スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tania  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

やっと入手!生キャラメル☆

噂の『花畑牧場の生キャラメル』、やっと食べることができました~!!
すごい人気で空港でも中々入手できないと聞いていたし(って北海道に行く人も近くにいなかったけど)、遭えてネットで頑張るほどの思い入れもないし、当分無理だろうなぁ・・と諦めていた所、夫の仕事関係の方からたまたま一箱頂戴することができました~。

噂通り、口に入れた途端に溶けちゃう滑らかさで、濃厚なお味でした。幸せ☆
P1030437.jpg
スポンサーサイト
by tania  at 13:50 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

結婚記念日においしいもの -小笠原伯爵艇-

先日は結婚記念日。という事で、またもや息子をばーばに預け、お食事に行ってきました。今回はこの前のパリでのアルムナイパーティの為に新調したドレスを着たかったので、(全然高い物ではないけど、他に着る機会も当面なさそうだし。。)ドレスの似合いそうな小笠原伯爵艇に行くことにしました。新宿区の河田町にあって、家から近いし。

ここは昭和初期建築の、スペイン様式のお屋敷を利用した一軒家レストラン。中は当時の面影そのままで、非常にクラッシック。決して派手ではなく落ち着く空間です。

お料理は昼も夜もおまかせのコース1つのみ。一応スペイン料理のカテゴリーですが、料理長はエルブジで修行したこともあるという事で、最近話題?の斬新な料理方法を駆使した‘新スパニッシュ料理’を少しずつ沢山頂けるそうです。すっごく楽しみ。


まず着席すると、試験管に入ったドライ大豆が出されます。のっけから中々斬新。
そしてすぐに、パン コン トマテ の一皿が。右側はパンの上にトマトと薄切りのイベリコ豚のハムが載っています。そして左側の器には、下からトマト・パン・オリーブオイルのフォームが三層になっています。パンはフレーク状になってて、それぞれの食感が面白い一品です。一応、‘食べると右と左は同じだよね’ってエルブジ風のノリなんでしょうけど、(って適当に言ってるけど)やっぱり違うよねー。本当のパンコントマテの方が数段おいしい。
IMGP3131.jpg
次の赤座海老のモーロ風 アマランサスのクスクス は写真をわすれて食べちゃったけど、雑穀のアマランサスをクスクス仕立てにしているのが良かったかも。
その後の キンダーエッグ。ポタージュ系のスープの下はトロトロ卵。上にはトリュフが乗っています。かき混ぜて食べると濃厚ですごくおいしい。卵とスープという組み合わせはいいかも。家でも簡単にできるし。
IMGP3132.jpg
そして、イベリコハムで〆たホタテ貝と乳化させた岩ガキのクレマ(牡蠣のクリームソースがおいしい!) 続いて ランド産フレッシュフォアグラとアプリコットのトリハ (フォアグラは下に入っています。表面はフレンチトースト的な物。フォアグラとアプリコットって、合うのね)
IMGP3133.jpg IMGP3134.jpg
そして、スペイン料理らしい夏のお料理と言えばもちろんガスパチョ。しかし勿論普通のではなく、なんとスイカのガスパチョ!!ほんのり甘くて、中に蛤が入っています。うーん豪華なガスパチョだ。そして いさきのプランチャ(鉄板焼き) 焦がしパプリカの涙とアンチョビソース
IMGP3135.jpg IMGP3136.jpg
エストレマドゥーラ産純血種イベリコプレッサのアサード マンチェゴチーズのアイスクリームを添えたリーフのサラダ 脂が出るようなジューシーさはないけどやわらかく、まるで牛フィレの様な色とお味のイベリコ豚に程よく塩気が効いていて、個人的にはとても好きでした。しかも結構ボリュームがあり、これまでのほんの一口程度の量とは違ってお腹に溜まります。
そして、ザリガニのアロスメロッソ
 (一応パエリャと言われたけど、まあリゾットですね)
IMGP3137.jpg IMGP3138.jpg
IMGP3139.jpg

その後はサングリアのかき氷で少々お口直しをし、デザートは山梨産桃とリコッタチーズのスフレ添え 桃のコンポートは、おいしかったのに半分残してしまうほど、お腹がいっぱいになってしまいました。やはり断乳して、少々食が細ったのかな??

