多くいた所で、今も若者向けのお店があるというエリアに紛れ込んでしまいました。ここは、サンフランシスコらしくビクトリア調の建物が立ち並ぶ所で、お店もちょっとエスニックだったり、個性的な感じです。

ラッキーなことに今日は年に一度?のお祭りらしく、通り沿いにばぁーと屋台や出店が立ち並び、バンドの生演奏が行われてました。ものすごい人出で、ちょっと麻布十番祭りを髣髴させました。
CIMG0143.jpg

CIMG0148.jpg

ここに小さく写ってる女の子、なぜか首に生きた蛇を巻いてるんです。見えるかなぁ?
CIMG0149.jpg


その後念願のGolden Gate Parkで宿題をやりつつ、ついつい昼寝をしちゃいました。アフリカの太鼓か、すごく心地よいリズムが辺り一面に響いてて、すごく気持ち良かったんで。。
今日はいい天気でとても暖かく、芝生の上ではみんなが好き勝手な事をしてるんで、私達もヨガのポーズを取ったりして。
他人が何しててもほとんど気に留めてないから、周囲の目を気にする私でも心置きなく出来ました

しかし帰りは道に迷い、バスルートを探しながら延々歩く事に・・ 大体、バス停もわかりづらいんですよね。ちゃんとしてるもあるけど、中にはこんなアバウトなバス停も。

電柱の一部を黄色く塗っただけ
CIMG0082.jpg

地面にバスストップって書いてあるだけ
(判りにくいので拡大バージョン)
CIMG0063.jpg

こんなんで分かるかっつーの!
しかも散々一方通行の道の左側を探してから「あ、ドアは右側だから道の右側を探さなきゃいけないんだ」って事に気づきました。
by tania  at 14:51 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 7日目

アシュタンガヨガでは、一週間は日曜に始まり週6日はヨガを行ない土曜は休息日らしいです。なので、本来は土曜は唯一のお休みなのですが、今日はChrisのArm Balanceのワークショップがあった為、休み返上になりました。

主に逆立ちやリフトアップ系のアーサナを集中して行ったんですけど、やはり千里の道も一歩から、飛躍的に向上することはないんですよねぇ。。 逆立ちでバランスを取れる日はいつになったら来るんでしょうか?逆立ちなんて別に出来なくてもいいんだけど、やっぱり悔しい!結構多くの人がヘッドスタンディング成功に意欲を燃やすように、進歩や達成が目に見えるものは夢中になりやすいよね。ヨガの楽しさの一つは、そういう所にあるんだろうなぁ。次第に柔らかくなっていく体を目の当たりにするとか。

今日のもう一つ今回の目玉は、Chris曰く“ウリヤナバンダwithクンバカ”テキストには“Nauli Kriyas"となっている、おなかをみぞおちの所からググッーと内側に引き寄せる奴です。ポコッとそこだけ凹んじゃうんですよね。
やり方を簡単に書くと、

足を広げて立って、ひざを曲げる。
手をふとももに置き、深く息を鼻から吸って、口から素早く吐く。(舌を外に出してやってました)ウディヤナバンダを使いながら、胃の辺りを内側に吸い込む。そのままキープ。おなかをリリースし、頭を上げ立ち上がって息を吸う。

毎日10分ずつ練習するといいそうです。道のりは長い。

しかしこっちに来てからお酒の一滴も飲んでない月曜提出の宿題が終わったら、少しは羽目を外せるでしょうか??
CIMG0131.jpg

CIMG0133.jpg

by tania  at 16:41 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 6日目

今日は朝8時のレッスンの後、セミプライベートレッスンを受けました。前に書いたように、ここにはTTC取得中/取得済みの人達が沢山いて、空いている時間に個人的に教えてくれるです。(もちろん無料)
私は3人で、すばらしく美しいChelsea Diamond(名前迄美しいわ!)にレッスンをお願いしました。彼女はバレリーナという事もあり、全てのポーズが芸術的と言える位キレイなんです。

約1時間半、あらゆるポーズを直してもらってたんですが、自分も足の先、指先まで全神経を集中させて行うせいかグループレッスンの数倍キツかった・・ でもバランス系のポーズも教えてもらったし、savasanaの修正の仕方もとても参考になりました。「あなた達を教えさせてくれてありがとう!」って笑ってくれる素敵な人でした。キレイな顔が写ってなくて残念!
明日からミネソタに戻ってヨガを教えるそうです。
CIMG0128.jpg

Thank you Chelsea! Your lesson was awesome!
And you are so wonderful!!


