スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

とりあえず、ヨガの種類・・

ヨガの種類☆

さて、私が最初にヨガを始めたときに良く分からなかったのがその種類。スタジオのスケジュールには、アシュタンガやらハタやらヴィンヤサやら、「何の事なの??」という言葉がいっぱいでした。今でも良く分かってない点も多いですが、とりあえず調べて行きたいと思います。

『ハタヨガ』
 一番良く聞く割に、今ひとつ理解ができないのですが、まとめると・・・
ハ(ha)=太陽 陽とか動を表す
タ(ta)=月  陰とか静を表す
‘太陽と月、陽と陰が一つに結ばれたという意味を持つ、呼吸法を使って身体運動するヨガの総称’らしいです。
 そもそもヨガとは元々は瞑想中心の修行だったものの、僧侶が身体的な健康をも含める形で発展したのがハタヨガとの事。

日本で一般的に「ヨガ」と言われているのは、ほとんどハタヨガらしいですね。

『アシュタンガ(ashtanga)ヨガ』
 インド・マイソールのSriK.パタビジョイス師により教授された、心と体の鍛練を目的とする伝統的なヨガ。ヨガの8部門*(アシュタンガ)を現代の人々が分かりやすく学べるように具体的にしたもの。その特徴は、太陽礼拝(サンサリテーション)・スタンディング・シッティング・逆さのポーズ・ フィニッッシングの各ポーズから構成され、途切れることなく流れるような動きでフロウする=ヴィンヤサスタイルであるということ。正しい呼吸 ( ウジャイプラナヤマ) 、ポーズ( アーサナ) 、視点( ドゥリシュティ) の三つが重要です。

*8部門とは・・
①ヤマ 他の人や物に対して守るべき行動パターン5つ            
   (暴力を振るわない・盗まない・ 正直になる・性的欲求に溺れない・物質欲にとらわれない)
②ニヤマ 自分に対して守るべき行動パターン5つ
   (清潔を保つ・必要以上贅沢をしない・ 自分を鍛錬する・精神向上に努める・献身的な気持ちを
    持つ)
③アーサナ ポーズを練習する
④プラナヤマ 呼吸をコントロールする
⑤プラティヤハラ  感覚を閉じ込めて周りの物が気にならなくなる
⑥ダラナ 集中力をつける
⑦ディヤナ 落ち着きのある静かな精神状態を保つ
⑧サマディ 悟り、一体感を味わう


・・・だそうです。う~ん奥が深いなぁ・・・
スポンサーサイト
by tania  at 23:50 |  ヨガの種類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ヨガ仲間が欲しいな☆

最近ヨガが流行っていますが、ご多分に漏れず、私もすっかりはまってます。都内のスタジオに通ったり自宅でヨガをしていますが、曜日や場所が定まっていないため、なかなか仲間ができません・・・
「ヨガは一人でやるもんでしょ~」という意見もありますが、せっかくこれからいい季節ですし、いずれは気の合った仲間とお外でヨガなぞできたら良いな!と思ってます。

どなたかのヨガブログ・サイトにも書かれていましたが、雑誌やDVDでやってるように、綺麗な海辺や山の中で思いっきり深呼吸しながらやってみたい人、いるんじゃないでしょうか?
しかしまだまだヨガが浸透してない日本で、1人や2人じゃ恥ずかしくてできませんもんね~。

近くにスタジオがない方や、いつも家で一人でやってる方、スタジオは女性ばかりで恥ずかしくて行けない男性(確かにナカナカ勇気が要りますよね・・)等々、一緒に出来たらいいなぁ。
この前富士山が真正面に見える所に泊まってて、「こんな所で富士山を見ながらヨガできたら最高だな~」と一人で思いを馳せていました。
同じように考えている方、是非ご連絡ください!


【ビギナ-の為のヨガスタジオ体験記① SUN and MOON YOGA】

目黒駅から1分と便利なヨガスタジオ。
ここは外国人インストラクターによる英語でのヨガレッスンです。(一部日本人もいますが基本的にバイリンガル)Ashtanga/Vinyasa/Restorative等のコースがあり、外国人の受講者も多く、まさにインターナショナルな雰囲気!
フローリングのアジアンテイストなスタジオで、オームを唱えれば“ここはカリフォルニアのヨガスタジオ!?”と勘違いするかも。
種類や先生によっても異なりますが、英語という事を差し引いても、呼吸法や理念等の説明は比較的少ないので、ビギナーよりは少々ほかで経験してからの方がいいのかも。そういうの無しで気持ちよくヨガをしたい人にはオススメです。

しかし、私が何より好きだったのはそのアバウトな運営姿勢!!
決してレッスン内容がいい加減というのではなく、
・予約なし(混んでたら入れない。わざわざ遠くから来ると悲惨^^;)
・商売っ毛なし (自分でチケットに来た日を記入。うっかり忘れても気付いてないんじゃないか・・・?)
という、素晴らしく寛大且つカジュアルな運営でした。
マットも無料だし、この自由な感じは結構オススメです。
私も久々に行って見ようかな。。。

http://www.lezalowitz.com


by tania  at 17:41 |  スタジオ体験記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。