食後は軽くお庭と、屋上庭園をお散歩させてもらいました。夜なので写真が奇麗にとれなかったけど、そういう意味ではランチの方が楽しめるのかも。でも夜の屋上庭園はとても素敵で、いつかここでパーティを開きたいなー(何の?)と思いました。

残念なのは、駅の真裏で、しかも隣には敷地続きで都の施設が隣接していて、ちょっとスペシャル感は減ってしまうけど、新宿には素敵なレストランが少ないので、そういう意味ではとても貴重なお店です。記念日に是非どーぞ。 
IMGP3140.jpg





by tania  at 23:11 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

お誕生日においしいもの -リストランテASO-

先日は私の誕生日。(しっかし、いい歳になったなぁ・・)

去年は生後1か月のKがいて、オープンカフェに行くのがやっとだったので、今年はおいしいものを!と思い久々のイタリアンを食べに行くことにしました。丁度、外食好きの義母が代官山のASOに行ってきたと話していたので、そういえば行ったことがなかった、という事でASOに決定!
どうやらミシュランの2つ星を獲ったらしいけど、割と直近でも予約が取れたぞ?もうミシュランの神通力も薄れてきたのかな?

ばーばにKを預けて、ちょっと早めに代官山に到着。最後に来たのはいつだったかなぁ。知らないお店がたくさんあったけど、旧山手通りには素敵な子供服のお店が多くって、見ているだけでも楽しいです。女の子向けの服が多いけど。

さて、お食事。

テーブルに着くと、金・銀・赤・青の包み紙にくるまれたキャンディの様な物が並んでました。中にはチーズ、サラミ、ナッツ等が入っていて、お料理が出てくるまでワインやパンのお供になるというグッドアイデア。これはいいかも。そして、手造りのバターはムース状で、プレーンとスモークされた物との二種類。すっごくおいしくて、お料理が来る前にパンを異常に食べちゃいそうです。

一つ目の前菜はリコッタチーズのムース。器からドライアイスの煙がしゅ~しゅ~出てる~!なんだこれはー?ムースの中はパンチェッタ?ベーコン状の物が入っています。一口食べた後は、アカシアの蜂蜜を垂らして、味の変化を楽しみます。上品な甘みがよく合う!
CIMG3486.jpg


続きを読む »

テーマ: おいしい店紹介 -  ジャンル: グルメ
by tania  at 22:32 |  おいしいもの |  comment (2)  |  trackback (1)  |  page top ↑

愛宕のおいしいもの -Restarurant S-

遅ればせながら、「この前行ったお店が凄く良かったから、バレンタインディナーに二人で行ってらっしゃい!」とイベント好きな義母に勧められ、愛宕にある田崎信也プロデュースのお店に行ってきました。

土日には閑散とするエリアにあるこのレストランは、落ち着いた照明の中、椅子もテーブルクロスもナプキンさえも黒!という超シックなお店で、食器は艶やかな白、グラス類は極薄で「S」のイニシャル入りという凝りよう。それでいて、プリフィクスのメニューもボトルワインも¥3990というリーズナブルさ。しかもワインは300種類もあるらしい。

野菜基調の前菜、目移りするメイン、そしてデザートと、選ぶのがとても大変でした。本来なら、「この料理にはこのワインで・・」と組み合わせるのを楽しみに来るお店なのでしょうが、下戸の夫と授乳中の私(元々大して飲めないし)、ソムリエ泣かせな二人でした。ごめんなさい。。