レクチャータイムはチャクラについて。
最初に各自がイメージする恐怖や愛、直感の体の色を塗って、それをグループでシェアします。それぞれ色んなイメージがあって見ていても面白い。大体みんな愛はピンク系で全身なのね。
7つそれぞれのチャクラの持つ色や感情、高める為のアーサナを習います。
しかし、チャクラって謎。帰ったらゆっくり勉強します。

「世の中には開いている人といない人がいる by木村拓也」
ごめんなさい。まだ開いてません・・
CIMG0129.jpg

by tania  at 19:37 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 5日目

また書いてる途中で中身がどっか行っちゃった。。
何か変な時に出てくるみたいで嫌だなぁ

とにかく5日目
午後のレクチャーでは、まずアシュタンガヨガの歴史とマントラの練習。マントラはCDを聞きながらみんなで合唱。先生によってはレッスンの最後に歌ってくれてます。
そしてそれからpranayamaの説明。

その後、5人ずつのグループに別れて円を作り、順番にスーリヤナマスカラを一人が口で言いながら(samastiti, inhaling looking up, down,tuck your tale bone, drop your shoulder...)実際に行います。これ結構英語に慣れてないときつい。言葉が止まっちゃいます。でも更に大きな円になった時に「外国人は真ん中で自分の国の言葉でやってみせて」と言われ、更に固まっちゃったからあながち英語のせいでもないんだけど。。
短期間でもしばらく英語の環境にいると日本語との変換で混乱する経験あるよね?

ヨガで大切なもの。
1.バンダ
2.ウジャイブレス
3.アーサナ

ポーズは一番目には来ない。ポーズにばかり気を取られているのは真のヨガではない。判っちゃいるけど気になります。
特にブログの為に写真を撮ると、自分のイメージしてる形になっていなくて愕然としたり。普通ヨガスタジオには鏡はないし、それこそ形ばかりを重視しちゃいけないんだけど、美しい人のポーズをみるとやっぱり憧れちゃいますね。

レクチャーでは色んな質問を問いかけられます。「自分の弱みを3つあげましょう」「今持っている疑問を並べてください」これは自分でノートに書くんだけど、常に自分の今日感じたこと、思った事などをシェアしあいます。やはり自分自身の内面に向き合うこと、それを理解して表現することが大事なんですね。
This is all about you!
Not poses!
Yoga is a new journey!
Everyday is new!    by Larry


CIMG0086.jpg

by tania  at 02:20 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

羨ましい生活

前から疑問だった事。
「何でこんなにスタジオに人が多いんだろう?何でこの人毎日いるんだろう?」って事なんだけど、段々判ってきました。
この集中TTCの他に、金土日だけのTTCが並行してあり、更にRocketのTTCもあるのです。それにしても、大の大人や男性が何で毎日昼間っから来れるのか悩んでいたんだけど。。

その鍵は12時-13時のクラスにあったんですよね~。
深く考えなかったけど、毎日この時間には近隣で働く人達がヨガに来てるって事。他にもフレックスや裁量労働制で16:30のクラスにもわんさか人がいます。
仕事の前後に、ランチにヨガ、って羨ましくないですか?
東京でも渋谷辺りに勤務してたらできそうだけど、でもきっと無理だろうなぁ。時間の感覚も違うし、着替えるのも面倒。
ここの良さは、ヨガウェアのままで街にいても全然違和感がない事だなぁと改めて実感。
東京では電車にヨガウェアで乗るのはかなり気が引けるもんね。

必須アイテム 巨大な水3.78リットル
(比較の為に鍵置いてみました)
CIMG0073.jpg

by tania  at 14:18 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 4日目

段々いい感じの内容になってきました。
昨夜は遅く来た時差ぼけか、4時半まで眠れなかったのに(因みにあまりに眠れないのでブログをアップデートしたのに、消滅しちゃったの。大ショック!)今日はちゃんと8時から行きました。

午後のレクチャーでは、まずは足や手の理想的な位置と、それがずれると体や視点がどの様に変わるかを実地で体験します。
Uttanasana(前屈)からジャンプしてChaturanga Dandasana(これ日本語では何て言うんだっけ?)に移る時に、どういう癖があるかとかをマットに直接マジックで線を書いて検証します。
他にはAdho Mukha Svanasana(ダウンフェイシングドッグ)の時にバンダを使うのと使わないのとでは、腰の位置がどう変わるか等を順番にモデルになって見ていきます。

繰り返し強調されるのが、当然ながら呼吸とバンダの大切さ。
実は今日も、知らず知らずに顔を歪めてるのを指摘されちゃったんだけど、やっぱり呼吸とバンダを忘れてたりしちゃってるので、ホントまだまだです。。
って言うか、バンダの本質を全然判ってないんだと思う。。
特にmula bandhaって、「これだよね」って自分で思ってても、違うのかも知れない。中々共有しにくいポイントじゃないですか?

