スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

『功名が辻』のふるさと -高知-

大河ドラマ『功名が辻』の舞台となった高知県に行ってまいりました。
丁度四国地方の梅雨明けと重なり、‘南国土佐’にふさわしい陽気でした。

実は私は大河ドラマを見ていないので、その内容も人気ぶりも知らなかったのですが、やはりドラマ効果で観光客は増えているそうです。

山内一豊の銅像
CIMG2373.jpg

CIMG2376.jpg

余り景気は良くないと聞いていたのに、飲み屋街はとても栄えている様子だったので、不思議に思っていたのですが、高知人はお酒が大好きなんだそうです。昼間から年配の方々がお酒を飲んでいたりしました。

更に、四国の県民性を伝えるエピソードを地元の方に教えてもらいました。
『もし1万円あったら』
徳島県民:全額貯金する
香川県民:5000円貯金して5000円分飲みに使う
愛媛県民:全額飲みに使う
高知県民:もう1万足して、2万分飲みに使う

なんですって。面白いですねぇ。

道路の真ん中に屋台がいくつもあっていい感じ。ちょっと博多みたい。
CIMG2366.jpg
スポンサーサイト
by tania  at 14:30 |  訪れた町 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑

漫画の街 石巻

宮城県石巻。仙台から50分程度北上した所にある漁港のある町。
しかし、ここは驚異の漫画タウンでもあったのです。

駅に降りるやいなや、サイボーグ009の仲間達がお迎えです。
CIMG2327.jpg

駅舎の上にも!これは00何号だろう?
CIMG2328.jpg

そして、街中を歩くと至る所にアニメのキャラクターが。
仮面ライダー!!とうっ!!
CIMG2332.jpg

ポストの上にさえも何かいる!
CIMG2338.jpg

そしてここは、石ノ森萬画館。キノコちゃんみたいな建物です。
CIMG2336.jpg

一番笑ったのは、萬画館近くにあった駐車禁止の看板。センスあるかも。
CIMG2335.jpg

因みに普通の観光ポイントは、ハリストス教会位しかありません。CIMG2333.jpg

by tania  at 14:45 |  訪れた町 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

かわいい動物達に癒されます☆

さてさて、オーストラリアといえば、コアラでしょう。
前回来たときは残念ながら遠目にしか見る事ができなかったのですが、今回は触る事ができました!う~ん。やっぱり可愛い!!

州によってコアラを抱っこできたりできなかったりがあるそうです。ここでは抱っこはできませんでした。
IMGP0762.jpg

IMGP0764.jpg

因みにコアラは1日の内19時間寝ているそうです。こんなに可愛くて大切にされて、寝放題の生活、生まれ変わるならコアラがいいかも・・

そして、カンガルーの餌付けもできました。
IMGP0800.jpg

丁度、赤ちゃんがお腹から顔を出してくれました!
IMGP0809.jpg

あぁ~。こんなに可愛いカンガルーを、食べちゃったのね。私って。

こっちも食べちゃったかー。エミュー。
IMGP0815.jpg

by tania  at 00:59 |  訪れた町 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

更に北上 -ケアンズ・ポートダグラス-

亜熱帯のブリスベンから一路、熱帯のケアンズに入りました。
特有のムッとした湿気のある暖かさ、雑然としたナイトマーケット、洗練されているとは言いがたい町の雰囲気が、何となくアジアの街を彷彿させました。まあ、インドネシアも近いし、リゾート地だし、これまでの都市とは少々違うエリアなんですね、きっと。

ケアンズでは、ナイトマーケットで山ほど売られている、ハニカム(蜂の巣)入り蜂蜜や、スクワラン(鮫肝油)やらプラセンタやらラノリンやらが入った美容クリームやらを買っただけで、一泊で通過し、車で約1時間の高級リゾート‘ポートダグラス’に行きました。

最後はのんびりリゾート気分を満喫しようと、熱帯雨林の中にホテルがあるような、ラディソンツリートップに泊まり、グレートバリアリーフへのクルージングをするつもりだったのに・・ 
IMGP0729.jpg

なぜだか嵐のような天気になってしまい、美しい珊瑚礁は次回へ持ち越すことに・・

でも、リゾート地でのお約束、スパだけは欠かしませんでした。なぜか知りませんが、ケアンズから30分程度のPalm Coveは小さいながらも雰囲気のあるリゾート地で、スパ天国と化しています。Sea Templeなどの高級ホテル&スパリゾートがあちこちにあって、どこにするか迷いまくってしまいました。

結局パームコーブのアンサラスパへ。
IMGP0835.jpg

IMGP0840.jpg

by tania  at 22:39 |  訪れた町 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ちょっとだけ、ボートピープル

ゴールドコーストで優雅な数日を過ごした後は、450kmのロングドライブを経て、海沿いの小さな町Bundabergに行きました。

この辺りは一面のサトウキビ畑が広がっていて、「ざわわ~ざわわ~」という感じです。
IMGP0671.jpg

という事で、名産品はもちろん砂糖、そしてバンダバーグ ジンジャービア(これは結構あちこちのレストランでも置いてあったりします。写真はカンタス航空の機内搭載の缶)後はいちばん有名なラム酒でしょうか。
IMGP0717.jpg

CIMG2185.jpg

しかし、それ以外は特筆すべきものは何もない小さな街です。たまたま父のヨットが寄港していたので、行く事になりました。
IMGP0679.jpg

一般的に言えば少々変わり者の部類に入るのかも知れませんが、私の父は早めにリタイアをしてヨットで世界中を周っています。これを聞いた人からは「カッコいい~。加山雄三みたい~(古いけどね)」と良く言われます。でも、実際は全然違ってて、生活感溢れるヨットの内部を見ていると、ある意味ボートピープルのような感さえあります。何しろヨットで生活しながらアジアをスタートに、スエズ運河を越え、地中海、フランスの運河、カリブ海、タヒチやらニューカレドニアやらを越えて現在オーストラリアという、ある意味優雅、しかし実態は結構過酷なことを10年近くやっているんですよ。ほんとに、よくやります。

という事で、束の間のヨット生活をしてきました。朝日と共に起き、暗くなったら就寝です。周りには星しかありません。うーんロハスな生活??
by tania  at 23:58 |  訪れた町 |  comment (3)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。