とはいえ、意外にもワイン以外のドリンクも充実していて、各国のビールもあるし、各地のミネラルウォーターは、硬度まで記載されている程でした。私は他ではあまり聞いたことのない、ノンアルコールスパークリングワインで乾杯をし、折角なので一杯だけ、メインのお料理に合う赤ワインを選んでもらいました。

前菜は、手前がさつまいものピューレと鶏レバーペースト。奥が下仁田ネギと羊のエストラゴン風味(だったかな・・) 右の写真、手前は魚のスープ。カリカリのえびのフリットが付いています。奥は大ぶりなカキのグラタン。
  CIMG3290.jpg

お待ちかねのお肉は、私が左手の牛タン。連れは珍しくジビエで、エゾジカ。ししとうをあしらっているのが、ちょっと珍しい気がします。
CIMG3294.jpg CIMG3292.jpg

デザート、イチゴのコンポートのレモンゼリーとアイス添え。(なんのアイスだったか・・色からするとピスタチオなんだけど、そうだったっけなぁ・・?)奥は白ゴマのブランマンジェ。
どちらも凄くおいしかったです。CIMG3295.jpg

この間に、紅茶のグラニテが出てきました。チーズもワゴンにたくさん載せてきてくれて、何と1g=16円という明朗価格なんです。チーズって、ほんのちょっとだけ食べたかったりするから、これって客の立場に立ってますよねー。お料理だけでなくて、スタッフの対応もいいし、トイレも広くて綺麗だし、田崎、偉いぞ!
by tania  at 23:12 |  おいしいもの |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

神楽坂のおいしいもの -16- 牛丸

クリスマスに義母が息子を見ていてくれる、というので二人でディナーに行ってきました。義母は記念日毎に、「時々は夫婦二人で食事やデートをしなきゃダメよ!」と言ってくれる進んだ?人で、食事代までくれようとします。さすがにいい大人なので、基本的にそれはやんわりとお断りしますが、私の誕生日、夫の誕生日、結婚記念日、クリスマス、と結構な頻度で二人で食事に行かせてもらっています。

とはいえ、往復の時間を考えるとやはり中々遠くには行かれず、結局比較的近くてレストランの多い神楽坂に出没することになります。今回は2週間位前になって、「このフレンチ行ったことないし、きっと予約取れるだろうから」と思い、電話した店が全然つながりません。後日、ネットで調べていたら、その店はどうやらミシュランの星を獲得していたようなのです・・・他にも違うエリアだけど、「ここはどうだ!?」と思った店が1つ星だったようで、当然のように連日予約でいっぱいみたいです。

そう考えると、自分の行きつけの店がミシュランに載ってしまった人って、悲劇かもしれないですね。全然行かれなくなっちゃうし。いくつかの店が『客層が変わってしまうので』と、掲載を辞退したと聞きましたが、正しい選択だったかも知れません。

さて、そんな訳でフレンチやらイタリアンは諦めて、前から目を付けていた‘牛’を色んな食べ方で出す牛肉専門店 牛丸に行ってきました。黒塗りの潜り戸を入ると、程よい暗さの決して広くはない店内。テーブル席4つとカウンターだけの落ち着いた造りです。メニューは当然ながら牛づくし。A5ランクの和牛の聞いたこともないような様々な部位を刺身、串焼き、ステーキ、などで出してくれますが、特筆すべきは刺身でしょうか。普段は生肉は食べないのですが、奇麗なさしの入った刺身を口に入れると、ジュワーととろけていきます。
CIMG3096.jpg

CIMG3098.jpg

ステーキ(サーロイン・フィレ 写真を撮るのを忘れて食べてしまった・・)もおいしかったし、最近体力が落ちているので、栄養補給にもなり、満足な夜でした。
CIMG3097.jpg
by tania  at 16:53 |  おいしいもの |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tania

  • Author:tania
  • ♀ 
    ヨガと旅行と食べ歩きを愛する。
    07年4月に男児 K を出産。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。