その後は口頭でのポーズと修正の仕方を練習します。
これは実用的で為になりますねー。言葉だけで形を変えさせるのって、難しいです。。。

それにしても夜中に書いてたブログは悔しい!
内面について書かれたとても良い文章があったので、必死に訳して書いてたのに。。
まだ私には語る資格などないって事かしら??

では今日はこの辺で。写真は明日アップデートするとします!
あー。ヨガ以外の事も書きたいんだけどなー。

CIMG0070.jpg

by tania  at 15:38 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC3日目

朝8時からのクラス!!
にはもちろん行かれなかった20050525000541.gif

っていうか、起きれない。。
危うく遅刻する所でしたが、何とか昼からのコースには間に合った。でもオブザーブにしちゃいました。
昨夜「周りに流されず、自分のペースでやろう」と思ったの。
初めに気合いれすぎると後半持たなくなっちゃうし。
このTTCはあくまで自分のペースでやる事を推奨されてて、テストの対象になるのはアシュタンガのプライマリーコースだけだから、それ以外のRocketなどで体調崩したら元も子もないしね。
考えたら若い子と同じ気持ちでいちゃいけないよね。。
大体、昔から寝不足には極度に弱いし、基礎体力ないしなぁ。

オブザーブ(観察)中は、気づいたことを書き留めます。特にビギナーコースを見るのはとても勉強になるのです。ある程度なれてしまった人って、最初のころどんな苦労をしたか忘れちゃうでしょ?だからそういう人を観察して、どの様にアジャストするかを勉強するわけです。

今日の講義はアーユルヴェーダの理論。
VATA PITTA KAPHA の区別やそれぞれの特性、向く食べ物などの話を聞きました。でも正直あまり判らなかった。。
だって、lymph(リンパ)の流れとかspleen(脾臓)gall bladder(胆嚢)とかの単語が飛び交ってて、着いていけなかった。。
後半なんて寝ちゃいました(^^;)
でもいいの。お陰で次のクラスへのエネルギーがチャージできたし。何でも前向きに考えないと!


by tania  at 23:44 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (2)  |  trackback (1)  |  page top ↑

TTC 2日目

ううっ~。集中コースはやっぱり大変だ。。
正直言って、ブログなんてアップデートしてる場合じゃないのかも知れない。でもやれる所まで頑張るぞ。。(すでに弱音)

今日は12時からビギナーコースに参加。1歳半の赤ちゃん連れのAmberが先生。(赤ちゃんはレッスン中は弟さんが見てるの)
オームに始まりオームに終わるんだけど、声がすごく美しくて、何となく浄化された気分になります。経験者はわかるとおもうけど、オームって不思議よね。。日本では“あの宗教”と思われちゃうから危険だけど。(オームを聴いたことない人は何の事やら判らないよね?マントラなんですが、まあ発声の一種です)
クラス自体は基本的な内容だったので、つつがなく終わりました。
スーリヤナマスカーラ(サンサルテーション)A→Bから始まり、スタンディングポーズ→シッティングポーズと基本通り続きます。そして、講義ではこのサンスクリット語の暗記が宿題になっていて、これが覚えられないのなんのって。。
もしも海外でTTCを受けられる場合は、これ絶対先に覚えておくことをオススメします。って私がレベル低いのか。。?
CIMG0052.jpg

CIMG0051.jpg


そして、講義では一人ずつ真ん中に出てポーズを取り、みんなで矯正の仕方や声の掛け方を学習。より良い言い方というのがあって、「肩に力を入れないで!」と言わずに「肩を緩めて」という等、なるべく肯定的に言う方が良いとの事。どこの世界も同じだなーと思いました。後は、ブロックを使った方がいい場合も言い方が難しいらしい。ブロックを薦められるというのは「あなた出来てないわよ。無理しないでブロック使いなさい!」って事だから、「これ使った方がバランスが取れると思うわ」とか表現をやわらかくするように気を付けてるそうです。(色々バトルがあったみたい。。)

更に今日はこのヨガスタジオの主催者であるLarryがジョインして、ヨガとの出会いとか、ヨガとは何か、を熱く語ってくれました。彼は23年前にインド人のPattabhi Joisがアメリカに来たとき以来の弟子で、当時ヨガなんて興味を持つ人はほとんどいなかったらしいからきっと相当変わり者なのでしょう。でもJoisは英語が話せなかったので、まさに心と心、体と体?でヨガを体得していったことになるよね。と言うことは、私にも大丈夫ってこと!
ただ、いかんせん時間が短すぎるわ。。。

そして夕方のレッスン、これはスゴイ!!!
Rocketというここ独特のコースなんだけど、これはもうアクロバットか究極の筋トレか!?という内容なのです。元々アシュタンガヨガは他のヨガより運動量が多いけど、そんなの比じゃないですから!ヘッドスタンディングはもちろん、逆立ち、肘立ち、その他にも超筋力強化メニュー勢ぞろい。
ジム通いしていた人達がヨガに移ってるらしいから、そう言う人達には最適なんだろうなー。もう汗が半端じゃない位出ます。
でも、これでもRocketⅠで、明日のRocketⅡはこんなもんじゃないらしい。。すでに筋肉痛気味です。

本当はもっと詳しい内容とか書きたいんだけど、さっきまでテキストを読んだり、単語調べたりで限界的に疲れたのでこの辺でエアサロンパスを浴びて、寝たいと思います。

しかも正規のスケジュール外で、Larryの朝ヨガクラス(毎日8時から!)にも出たいと思っているので、全く余裕がない生活なのです。一体いつ、ゴールデンゲートブリッジやアルカトラズに行かれるんだろう?


by tania  at 23:04 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

TTC 1日目

TTCが始まりました。午前中はprimary series のクラスに参加。
スタジオはバスケットコートより少し大きい位?で、天井が高くとても開放的な雰囲気です。
CIMG0034.jpg


朝のクラスは小学生の子供から中年のおじさんまで約45人。その内半分弱がTTCの参加者です。
この人数でやるのは中々圧巻ですね。
先生はデモンストレートはせず、口頭で説明し(かなり笑いを取りながら)45人の間を動き回ります。
全体のレベルは非常に高く、ちょっとびっくり。“アメリカ人は体が硬い”と勝手な印象を持っていたのですが、この人達はどれ位やってるんだろうか?さすがです。
(まあ、結果的にそのほとんどがTTC参加者だと判ったんですが、それを差し引いてもやはりハイレベル)

午後は座学が中心になりますが、今日は初日なのでオリエンテーション。参加者の交流とスケジュールの説明がありました。
参加者は、男性が3人、メキシコ人、フランス人、トルコ人、イギリス人、私の他に日本人が2人。日本人のうち1人はサンフランシスコに8年位住んでいる女性で、もう1人は私と同じでこの為に渡米してきたエアロビのインストラクターをしていたという女の子。ヨガはほとんど経験ないらしいのに、さすがの身体能力。体も柔らかいし体力もあるし、スゴイの一言です。勉強熱心だからすぐに他の面も吸収しちゃうんだろうなぁ。。

スケジュールは
月曜-金曜 12:00-18:00 
日曜 9:30-16:15
このうち、13:00-16:15がレクチャーの時間。
レクチャーの前後の実技クラスに参加かオブザーブをします。
平日は、昼か夕方のどちらかのみの実技参加でもいいんだけど、一応両方がんばろうと思ってます。
それ以外の時間も、クラス参加はフリーで、推奨されてるんだけど、宿題やテストもあるし、何より英語の壁が立ちはだかるので単語調べの予習時間も必要だし、全然遊ぶ時間がなさそう。。
まあ、日常の煩悩を取り除くべく、この1月はヨガに集中しようっと。。

入り口とロビーはオリエンタルな雰囲気で素敵なスタジオです。
CIMG0039.jpg

by tania  at 22:34 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

節約旅行術3 サブレットのススメ

賃貸マンションに住んでいる時、長期で旅行すると誰もいないのに家賃だけ払わなくちゃならなくて勿体ないと思いませんか?そんな時アメリカではSubletという便利なシステムがあります。まあ、いわゆる又貸しなのですが、夏休みなど長期で家を離れる学生さんなどは、その間代わりに住んでくれる人を探します。大学近くでは、夏休みだけ勉強しに来る人が大勢いますから、お互いに利害が一致するんですね。私のように1ヶ月以上の滞在になるとホテルだと高いし、自炊もできる方がいいですもんね。
因みにルームシェアをしている人達も多いので、その場合は同居人がもれなくついてきたりもします。煩わしく思われるかも知れませんが、色んな国の人と接する機会が増えて楽しいですよ~。(でも大人の方は大学院以上の人達と暮らさないと、毎日パーティーで馬鹿騒ぎされたりで大変かも)

と言うことで、私もサブレットを探しました。実際に自分で探すのは初めてだったので、最初はUCバークレー(UCLAの姉妹校)の学生さんを狙って、ネットで留学生の運営サイトを探し出してメールしました。ただ、思ったよりスタジオのある場所から遠いらしいので、サブレット探しのサイトを教えてもらいました。で、結局そこの掲示板でみつけた日本人女性の部屋をしばらくお借りすることになりました。

メールでのやりとりだけだったので、多少不安でしたが無事彼女とも会えて今は彼女のPCを借りてこれを書いてます。(自分のPCは案の定まだ繋がってません。。誰か接続方法ご存知でしたら教えて下さい!)
彼女は富山出身で滞米8年目のネイリストを目指して学校に通っているすごく素敵且ついい人で感激しました。
海外に住んでる人ってとてもフランクな人が多いし、なんと言うか助け合いに慣れている分(持ちつ持たれつ!)すごく寛大だよなーとよく思います。「何でも使っていいからね!」とこちらが恐縮してしまう程。こういう出会いがあっただけでも来て良かったなぁと思っちゃいます。
お部屋はダウンタウンに徒歩5分の好立地で広いベッドルーム兼居間と小さいDK、バスルーム、ウォークインクローゼットと納戸?で45㎡位かな?年季は入っているけど居心地の良い部屋です。
CIMG0050.jpg

CIMG0027.jpg

CIMG0045.jpg


因みにこれがエレベーター。古っ!!
CIMG0019.jpg


一応明日からのTTCに備えてスタジオまで行って来ましたが生徒数は20人近く、トルコやスウェーデンとかからも来てるらしく、楽しみです。
しかし、寝不足でいきなり7,8時間のレッスン、耐えられるかなぁ。。?


by tania  at 13:14 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

節約旅行術2 乗換便利用のススメ

旅行経費でまず大きいのが航空券ですよね。私はいつも何件か問い合わせしたり、ネット検索で最低価格を探しますが、今回はソウル経由の90日オープンの乗換便を利用しました
出発の3週間前に聞いたときはどの日も満席だったんだけど、1週間前に確認したら空いてました。
飛行機も宿も、色んな代理店に振り分けていた分が、直近になると返ってきて状況が変わる事が多いので、待てる人は待つといいですよ!ただ、代替案がないと万一空きが出ないと行かれなくなっちゃうので要注意!

乗換便は安い以外にもいろいろメリットがあります。

●ストップオーバーができる!
今回は、往き帰りどちらかで72時間迄なら無料でソウルに滞在できます。帰りにソウルに一泊してハンジュンマク(あかすりができるサウナし施設)にでも寄って、焼肉でも食べて帰ろうかとも思案中、、、

●マイルが増える!
マイレージを溜めてる場合は、経由にするだけでマイルがかなり増えますよー。まあ、その分時間が掛かるし疲れるんだけど、、

●免税店ショッピング!
場所によって値段が違うので、いろいろ比べて買い物もできます。特にソウルは日本人向けにブランド店が空港に沢山あり、且つ日本ではやらないセールとかもやっているので欲しいものがある人にはお得ですよね。Dior等でも30-50%offになってましたよ。(私は買わないけど)

他にも、違う国の空港で地元の食べ物や買い物を楽しむのも乙なものです。時間があって、コストセーブしたい方にはオススメ。
CIMG0016.jpg


ちなみに今回は直行便よりは3万近く安く、しかもオープン券なので帰国日を変えられるで便利です。まあ、楽さというのも何物にも変えがたいので、臨機応変に使い分けてますけど。因みに今回は60000円に空港利用税と燃料税で11500円位プラスでした。20050530163611.gif

by tania  at 23:33 |  サンフランシスコ ヨガ留学 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ブログがこのまま加速しつづけると・・?

やっと多少まともにブログを書けるようになったばかりですが、諸先輩方の人気ブログを見ていて感じるのは、
「これこのまま行ったらどうなるんだろう?」という疑問です。

だって、TBはまだ少なめとしても、コメントが毎日山のように届いて、それに毎回返信しているのって結構な労力ですよね。疲れていてもアップして、返事書いて。。 
そういうブログにコメントしたくても、たまに怯んじゃう事があって、何件かは諦め、何件かにはタイミングを見計らって書いたりしてます。
しかもリンクはどこまで続くんだ?と思う位になってるし・・

私は幸か不幸かそういう事態には今後もなりそうもありませんが、きっとこれからシステムがもっと進化していくんだろうなぁ。。

さて、何はともあれ明日からサンフランシスコだ。
デジカメも新調したし。何とかブログをアップできるといいんだけど。
どうなることやら・・ 20050523223109.gif

by tania  at 23:59 |  気づき・つぶやき |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。